クレジットカード現金化は法人運営に便利で法人名義や法人カードで行える

目次(クリックして表示)

会社を経営してる人、個人事業主、法人の代表者など、自分が起こしている事業の資金が足りなくて困ってる人も多いんじゃないでしょうか。

何とかして資金調達したい、でも既に借入してるからキャッシングは無理。

そんな時に便利なのが、クレジットカード現金化ですよね。

もし、法人カードでクレジットカード現金化ができたら、嬉しくないですか?

果たして、法人カードでクレジットカード現金化はできるのでしょうか?

クレジットカード現金化は法人カードでもできる!

結論から言いますと、クレジットカード現金化は法人カードでもする事ができます。

むしろ、個人のクレジットカードよりも法人カードで行う方が、クレジットカード現金化はメリットが多いんです。

何故かというと、換金率が高くなるから。

法人カードの場合、個人のクレジットカードに比べてショッピング枠が大きめになっているんです。

その為、クレジットカード現金化できる金額も多くすることができるので、現金化業者も換金率という形で優遇してるんですね。

実際に、法人カード限定のプランを作ったり、法人カード限定の業者もあるんです。

例えば、個人のクレジットカードだと換金率が80%だけど、法人カードだと90%になる現金化業者もいます。

たかが10%と思うかもしれませんが、10万円を利用額にした場合、個人のクレジットカードだと手取りは8万円、法人カードだと9万円と考えたら、10%は大きいとよくわかるんじゃないでしょうか。

このように、法人カードでもクレジットカード現金化は可能だし、むしろメリットが多いんです。

会社の資金調達をしたい人、個人事業主でお金が必要な人は、法人カードでクレジットカード現金化してはいかがでしょうか。

会社の社員が法人名義のカードを使うのは危険だからやめよう

ただ、気を付けて欲しいのは、法人カードでクレジットカード現金化ができるのは経営者のみという事。

法人カードを持っているだけの社員は、クレジットカード現金化はできません。

なぜなら、必ず会社にバレてしまうから。

社員に渡された法人カードの引き落としは、法人名義の銀行口座からされますよね。

だから、会社には社員が法人カードで商品を購入したこと、掛かった経費はいくらなのかがわかってしまうんです。

そして、クレジットカード現金化は、商品を購入しないとお金を得る事はできませんよね。

つまり、社員が法人カードでクレジットカード現金化をした場合、その事が会社にバレてしまうので危険なんです。

もし、会社にクレジットカード現金化の為に購入した商品の詳細や理由を聞かれたら、なんて言い訳しますか?

よほど上手く言い訳できないと、まず間違いなく疑われてしまいますよね。

それでクレジットカード現金化がバレた場合、危なくなるのは自分の立場です。

このように、社員が法人カードでクレジットカード現金化をするのは大変危険なので、絶対にやめてくださいね。

素直に個人のクレジットカードでしましょう。

法人カードでクレジットカード現金化するなら業者の方が安心

法人カードでクレジットカード現金化をしたいなら、自分でやるよりは業者を使う方が全然安心です。

その理由は、現金化業者の方がメリットが多いからです。

基本的に、法人カードで現金化する人は、資金繰りに困ってるなど今すぐお金が欲しい人ばかりですよね。

しかし、自分でクレジットカード現金化する場合、すぐにお金を得る事はまず無理です。

換金率が高い商品を探して、それを購入した後、一番高く売れる中古販売店を探す。

これらの作業を1日で行うのは無理、最低でも数日かかってしまいます。

しかし、現金化業者なら全ての作業を業者が主導で行ってくれるので、即日入金も可能なんです。

また、現金化業者は自分でやるよりも換金率が低いのがデメリットと言われてますが、換金率が高くなる法人カードならそのデメリットはないも同然。

このように、現金化業者を利用した方が全然便利なんですね。

法人カードでクレジットカード現金化をするなら、業者を使うのをオススメします。

法人カードでも、クレジットカード現金化が可能な事はわかって頂けたでしょうか。

クレジットカード現金化は便利ですが、あまりに多額の金額を法人カードでしてしまうと、いざという時に経費の支払いができなくなってしまうという注意点も。

法人カードでクレジットカード現金化をするなら、ショッピング枠に余裕を持たせて、小額に留めておきたいものですね。

為になるクレジットカードで苦のない楽な方法で違法性詐欺のない現金を得る方法を伝授!

PageTop