クレジットカードを用いた現金化ですが、最近ではインターネットからクレジットカード現金化業者に申し込めるようになったため、利用したことが無くても存在を聞いたことはある方も多いでしょう。しかし、クレジットカードを使って現金化するというのは法に触れないのか?という現金化の違法性があるのかについて解説します。

違法性による動向からクレジットカード現金化をしたら逮捕されるの?

更新日:

クレジットカード現金化の違法性は重いのか?逮捕されることもあるの?

クレジットカードのショッピング枠を使って現金化をするのは違法?


クレジットカードには「ショッピング枠」と呼ばれる、クレジットカードを使ったお買い物やサービスを受けるための枠があります。

ショッピング枠はクレジットカードによって異なりますが学生さん向けのクレジットカードなら5万程度のショッピング枠、社会人向けなら50万円のクレジットカードもあります。

そして、クレジットカードを使って現金を得るクレジットカード現金化では、このショッピング枠を使用してお金を調達することになります。

当然ですが、ショッピング枠がすでに限度額に達しているとクレジットカード現金化は利用できませんので、クレジットカードを良く使う方はどれぐらい利用したか把握しておきましょう。

ここで気になるのがクレジットカード現金化を利用することは違法行為になるのか?についてです。

クレジットカード現金化業者が逮捕されたことがある?それなら違法ではないのか?

クレジットカードを用いた現金化では、個人でやるパターンとクレジットカード現金化業者を利用するパターンがありますが、最近では後者の利用も増えています。

しかし、知っている方であれば覚えているかもしれませんが、「クレジットカード現金化業者って以前逮捕されてた事があったのでは?」という実例があります。

確かにクレジットカード現金化業者が実際に逮捕されたケースもありますので、「やっぱりクレジットカード現金化は違法性が高いのでは?」と思うかもしれません。

ですが、逮捕されたクレジットカード現金化業者は出資法で決められた金利よりも高い手数料を取っていたり、無許可で営業していた、利用者を恐喝するような行為があったなどの問題点が原因で逮捕されたのです。

なのでクレジットカード現金化が完全な違法行為であれば、インターネットでクレジットカード現金化業者がサイト運営などできるわけがありませんので、今頃全て逮捕されてしまっているはずです。

よって、クレジットカード現金化業者の逮捕はいわゆる別件逮捕のようなものですので、グレーゾーンではありますがクレジットカード現金化が違法であるというのはまだ法律的にも定まっておりません。

ただし、法整備次第ではどうなるかわからないので、今後の金融庁などが対策をするなどの動向も気になるところです。

クレジットカード現金化業者を利用して現金化をしたら逮捕されるのか?

今のところクレジットカード現金化業者を利用した人が逮捕されたという例はありませんが、だからといって違法じゃないとは言い切れません。

まず、クレジットカード会社はクレジットカードを用いた現金化を認めておりませんので、もし現金化がバレれば逮捕はされなくてもカードの利用停止、さらに利用金額の一括請求はあるでしょう。

しかし、そのまま逮捕まで至ったケースはありませんので、カード会社的には違反ではありますが利用者を毎回警察に突き出していては訴訟などが面倒なだけです。

また、カードで何億円という金額が利用されたわけでもなく、クレジットカード現金化で利用する金額が実際に返済されていると事実確認しようがありません。

そのため、カードの利用停止になった方は実際にいらっしゃいますが、逮捕までされてしまったという例はまだありません。

ただし、さすがに何度もクレジットカード現金化を利用したり、換金性の高い物を購入したり、一気に高額な現金化を行おうとしてクレジットカードの現金化が発覚した例はあります。

クレジットカード現金化を利用した人で今のところ逮捕者はいないが…?

クレジットカード現金化においていまだ利用者で逮捕された人はいませんが、だからと言って違法性はゼロだとは言い切れません。

実際にカード会社の利用規約には違反するので、逮捕までされていないとしてもカード利用停止と利用料金を即一括請求された利用者もいるため、リスクについてはよく理解しておくほうが良いでしょう。

また、クレジットカード現金化の利用者で逮捕された話はまだありませんが、今後の法整備次第では「もしかすると?」の可能性はあります。

よって、クレジットカード現金化を利用する前にクレジットカードの仕組みなどについて調べたり、情報を仕入れたりしてみた上で本当に利用すべきかよく検討してみましょう。

クレジットカード現金化をしてはいけないのか?危ないと考える人が多い理由とは

クレジットカー現金化はしてはいけないものと考える人も一定数存在します。
クレジットカード現金化をしてはいけないのか?危ないと考える人が多い理由とは

実際に現金化をしてはいけないのか?

理由の1つとなっているのが悪質な業者の存在です。

被害を防ぐために現金化はしてはいけないものという考え方が広がりましたが、ネットの普及によって状況がかわったのがポイントになります。

クレジットカード現金化はしてはいけないものではない?

クレジットカード現金化は最近できたものではなく、昔から存在するものです。

ただし、現金化の効率は時代によって違いがあり、中には非常に金利が低い業者などが存在したのもポイントです。

ネットで情報を調べるということも難しい時代は、悪質な業者を見分けることも困難でした。

そのため、現金化自体が悪いものという考え方が誕生しやすくなったのです。

しかし、ネットの普及により実際にクレジットカードを現金化してはいけないのかどうかは個人によってかわりつつあります。

悪質な業者などの情報も簡単に調べられるようになっただけでなく、悪質業者が利益を得ることが難しくなったからです。

クレジットカード現金化の換金率は大きく向上している

クレジットカード現金化には一度商品券などを購入し、現金化業者や金券ショップに買取を依頼する必要があります。

特に買取価格が高いのは商品券やギフト券ですが、現金でしか買えないケースが多く、現金化のハードルになりがちでした。

しかし、ネットショップの普及によりギフト券の購入が簡単になり、ハードルが大きく下がったのです。

ネットで完結する業者が増えたのもポイントです。

店舗を維持するコストを節約することで高い換金率を実現できるようになったからです。

全国場所を選ばずに営業することが可能になり、換金率の業界標準が大幅に向上させました。

金券ショップ自体にアクセスすることが難しい人も珍しくないため、賢く手軽にお金を用意する方法の一つとして注目されるようになったのです。

-為になる記事

Copyright© 2014~〔最新2018.12月冬版〕マネフレ All Rights Reserved.