クレジットカード現金化業者に騙された!悪徳スタッフに騙されないように気をつけるべきポイントとは?

目次(クリックして表示)

クレジットカード現金化業者の登場とシステムから現金化の仕組みを解明

クレジットカードはあらゆる支払いに対応した便利なカードではありますが、持つためにはクレジットカード会社の審査を通る必要があり、便利だからといって全ての人が持つことができるというわけでもありません。

現金での支払いが不要になる便利なクレジットカードですが、クレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」と呼ばれる2つの枠があるのはご存知でしょうか?

ショッピング枠はクレジットカードを使ったお買い物をする時に「どれぐらいまで利用できるか?」を示す利用限度額であり、キャッシング枠はお金を借りる時に「どれぐらいまで借りられるか?」の利用限度額と、それぞれ役割が異なります。

基本的にはお金に困ったわけでもない限りはキャッシング枠を利用することは無く、普段の生活やネット通販などでの支払いで使う事があるのはショッピング枠だけとなります。

しかし、このショッピング枠を利用して現金を得る方法が「クレジットカードの現金化」であり、方法としてよくあるのが換金性の高い物を購入して、それらを買取している業者やサービスを利用して品物を売却した際に現金を得ると言う方法が昔から行われてきました。

もちろんですが、キャッシング枠が本来あるのに、ショッピング枠を利用するクレジットカード会社はこのようなクレジットカードを利用した現金化を認めておりませんので、発覚すれば利用停止や利用料金の一括請求が行われてしまいます。

そして、最近ではクレジットカード現金化業者も登場しており、利用すると表向きはクレジットカードでお買い物をしているのですが、後からキャッシュバックで還元率に応じた現金が振り込まれるようになっています。

このようにクレジットカードを利用した現金化は様々な方法が登場しておりますが、一方でクレジットカード現金化業者を巡ってはトラブルとなっていることもあり、「騙された!」という利用者の怒りと後悔のコメントを見かける事もあります。

今回はクレジットカード現金化業者の中でも悪徳な業者が良く使う手口や「騙された!」という体験談から、騙される前に確認すべき点についてご紹介します。

悪徳なクレジットカード現金化業者はどれぐらい存在しているのか?

クレジットカード現金化業者は昔からいましたが、最近ではインターネットの発達によって業者にそのまま現金化を依頼できるフォームもあり、ネットから申し込んで1時間以内に現金が振り込まれたという例まであります。

そのため、クレジットカード現金化業者を利用して現金化する方は多く、しかも一度利用して安心できたのか、または便利だと感じたのか、以前利用したことがあるクレジットカード現金化業者をまた利用することもあります。

ところが全てのクレジットカード現金化業者がしっかりとしているわけではなく、中にはやはり詐欺などを前提にした悪徳なクレジットカード現金化業者もいますので、運悪く利用してしまうと騙されてしまったということも想定できます。

そもそもどれぐらいのクレジットカード現金化業者が「悪質なのか?」については数などの実態がわかっておらず、悪質かどうか判別するためには利用する側が見極めなければいけない状態となっています。

実際に悪徳なクレジットカード現金化業者が逮捕されたりもしていますが、やはり被害を防ぐには自己防衛が必要となっていますので、騙されてしまう前にいくつか確認すべき点もあります。

騙されないために確認すべきクレジットカード現金化業者のポイントとは?

悪徳なクレジットカード現金化業者を利用してしまうと、お金が振り込まれなかったり、難癖を付けられて振り込まれるお金が減ったり、さらに渡したクレジットカード情報や個人情報まで闇に流される恐れがあります。

では、クレジットカード現金化業者のどういった点を確認して、被害を防いだり、騙されたりする事が無い様にしなければならないのでしょうか?

まず、基本的な事ですがクレジットカード現金化業者のサイトを確認することであり、「どれも同じだろう」と面倒に思ってあまり確認しないのは危険です。

やはりクレジットカード現金化業者によってどんな方式の振込みなのか?システムなのか?は異なっておりますので、これらを確認せずに「騙された!」と思っている利用者も多いです。

特にクレジットカード現金化業者のサイトを見ていると、悪質な業者はやたらと「還元率が高い!」「即日振り込み!」「○○公認!」といったありがちなフレーズを強調していることがあります。

次に、利用を考えているクレジットカード現金化業者の口コミなどを、そのサイトではなく他の外部サイトなどで調べてみましょう。

ただし、特定のクレジットカード現金化業者の情報がタイミングよくあるかはわかりませんが、なるべく複数の外部サイトを回って確認していきましょう。

さらに外部サイトはなるべく多く確認したほうが参考になる情報も多くなるので、こちらも面倒に思わずしっかりとチェックしていきましょう。

また、クレジットカード現金化業者とは電話でのやり取りもありますので、その際に思うところがあれば利用を検討しなおしたほうが良いかもしれません。

よって、騙されたりしないようにするには、上記のようなポイントを利用する側がしっかりとチェックしていかなければならないので、面倒でも情報収集から始めて行く事が重要です。

クレジットカード現金化で騙されないためには何が必要ですか?

クレジットカード現金化で騙されないためには、基礎的な知識が必要になります。 クレジットカード現金化で騙されないためには何が必要ですか?

騙されないためにする事


知識がないと相手がうそを言ってもわからないことがあるだけでなく、悪質な業者か優良な業者かわからなくなってしまうこともあります。

お金に困ってしまうと判断を焦りがちなため、まずはしっかりと確認する癖もつける必要があるのです。

焦ってしまうとどうしても基礎的な知識を無視してしまいがち

クレジットカード現金化はお金に困ったときの強い味方です。

ただし、お金が必要になると少しでも早くと考えてしまいがちで、それにつけ込む悪質な人間を引き寄せやすくなります。

お金に困っているからこそしっかりと確認してお金を用意するという考え方が重要になるのです。

騙されないためにはいくつか考えなければならないことがあります。

クレジットカード現金化はネット経由でギフト券等を購入し、業者に買取を依頼することが一般的です。

クレジットカード情報を渡す必要はなく、現金化したお金は金融機関の口座に振り込んでもらう必要があります。

一部店舗型の業者を除き口座の情報は必須になるため、現金化あとに手渡しを約束するなど、一般的な手順を外れる業者や人間は疑った方が良いのです。

個人との取引をしないことも騙されないコツになってくる

現金化をする場合は個人との取引をしないことも騙されないポイントになってきます。

個人取引を目指す人もいますが、お金が振り込まれないというケースは珍しくないからです。

警察に被害を届けようとしても相手が特定できずに泣き寝入りになるケースもあります。

業者が利用されることが多いのは、業者の特定が容易であることです。

もちろんしっかりとしたホームページや問い合わせ先があることが前提で、個人の携帯電話などが連絡先になっている場合はトラブルの元になります。

継続的に営業することで利益を出すしっかりとした会社であれば法律上のリスクを避けるのが一般的です。

騙されないためには実績があり、しっかりと経営されている業者を利用した方が良いのです。

為になるクレジットカードで苦のない楽な方法で違法性詐欺のない現金を得る方法を伝授!

PageTop