クレジットカード現金化を利用したら横領罪になる。そんな噂を聞いたことがある人も多いのでは?確かに、買取方式の場合は横領罪に当たる可能性はあります。しかし、実際にクレジットカード現金化が横領罪として事件になった事はありません。なぜ、横領罪になっても捕まらないのでしょうか。

クレジットカード現金化は横領罪に当たる可能性はあるが過去に事件はない

更新日:

クレジットカード現金化を利用する人が増えるにつれ、現金化業者が捕まるケースも増えました。

しかし、心配なのが利用した側も罪に問われるのか?という事ですよね。

現金化業者が捕まるんだから、その現金化業者を利用した側も捕まるんじゃないか。

そう考えてしまうのは、当たり前です。

果たして、クレジットカード現金化を利用した側は、捕まる事はないのでしょうか。

クレジットカード現金化の利用者に適用されそうなのは横領罪

もし、クレジットカード現金化を利用した側が罪に問われるとしたら、その罪状は横領罪です。

なぜ、クレジットカード現金化をしただけで横領罪になるのか?

クレジットカード現金化の利用者に適用されそうなのは横領罪

クレジットカード現金化は商品を購入する時に、一時的にカード会社に料金を肩代わりしてもらい、その肩代わり分を後でカード会社に支払うのが普通ですよね。

この時、カード会社に返済が完了してない状態だと、購入した商品の所有権はまだカード会社にあるんです。

そして、カード会社に所有権がある商品を、他者が勝手に売却したらどうなると思いますか?

当然、横領罪に当たりますよね。

つまり、クレジットカード現金化を利用した側にも適用される法律はあるという事です。

勿論、カード会社に支払いが完了してから商品を売却すれば、この横領罪に当たる事はありません。

しかし、現金化業者を利用する場合は商品購入後は即売却が普通で、カード会社に全額返済した後に売却する人はまずいないですよね。

クレジットカード現金化は横領罪に当たる可能性がある、という事は頭に入れておきましょう。

買取方式じゃなくキャッシュバック方式なら横領罪にならない


ただし、クレジットカード現金化を利用した全ての人に横領罪が適用されるわけじゃありません。

横領罪が適用されるのは買取方式だけ。

キャッシュバック方式は、この横領罪は関係ないんです。

買取方式じゃなくキャッシュバック方式なら横領罪にならない

買取方式の場合、商品を購入してすぐに転売する必要があります。

つまり、カード会社所有の商品を売却してるので、横領に当たりますよね。

しかし、キャッシュバック方式は、商品を転売する必要がありません。

商品を購入したお礼として、キャッシュバックという形でお金が得られるだけ。

購入した商品は現金化した人の手元にあるので、横領罪には当たらないんですね。

つまり、同じクレジットカード現金化だとしても、キャッシュバック方式の現金化業者を利用すれば、横領罪を心配する必要はないんです。

ちなみに、キャッシュバック方式のクレジットカード現金化は自分ではできず、基本的に現金化業者を利用するしかありません。

横領罪が怖い、罪に問われたくないという人は、キャッシュバック方式の現金化業者を利用すると安心ですよ。

クレジットカード現金化が横領罪として事件になった事はない


買取方式のクレジットカード現金化をした場合、利用した側が横領罪になる可能性がある事は紹介しました。

それでは、実際にクレジットカード現金化をして横領罪で捕まった人はいるのか?

実は、一人もいないんです。

クレジットカード現金化が横領罪として事件になったケースは一度もありません。

クレジットカード現金化での被害額はわずか数十万円、利用者にとっては大金でも、横領された金額としては小額ですよね。

このわずか少額の被害額で本腰を入れるのはめんどくさい、というのが警察側の本音なんです。

また。カード会社側がクレジットカード現金化の利用者を訴える事も、まずありません。

裁判になったら多額の費用が掛かってしまいます。

その訴訟費用を上回るお金を利用者から手に入れられるわけないので、カード会社が訴えるメリットがないんですね。

つまり、買取方式のクレジットカード現金化をしたとしても、横領罪で事件になる事はありません。

クレジットカード現金化は、基本的に処罰対象になるのは現金化業者だけなんです。

クレジットカード現金化の利用者は詐欺罪にも当たらない

また、クレジットカード現金化は詐欺に当たるのは?と考える人もいるんじゃないでしょうか。

カード会社を騙して、最初から換金目的で商品を買う。

これは、クレジットカード現金化を規約違反にしてるカード会社への詐欺じゃないか、という事ですね。

確かに、これだけ見たら詐欺に当たると考えるのは当然です。

ただ、実際に詐欺で立件されるのはかなり難しいんです。

詐欺行為と認められるには、「最初から換金目的でカード払いした」という事を立証しなくてはいけません。

しかし、購入した商品の金額をちゃんとカード会社に返済し続けているなら、詐欺だと認定するのは難しいですよね。

また、詐欺にあったカード会社も、わざわざクレジットカード現金化した人を一人ずつ訴えるなんて、そんなめんどくさい事はしません。

それをするなら、素直にカードの利用停止にすればいいだけですから。

このように、クレジットカード現金化は詐欺行為にあたったとしても、実際に立件される事はまずありません。

ただ、カードの利用停止のリスクはあるので、注意してくださいね。

横領罪、詐欺罪。

クレジットカード現金化を利用すると、確かに上記のような罪に問われる可能性はあります。

しかし、実際にクレジットカード現金化で横領罪や詐欺罪の事件になった事はないので、安心してくださいね。

ただ、悪徳業者を利用してしまうと、様々なトラブルに巻き込まれる危険はあります。

安全にクレジットカード現金化をする為にも、優良業者を利用する事を心掛けたいですね。

-為になる記事

Copyright© 2014~〔最新2018.11月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.