Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

人によっては海外旅行や海外出張という形で、日本を離れて遠い他の国へ行っている方もいるかと思いますが、どこへ行っても必ずと言っていいほど必要になってしまうのが現金です。今回はクレジットカード現金化は海外からでも行う事ができるのか?そして日本から海外へ送金される仕組みも合わせて考えてみましょう。

海外でのクレジットカード現金化はハードルが高い

更新日:

海外にいる時でもクレジットカードを利用した現金化は条件があるも不可能ではない!

クレジットカードと言えば様々な支払いに利用できるだけでなく、実は海外でも使用可能となっているので海外旅行などをする時に頼れるお供として持って行きたい存在と言えるでしょう。

また、海外では日本のように治安の良い場所ばかりとは限らず、現金を沢山持ち歩いていると強盗やスリに狙われてしまうリスクがありますので、クレジットカードでの支払いをメインにして現金は必要以上に持ち歩かないことが求められます。

ただし、海外でクレジットカードを使う場合は海外旅行傷害保険付きのカードか?クレジットカードの有効期限が問題ないか?などもしっかりと確認しなければなりませんので、初めて海外へ行く場合はこれらの点をしっかりとチェックしましょう。

さて、話が変わってクレジットカードを使った現金化ですが、通常クレジットカードにはショッピング枠というお買い物をする際などに利用する枠があり、この枠で決まっている利用限度額を超えない限りは好きなだけ利用する事ができます。

海外でもお買い物やレストランなどでの食事、その他の支払いでクレジットカードを使用する際も、大抵の場合はクレジットカードを利用することになっております。

このクレジットカードを利用した現金化という方法は、ショッピング枠を利用して換金性の高い物を購入、後で買取サービスに売却してお金にするという方法が昔からありました。

最近ではクレジットカード現金化業者を利用して現金を得る方もいますが、個人で行う、業者を利用する、どちらの方法もクレジットカード会社は現金化を認めていませんので、発覚すればカードの利用停止処分となってしまいます。

今回はこのクレジットカードを使った現金化は海外からでも行えるのか?について、海外と日本との送金システムから考えてみましょう。

クレジットカードを使った現金化は海外でも可能だがハードルが高くなる?

クレジットカードの現金化を海外でする場合、「個人で行う」「業者を利用する」の両方で考えてみましょう。

まず、クレジットカードの現金化を海外で、しかも個人で行う場合ですが方法としては換金性の高い物を買って、買取店などで買い取ってもらうと言う方法です。

とはいえ、日本と違って物品の事情も異なる海外で換金性の高い物を購入して、質屋や買取サービスをしている店に売りに行く事がかなりハードルが高いことだと言えるでしょう。

ただし、海外でブランド物を購入して日本で売る、と言う方法もあり、確かに海外でブランド商品を購入すれば日本で買うよりも安くなりますので、日本で売れば売却時の利益も高い可能性はあります。

ですが海外では同時に偽物のブランド商品を掴まされてしまう可能性もあり、もしも偽物のブランド品を購入してしまうと日本に入国した際に偽物のブランド商品は関税法によって、税関で取り上げられてしまうので大損となってしまいます。

仮に偽物のブランド商品を持ち込めたとしても買取店もかなり目利きですので、偽物のブランド商品を売ろうとしても偽物だと見破られてしまい、「買取はできません」と言われてしまいます。

もしも海外でブランド商品を購入する場合、よほどの目利きや見破る術を持っていない限りは正規ではない怪しいお店で「安いから」といって購入しないようにしましょう。

クレジットカード現金化業者を海外から利用することは難しい?

クレジットカード現金化業者はクレジットカードを利用した現金化を生業にしている業者ですが、海外から利用することはできるのでしょうか?

まず、前提として信用できるクレジットカード現金化業者を探さなければなりませんので、いきなり海外から適当な業者を選ぶという事はできないでしょう。

次にクレジットカード現金化業者が信用できそうだとしても、海外からの申し込みに対応しているかどうか?については不明ですので、場合によっては「海外からの申し込みは不可能です」と言われてしまう可能性があります。

やはり、日本国内からの申し込みで無く、海外からの申し込みだとクレジットカード現金化業者も対応したことがないので、現金化できない可能性は高く、結局は「信用できる、かつ海外からの申し込みにも対応できるクレジットカード現金化業者」を探す必要があります。

他にもクレジットカード現金化業者を利用する場合は電話によるやり取りが必須である事が多く、海外にいる場合でも電話連絡のやり取りができなければ利用はできません。

しかもクレジットカード現金化業者を利用しようにも、海外からだと時差の関係上で電話をしようにも営業時間外であることもあり、逆に業者からの電話も深夜にかかってくる可能性もありますので、このあたりの点も考慮しなければなりません。

クレジットカード現金化業者を海外で利用するのはやはり難しいのか?課題点は他にもある?

クレジットカード現金化業者も「海外の利用者」までは想定している所はほぼありませんので、海外から利用の電話をしても「海外へ国際送金や振り込みなんてしたことがない、対応していません」ということで断られてしまう可能性があります。

しかも課題となる点はまだまだあり、仮に対応できるとしても「どうやって現金を受け取るのか?」という部分が問題となってしまいます。

まず、クレジットカード現金化業者のキャッシュバックは銀行振り込みである事が多く、海外で受け取る場合も口座が必要となりますので現地での口座が必須となってしまいます。

次に、海外にいる方へお金を送る場合は国際送金を利用するのですが、その場合は基本的に「住所あて送金」「口座間送金」の2通りがあるものの、クレジットカード現金化業者は基本的に口座振込みでしか対応はできない可能性が高いです。

そして口座振込みで行うとしても、通貨としての円が使えるのは日本だけなので海外の通貨に両替しなければなりませんが、クレジットカード現金化業者はそこまで対応はしてくれないので、両替の手続きも自力でしなければならない可能性があります。

さらに海外へ送金するとなれば、送り手となる銀行の手数料、海外の受け手銀行の手数料、円を海外の通貨に変える為替手数料と、様々な手数料が発生してしまいます。

そうなってしまうと実際に手にする金額はクレジットカード現金化業者の還元率で引いた分に加えて、上記の手数料分もあるのでかなりの金額が引かれてしまう恐れがあるので、海外からの現金化は難しいと言えるでしょう。

よって、クレジットカード現金化を海外から行うとなれば日本で行うよりも様々な壁があり、クレジットカード現金化業者も対応できない可能性も高くなることが考えられるでしょう。

-為になる記事

Copyright© 2014~〔最新2018.12月冬版〕マネフレ All Rights Reserved.