中古品の取引には身分証明書が必要な理由から、クレジットカード現金化でも必要かを考察!

目次(クリックして表示)

社会人になったら持っておきたい「クレジットカード」と「身分証明書」

クレジットカード、身分証明書、どちらも社会で生活をしていく上で必要になる場面は多く、常に財布などにそれぞれ1枚は持っておきたい物ですが、紛失すると厄介な事になるので管理もまた重要な存在です。

まず、クレジットカードはネット通販やカードが使えるお店で現金の代わりに利用する事が可能であり、特に海外旅行では余計な現金を持ち歩くのは危険なので、基本はクレジットカードで支払いをしていくことが安全とされているほどです。

そして、クレジットカードを使った現金化というのは「お買い物などで使用するショッピング枠を利用して、換金できる価値のある品を購入して売る」という方法で現金を得るという内容です。

また、最近ではクレジットカード現金化業者も登場しており、インターネットからの申し込みで簡単に現金化ができるようになっているほど、このクレジットカードを使った現金化をする方が増えてきております。

ですが、クレジットカードを使った現金化はクレジットカード会社が認めておりませんので、発覚すれば利用停止とこれまで利用した金額分が一括請求されてしまいます。

さて、クレジットカードと同じように重要な存在が身分証明書であり、あらゆる場面で本人確認をする際に提示を求められることがある文書ですので、こちらも常に1枚は持ち歩いておいたほうが良いでしょう。

今回はこの身分証明書がクレジットカード現金化をする上で必要になるのか?そしてどういう場面で必要になるか?についてご紹介していきます。

身分証明書の役割とは?種類にはどんな物があるのか?

上記でも触れておりますが、本人確認をするためにも身分証明書はあらゆる場面で提示などを求められてしまい、例として市役所で手続きをする場合も本人様かどうか確認するため、身分証明書の提示を必ず求められてしまいます。

やはり、手続きを受ける側にとっても相手を見ただけや、書類上だけだと本当に本人が手続きに来ているかはわかりませんので、どうしても身分証明書の提示を求めて本人確認をすることを必須としています。

もちろん、クレジットカード現金化でも身分証明書を必ず提示しなければならないのですが、そもそも身分証明書として使える文書には「何があるのか?」について、以下のような身分証明書がよく本人確認の際に使われています。



運転免許証

ご存知の通り、公道を自動車で走る場合は必ず車を運転できる技能を示す「運転免許証」が必須となるので、もしも運転免許証を取得していない、取得していても運転中に警察などから提示を求められた際に所持してなかったとしても無免許運転扱いになります。

運転免許証は顔写真、住所、氏名などが記載されておりますので、多くの本人確認が必要な場面で運転免許証を提示するだけで良いため、身分証明書としては最も提示されている文書の1つとも言えるでしょう。

ただし、取得には自動車教習や技能のテストなどに合格しなければならないので、ある意味で一番取得が難しい身分証明書でもあります。



健康保険証

「健康保険被保険者証」を略した呼び方が「健康保険証」であり、病院などで治療を受けた際に提示することで治療費を大幅に安くする事ができるので、お世話になった事がある方も多いのではないでしょうか?

また、運転免許証だと持っていない人もいるので、普段から健康保険証を身分証明書代わりに利用している方も多くいらっしゃいます。
(ただし、健康保険証の顔写真が無いタイプでは申請ができないケースがあることも)



パスポート(旅券)

パスポートは「海外でも通用する全世界共通の身分証明書」であるため、海外旅行や出張で日本国を出る場合は必ず必要になる存在であり、最近ではICパスポートのような利便性の向上や偽造防止を目的としたタイプのものまで出てきております。

このパスポートももちろん身分証明書として利用することもできますが、発行手数料がやや高いことや海外へ行く用事が無い人には特別必要でない事、そして普段から持ち歩くような類の物ではないので、身分証明書として持ち歩く人はかなり少ないでしょう。

そして、上記でご紹介した身分証明書以外でも、年金手帳、マイナンバーカードなど、いずれも公的機関が発行したものであれば身分証明書として通用します。



クレジットカード現金化を利用するならどこで身分証明書が必要になってしまうのか?

クレジットカード現金化では身分証明書の提示が求められてしまいますので、当然ですが提示できなければ現金化はできません。

やはり、利用者がもしも本人でなければ不正利用や業者側に何らかの責任などが発生してしまうため、業者側や買取側としても「利用者が本当に本人である」ということを確認することを必須としています。

なお、クレジットカード現金化には個人で行う場合、業者を利用する場合の2パターンがありますが、先に業者から説明すると利用を申請する際に求められてしまいます。

さらに法律上でも「中古品を買い取るときには利用者の名前と住所がわかる身分証の提示をしなければならない」となっておりますので、法律的にも身分証明書が必要である事を明確に記しているのです。

ここで「クレジットカード現金化業者は古物商なのか?」と思われるかもしれませんが、実は現金化では中古品の売買が絡むために身分証明書が必要となってしまっているので、クレジットカード現金化業者は古物商として営業をしております。

そのため、クレジットカード現金化業者も身分証明書の提示を求めてきますが、身分証明書も重大な個人情報なので「相手が信用できるクレジットカード現金化業者か?」という事前調査をしておかないと、相手が悪質業者だと何に利用されてしまうかわかりません。

次に個人でクレジットカード現金化をする場合はどうなのか?ですが、こちらは買った品物を売却する際に買取サービス側から身分証明書の提示を求められてしまいます。

こちらも上記と同じ理由で本人が本当に売りにきているのかどうかを確認する義務がありますので、身分証明書を提示できない利用者に対しては買取拒否もできます。

以上からクレジットカード現金化には身分証明書が必須となりますが、同時に重要な個人情報が記された文書でもあるので、提示する際は本当に見せても「大丈夫か?」という点についても考慮しましょう。

為になるクレジットカードで苦のない楽な方法で違法性詐欺のない現金を得る方法を伝授!

PageTop