クレジットカードの現金化において必ず発生する「手数料」とは

目次(クリックして表示)

クレジットカードを使用した時、利用者に手数料は発生しているのか?

クレジットカードと言えば持っている方も多いと思われますが、基本的な仕組みとしてはお店やネット通販などで物を購入する際に、現金で支払う代わりにクレジットカードで支払いができます。

そのため、急な出費や現金の支払いが面倒な時に便利な存在ではありますが、請求が翌月に一括でやってくる仕組みになっており、さらにお金を使った実感が無いために「ついつい使いすぎてしまったために、カード会社からの請求でとんでもない金額になっていた…」という経験がある方もいるでしょう。

とはいえ、クレジットカードの利用者は年会費さえ払っていれば、翌月に一括請求される金額に応じた手数料的なお金は上乗せされず、利用者としては余計なお金を払わなくても良いので気にする事はありません。
(ただし、分割払い、リボ払いなどの支払い方法は手数料が発生します)

一方でクレジットカードが使えるお店、いわゆる加盟店なども実は「加盟店手数料」として手数料をクレジットカード会社に払っているのはご存知でしたでしょうか?

クレジットカードで決済できるシステムを導入すればお店も「クレジットカード使えます!」という表示ができるので、お客さんも利便性が増すことから客足の増加などにも繋がります。

ただし、お店側が商品やサービスの代金に上乗せして加盟店手数料をお客さんに請求するのは、加盟店とカード会社との契約上で違反行為となるのはご存知でしたでしょうか?

もしもやむを得ず払ってしまった時などは、クレジットカード会社にすぐ連絡しなければなりませんが、もし海外でカードの支払いをする時は「手数料の上乗せを認める」という国もあるので事前に確認が必要です。

クレジットカードの現金化による「ショッピング枠」と「キャッシング枠」手数料に違いはあるのか

クレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」という役割が異なる利用限度額が設定されており、枠内の利用金額ならばクレジットカードを好きなだけ使う事ができるのです。

ショッピング枠はクレジットカードを使ったお買い物などに利用される枠であり、キャッシング枠はお金を借りる時に使用される枠ですが、ほとんどの方にとってはショッピング枠を主に使っていることでしょう。

そして、クレジットカードの現金化ではこのショッピング枠を利用して、換金性の高い物をクレジットカードで購入して、買取サービスをしているところに売ってお金にするという方法があります。

また、最近ではインターネットの発達によって、クレジットカード現金化業者にもネットから申し込めるようにもなりました。

ただし、クレジットカード現金化はカード会社が認めていないので、もしも発覚したら罰金などは今のところありませんが、カードの利用停止と利用金額の一括請求がすぐに行われてしまいます。

さて、「クレジットカード現金化において手数料が発生しているのか?」についてですが、クレジットカードを使って現金化すればやはり何かと手数料は発生してしまいます。

その手数料がいつ発生するのかについては、クレジットカードの現金化する際に「個人」と「業者に依頼する」場合で確認してみましょう。

クレジットカードの現金化を「個人で行う場合」と「業者に依頼する場合」で手数料がいつ発生するのか?

クレジットカードを使った現金化において、例として1万円分を現金化をするとしても100%の1万円を受け取れるとは限りません。

買取サービスやクレジットカード現金化業者も商売である以上、利用者には手数料を差し引いた金額を算出するため、利用者としては100%のお金を得ることは不可能です。

では、このクレジットカードを現金化する上で手数料が発生するタイミングは個人で現金化を行う場合と、クレジットカード現金化業者を利用する場合で以下のように異なります。

個人単位でクレジットカードの現金化を行う場合

個人でクレジットカードの現金化を行う場合ですが、まず換金性の高い物を購入する際に郵送という手段を取ると、その郵送料が発生してしまいます。

次にクレジットカードで購入した物を買取サービスのお店などに持っていく場合、経費という形で交通費なども発生する方がいるかもしれません。

また、買取サービスでも買い取る対象の品によって手数料が異なりますが、実際に必要な手数料としては5~10%以上は取られてしまいます。

クレジットカード現金化業者を介して現金を得る場合

クレジットカード現金化業者を利用する場合、業者側にはいくらキャッシュバックされるか?を示した還元率があります。

ただし、還元率はクレジットカード現金化業者によって異なりますので、例として1万円の利用分であってもキャッシュバックが「7,000円」の業者もいれば「8,000円」の業者もいます。

この還元率についてはクレジットカード現金化業者を利用する前に業者のサイトで調べたり、口コミなどから「この利用金額でいくらキャッシュバックされた」という情報などを調べてから利用は検討しましょう。

以上から、クレジットカード現金化は個人で行っても、クレジットカード現金化業者を利用しても必ず手数料などは発生しますので、100%の還元を受けることは不可能です。

そのため、手数料や現金化の際に発生した出費が高いと手にするお金も少なくなってしまいますので、必要だった額に届かなかったと言うこともあります。

よって、クレジットカードの現金化では個人、業者を利用する場合でも、必ず手数料の存在を念頭においてから「どれぐらいのお金になるのか?」も検討しなければなりません。

為になるクレジットカードで苦のない楽な方法で違法性詐欺のない現金を得る方法を伝授!

PageTop