現金化サービスは複数の方法がありますが、クレジットカード現金化業者の中には闇金融出身者が含まれている事実を知っておかなければなりません。買取店へ商品を売却した場合であっても、古物営業法に基づき古物台帳へ記録されているので、現金化を行った事実は反面調査によりすぐにバレるからこそ脱税を疑われないために雑所得としての申告が必須です。

現金化サービスの利用は業者側の脱税であっても反面調査を受けてしまう

投稿日:

現金化を行う手段は複数あり、手持ちの品物を買取店へ持ち込むといった不用品買取だけでなく、クレジットカード現金化も1つの手段です。

しかし、現金化を行った時点で一時的に収入を手に入れたと税法上は考えられるので、現金化を行った結果を申告していなければ脱税に問われてしまいかねません。

現金化業者が脱税を疑われやすいのはマネーロンダリングに利用されやすいから

実際に現金化を行う際には、買取店や質屋といった場所へ持ち込むと、買取額1万円以上の場合には本人確認だけでなく古物台帳への記録が行われます。

現金化した相手業者が税務署へ申告している以上、現金化を行った結果はそのまま無申告なら脱税に繋がりやすいわけです。

現金化が脱税となるのは雑所得が発生するとみなされるから

複数の手段により現金化を行った結果は、日常生活ならば給与所得だけでなく年間110万円を超える金額の贈与を受けただけでも贈与税が課税されます。

現金を手に入れるという理由と金額次第で課税対象となることは、雑所得や一時所得が発生したとみなされることから無申告なら脱税とされても仕方ないわけです。

税務署が考える脱税は、税務調査を担当する人により判断基準に違いがあるとは本来考えにくいものですが、実際の市民感覚とはズレていて会社経営者ですら見解の相違から脱税を行ったとみなされて修正申告をしなければならない状態に至ります。

このため、雑所得が発生したと考えられるクレジットカード現金化を行った結果については、カード会社の利用規約違反であっても雑所得としての申告をしなければ脱税となりかねません。

現金化を行う方法次第では、反面調査により現金化を行った経路が白日の下に晒されてしまいます。

現金化はマネーロンダリングに使われるから脱税していないか調査されやすい

クレジットカード現金化を始めとする各種現金化は、個人がクレジットカードのショッピング枠を利用して行う程度ならば、他の犯罪行為が行われている温床とはなりません。

しかし、法人名義や個人事業主名義のクレジットカードを使った現金化は、時にマネーロンダリングに利用されてしまう可能性を考慮して、徹底した税務調査を行って脱税の有無が確認されることになります。

実際に脱税に該当するかどうかは、税務調査に入った時に税務調査官が行った専門性が高い調査次第となりますが、脱税だと疑われないためにも帳簿管理と共にしっかりとした申告を行うことが望ましいです。

税務調査は現金化が行われる際のお金の流れを両面から追うことになるので、反面調査と呼ばれる脱税を直接行っていない側に対しても行われます。

最終的に脱税していないことを立証するためには、意外と精神的に疲れてしまうことから、マネーロンダリングに関わらない現金化方法を選択することが望ましいです。

クレジットカード現金化業者の中には、残念ながら闇金融出身者が運営している業者がある程度含まれてしまっているので、ある日突然反面調査として税務調査官が訪れることがあります。

反面調査は任意ですが、やましい所がなければ大半の人は協力することになるので、拒否すること自体が脱税の疑いをかけられる原因となりかねません。

現金化を行った時には脱税を疑われた時のために記録に残しておくとよい

現金化を行った時には、後から反面調査により脱税していないか疑われないようにするため、記録にしっかり残しておくことが望ましいです。

個人事業主や法人ならば、帳簿管理をしっかり行うだけでなく税務申告を行う際に、税理士へ任せてしまうといった方法が効果的だと考えられます。

なぜなら、税理士が申告書作成を行う際には、しっかりと税理士の印が押されることになるので脱税を疑われたとしても税理士へ説明を任せることができるからです。

個人の場合には、クレジットカード現金化だけでなく買取店へ手持ちの商品を売却した際の記録を残しておくことが望ましいです。

実際に確定申告時期となって雑所得として申告を行う際に必要となるだけでなく、そもそも雑所得が給与所得以外に20万円を超えなければ確定申告の必要性がありません。

脱税を疑われても現金化した金額が年間20万円以内だと証明できるだけの資料を揃えておくことも、自分を防衛する手段として役立つわけです。

現金化が脱税となりやすい理由に関するまとめ

クレジットカード現金化を始めとする現金化は、雑所得としての申告が必要になる年間20万円を超えた給与所得以外の金額というだけでなく、取引相手への反面調査という意味合いが含まれます。

自分で脱税をしていなくても、相手が脱税をしている可能性がある場合には、マネーロンダリング対策のために税務調査官も念入りに調査を行うわけです。

基本的に個人に対する税務調査は、給与所得以外の雑所得や一時所得が合計20万円を超えていなければ確定申告の義務がありません。

確定申告を行っていながら雑所得の申告をしていなければ脱税となるために、クレジットカード現金化を始めとする現金化サービスを利用した場合には、いつどこで誰に対して取引を行って合計いくらになったのかといった基本的な内容だけでも記録に残しておくことが望ましいです。

税務調査を受けた結果として脱税にはならないという税務調査官からのお墨付きがもらえるまでは、現金化は自分だけでなく取引相手の影響も受けると分かります。

-為になる記事

Copyright© 2014~〔最新2020.8月夏版〕マネフレ All Rights Reserved.