クレジットカード現金化はグレーで危険そうだから怖い。こんな印象を持つ人が多いですが、実はクレジットカード現金化は利用者も安全だし、大丈夫だと言えるサービスなんです。なぜ、大丈夫と言えるのか?それは過去に利用者が逮捕された事もなく、法律違反でもないサービスだからです。

クレジットカード現金化が大丈夫な理由は違法でもないし安全だから気にしません!

更新日:

即日入金も可能だし、在籍確認・審査なしで利用できるクレジットカード現金化。

便利で利用者も増え続けていますが、グレーな金策として不安視されてるのも事実ですよね。

クレジットカード現金化は大丈夫なの?安全なの?と、疑問に思ってる人も多いです。

果たして、クレジットカード現金化は安全で大丈夫な金策方法なんでしょうか?

クレジットカード現金化は違法ではないから大丈夫

まず、一番気になるのが、クレジットカード現金化は違法じゃないか?という心配ですよね。

結論から言いますと、クレジットカード現金化は違法ではないから大丈夫です。

クレジットカード現金化が関わりがあると言われてるのが、貸金業法や出資法ですよね。

クレジットカード現金化は違法金利で出資法違反になるんじゃないと、よく言われています。

しかし、この二つとも、実はクレジットカード現金化とは関わりがない法律なんです。

貸金業法、出資法共に貸金業者が対象になる法律。

しかし、クレジットカード現金化は商品を購入して転売するか、キャッシュバックとしてお金を渡してるだけ。

現金化業者と利用者との間で行われているのは、あくまでも商品の売買であって、金銭の貸し借りではないですよね。

つまり、現金化業者は貸金業者ではなく、また直接金銭のやり取りもしてないので、貸金業法も出資法も適用されないんです。

違法金利だとか、そんな批判はクレジットカード現金化には当たらないんですね。

逮捕された現金化業者は実質貸金業者だったから摘発された

過去に逮捕された現金化業者がいる、それはクレジットカード現金化が違法だったからじゃないの?

そう、疑問に思いますよね。

しかし、過去に逮捕された現金化業者には、ちゃんとした理由があるんです。

利用者に価値がない商品を買わせ、高額なキャッシュバックをしたり。

クレジットカード現金化をしたのに、商品は送らなかったり。

逮捕された現金化業者は実質貸金業者だったから摘発された

逮捕された現金化業者は、これらの行為を行っていました。

クレジットカード現金化は、購入した商品をちゃんと送り、その商品の価値に合ったお金を渡すことで成立してるサービスです。

それなのに、商品を送らない、価値のないものを売る、こんなやり方をしていると、クレジットカード現金化だとはみなされません。

逮捕された現金化業者もそうで、実質お金を融資した事と同じと見られ、貸金業法や出資法で逮捕されたんです。

つまり、ちゃんと正規のやり方を行っている普通の業者は、違法行為には当たらないんですね。

むしろ、クレジットカード現金化での逮捕数は数件しかなく、安全性が高いサービスとも言えるんです。

クレジットカード現金化を利用した側は逮捕されないので安心


クレジットカード現金化を利用した側には罪はないのか、大丈夫なのか気になる人も多いのでは?

安心してください、利用者側が罪に問われる事はありません。

クレジットカード現金化をした場合、利用者が問われる罪と言われているのは横領罪と詐欺罪です。

確かに、支払いを完了してない商品を売ったら横領罪に、カード会社を騙してクレジットカード現金化したら詐欺罪になります。

しかし、被害者であるカード会社は、利用者を訴える事はしません。

裁判になったら費用が掛かるし、ちゃんと返済を続けているなら、カード会社は大事にはしません。

実際に、過去に現金化業者を利用した側が逮捕された事はないので、その点は大丈夫です。

ただし、カードの利用停止の処置を行う事はあるので、カード会社にバレないよう配慮が必要になります。

自分で現金化をしたり、悪徳業者を利用するとカード会社にバレやすいので、クレジットカード現金化をする時はリスクを減らす為に優良業者を利用するのがオススメです。

違法ではないだけで合法だとも認められてないので注意しよう

ただし、注意して欲しいのはクレジットカード現金化は合法でもない事。

先ほど紹介したように、クレジットカード現金化自体は法律違反ではありません。

しかし、カードの規約違反になるなど、合法だと胸を張って言えるサービスではないのも事実なんです。

違法ではないだけで合法だとも認められてないので注意しよう

現金化業者のサイトで「古物商許可を得ている」「景品表示法には接触してない」と、まるで合法かのように書いているところもあります。

しかし、これらは「中古品を取り扱うのに必須の古物商許可を取得した」「クレジットカード現金化自体が景品表示法には触れていない」という意味。

クレジットカード現金化自体が、公安委員会や消費者庁に認められているわけではないんですね。

そもそも、中古品の売買をする買取方式の業者が古物商許可を取得するのは当たり前の事だし、キャッシュバック方式が景品表示法に触れないのは少し調べればわかる事。

それなのに、それらを信じてクレジットカード現金化は完全合法だと信じてはダメです。

あくまでも、違法ではないサービス、と思っておきましょう。

クレジットカード現金化は、違法性があるサービスではありません。

過去に利用者が逮捕された事はないので、安心して利用する事ができます。

急にお金が必要になった、キャッシングの審査が通らない。

そんな人は、ぜひ気軽にクレジットカード現金化を利用してみてくださいね!

-為になる記事

Copyright© 2014~〔最新2018.11月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.