Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

クレジットカード現金化はショッピング枠を利用する方法であり、換金性の高い物をクレジットカード購入、それらを売ってお金にするという方法で現金を手にする事です。このクレジットカードの現金化において、何か意識したほうが良い注意点はあるのでしょうか?

クレジットカード現金化の前に読んでおきたい注意点

更新日:

クレジットカードの現金化を行うパターンは個人と業者利用で分かれている

クレジットカードと言えばあらゆる場面の支払いに利用できる便利な存在であり、社会人となったのであれば早速持ちたいもの1つとも言えるでしょう。

特にネット上で物を買う時はクレジットカード払いのみであることもありますので、我々の生活において必須な存在でもありますが、一方でお金を使っている実感が無いので感覚が麻痺して使いすぎてしまい、クレジットカード会社からの請求で血の気が引く思いをした方もいるのではないでしょうか?

まず、クレジットカードでお買い物をする場合、クレジットカードには「ショッピング枠」というお買い物などに使える利用限度額が決まっておりますので、後から来る請求の事も考慮の上であれば自由に利用する事ができます。

そしてクレジットカードには、ショッピング枠とは別にキャッシング枠と呼ばれるカードローンなどを利用する際に使う利用限度額もありますが、こちらはお金を借りるようなことがない限りはキャッシング枠を利用しない方もいらっしゃいます。

ところが、クレジットカードを利用して現金を得るクレジットカード現金化と呼ばれる方法では、ショッピング枠で換金性の高い物を購入して売ったり、業者を利用して現金化を行う方もいらっしゃいます。

今回はこのクレジットカード現金化を個人で行う場合と業者を利用して行う場合における注意点について考えてみましょう。

クレジットカード現金化を個人で行う場合の2つの注意点

クレジットカード現金化の現金化を個人で行う場合の方法はかなり限られており、昔からある方法として新幹線の回数券、商品券などを金券ショップに売るという方法がありますが、今でもこの方法で現金化をしている方がいます。

しかし、クレジットカードを利用した現金化を個人で行う場合、以下のようないくつかの注意点があります。

クレジットカードで換金性の高い物を買いすぎるとカード会社に警戒されてしまう

クレジットカードの現金化を個人で行う場合も業者を利用して行う場合も共通で言える事ですが、クレジットカードを利用した現金化はカード会社が認めておりませんので、発覚すればカードの利用停止処分となってしまいます。

現金化に関してはクレジットカード会社も利用履歴を管理しておりますので、もしも換金性の高い物を何度も購入する、高額な利用を急にしている、などの利用があればカード会社もすぐに察知します。

しかし、いきなり「クレジットカード現金化をしているのでは?」と疑うのではなく、電話等で「本当に購入しましたか?カードを紛失などで不正利用されていませんか?」という形で確認をする程度となっております。

なぜならクレジットカード会社も利用履歴だけで「現金化をしている」とは決め付ける事ができませんので、クレジットカード現金化が発覚するとすれば電話での確認で口が滑ったりした時ぐらいなのです。

それでもクレジットカード現金化を頻繁に行ってしまうと、履歴をクレジットカード会社が管理している以上はいずれ警戒されかねません。

クレジットカードの現金化を個人で行う場合も、現金化業者で換金性の高い物を購入するように指示があった場合でも、利用しすぎには注意しなければならないでしょう。

最初から最後まで全て自分で行う必要がある

個人でクレジットカードを利用して現金化をする場合、購入から売却まで全て自分一人で行う必要があります。

やはり、色々考えがあって個人でクレジットカード現金化をしたいのであれば、他人が関わらない点において安全かもしれません。

しかし、誰のサポートもない状態なので全て自分一人で行う必要があるため、労力や時間がかなりかかってしまう可能性があります。

また、クレジットカードで換金性の高い物を購入して、売却先となる金券ショップや買取サービスをしている先で「いくらぐらいで買い取ってくれるか?」も全て個人で調べなければなりません。

さらに品物を売りに行く場合に交通費などで足代もかかる場合は、それらも計算して現金化をしていかなければなりませんので「足代のせいで大したお金にならなかった」とならないためにも、きちんとした現金化の計画を全て個人でしなければならないのです。

クレジットカード現金化業者を利用して現金にする最終的なポイントとは

インターネット上ではクレジットカードの現金化を生業とする業者も登場しており、中にはサイトから申し込むだけで即日振り込みといった業者もいます。

このクレジットカード現金化業者における注意点としては、やはり「信用しても良い業者なのか?」という点を調べなければなりません。

クレジットカード現金化業者には最初から詐欺を目的とした悪徳な業者もいるので、もしもこのような業者を利用してしまうと金銭的な被害などを受ける可能性があります。

まず、クレジットカード現金化業者について調べる場合ですが、サイトを見て「還元率はいくらなのか?どういう点を強くアピールしているか?」もチェックしましょう。

次に評判などを調べたい場合は、クレジットカード現金化業者を比較しているサイトなどで、利用者の口コミや体験談などを確認してみるのも良いでしょう。

気になっているクレジットカード現金化業者の情報が運よく見つかるかはわかりませんが、やはり利用者の「こういう対応だった」「利用金額○円で還元率は○%だった」といった口コミなどはある程度は参考にする事ができるでしょう。

また、クレジットカード現金化業者と電話で会話することもありますが、もしもその時に「サイトの情報と矛盾している?」などを始めとする、不審な点や違和感があった場合も注意しましょう。

最後に、個人でクレジットカードの現金化をする場合も、業者を利用して現金化を行う場合も最終的にはカード会社からの請求がある事を忘れてはいけないのも注意点の1つとなります。

-為になる記事

Copyright© 2014~〔最新2018.12月冬版〕マネフレ All Rights Reserved.