クレジットカード現金化は遊びにも使える使い分け~使い勝手の良さまで

更新日:

クレジットカード現金化の魅力の一つは、遊びにも使えることです。現金化したお金の使い道は自由なため、どんなことにも使うことができます。使い勝手の良さからキャッシングと比べられることも多く、それぞれの違いを知っておくとプラスになります。

クーポン券や特典がたくさんあるクレジットカード現金化

クレジットカード現金化は遊びにも使える使い分け
用途に応じてクレジットカードを使い分ける
クレジットカード現金化の特徴は、キャッシング枠を超えて、ショッピング枠の上限まで現金化できることです。一度に大量のお金が必要な場合はキャッシングよりも便利なケースもあります。一部は生活費、一部は遊びにと自分で配分できるのが魅力です。

現金化のデメリットは手数料がかかることです。ただし、優良な業者を選べば手数料も一桁%台に収めることができます。クーポン券など特典が付くケースもあるため、うまく生かせばかなりお得に利用できます。

キャッシングのメリットは上限額が少ない分使いすぎる心配が少ないことです。ただし、毎月キャッシングをした場合や、複数の会社からキャッシングを受け続けた場合は返済のバランスが崩れる恐れもあります。

クレジットカードのショッピング枠よりも金利が高いことは、メリットにもデメリットにもなります。借りてすぐに返済できれば、現金化よりもお特に使えるケースがあるためです。一方で返済に時間がかかる場合は現金化の方がお得になるケースもあります。

収支と返済のバランスによってどちらがお得かは変わるのがポイントです。計画性があればキャッシングのメリットを生かしやすくなり、不安定要素が多いのであれば現金化の方が使いやすくなることがあるからです。

クレジットカード現金化で遊ぶお金を確保するデメリット

現金化で遊ぶお金を確保する場合にも注意点はあります。常に上限額一杯までお金を借りる状況が続くと、クレジットカード会社が不信に思い、履歴をチェックすることがあるからです。

カードのショッピング枠はあくまでショッピングのために作られた枠のため、現金化のために利用を続けると契約を打ち切られる可能性があります。

クレジットカードの利用規約にも注意事項として利用用途を外れる目的に使わないように書かれていることが一般的で、確認漏れからトラブルに発展させてしまう人もいるのです。

ただし、カードを本当に現金化しているかどうかをチェックすることは難しく、闇雲に停止させてしまえば会社が訴えられる恐れもあります。

そのため、会社は停止にも慎重になります。業者はそれを読んで様々な手法を凝らし、トラブルを避けているのです。

業者を通さずに自分で現金化した方が効率的に思える場合もありますが、自分で調べて現金化することはリスクも自分で背負うことになるということに注意が必要です。

また、クレジットカードのショッピング枠を現金化するということは、形を変えて返済をしなければいけないということでもあります。遊ぶお金に利用するのであれば、いつまで遊び、返済するかまで考える必要があるのです。

増えすぎたクレジットカードの使い分けることが悩みに繋がる

クレジットカードが普及し、社会に浸透しています。

クレジットカードがなければ利用できないサービスなども存在し、様々な会社からクレジットカードが発行されています。

ライフスタイルに合わせて複数のクレジットカードを使い分ける人も増えていて、増えすぎたカードが悩みに繋がるケースもあります

大手小売店から知名度の高いクレジットカード現金化が膨大になる

現在、クレジットカードの種類は非常に膨大なものになっています。

大手のアメリカン・エキスプレスなどの知名度の高いカードだけでなく、大手小売店からもポイントと一体になったカードが発行されることが増えてきています。

ポイントやキャンペーン目当てでクレジットカードを作る人も珍しくなく、気がついたら財布がパンパンになっていると言う人もいます。

自分のライフスタイルにあわせてクレジットカードを選択する事も大切になっているのです。

提携で発行されているメーカー系クレジットカードの種類は多い!

クレジットカードというと大手ネット通販業者など、信販系の会社から発行されているイメージ持っている人も居ます。

例えば、大型ショッピングセンターや家電量販店などから、会員カードとしてカードが発行されることもあります。

メーカー系クレジットカードの種類はたくさんある
提携で発行されているメーカー系クレジットカードの種類は多い!

メーカー系クレジットカードは多数ある

利用で独自ポイントがたまるケースも多く、人気のジャンルになっています。

もともと家電量販店やショッピングセンターが独自のポイントカードを発行することは珍しくなく、メーカー系クレジットカードはポイントカードとクレジットカードをまとめて使いやすくした面があります。

カードを入手する際に、各カード会社の審査を受けなければならなかったり、入手が厳しいこともしばしばあるかと思います。

それに対し、メーカー系のカードは発行のハードルが下がる事が多くなります。

利用目的が限られることから上限額が低めに設定されることが多く、その分審査も簡便になる事が多いからです。

普段から自分の使っているお店のカードを発行すれば、ポイントアップなどの特典を受けられるケースが増えます。

コンビニ各社でも独自のカードが発行されていて、申し込み時に特典が貰えることも一般的になっています。

クレジットカードを作れば、その会員になっているというだけでさらに多くの特典を得ることができるのです。

キャッシング機能をつけられるケースもあり、お金を借りたい時に便利な場合もあります。

それにキャッシング機能がなくてもいざという時は、クレジットカード現金化を利用するのも方法です。

ショッピング枠さえあれば利用できるため、使うクレジットカードの種類を選ばないのも魅力です。

楽に管理をする銀行系(メガバンク)クレジットカードは一つにまとめておこう

メーカー系クレジットカードに対し、銀行から発行されているカードは銀行系クレジットカードと呼びます。

銀行系クレジットカードは審査が厳しくなる傾向があり、ステータス性の高いクレジットカードも存在します。

また、銀行のクレジットカードを持つ場合、キャッシュカードとクレジットカードを一つにまとめられるというメリットがあります。

キャッシング機能とクレジット機能を持つカードを別々で二枚持っていると、カード紛失リスクが高くなる上管理面も大変になります。

カードを1つにまとめてしまえば管理を楽にする事ができます。

クレジットカードを一つにまとめてみよう!

カードを1つにまとめると管理が楽です

自分の普段使っている口座の銀行からカードを発行すれば、様々な恩恵を受けられるようになります。

それに、24時間振込み対応が可能なメガバンクも誕生しているため、利便性の高いクレジットカードを作っておくと生活に幅が出ます。

一方で、キャッシュカード一体型のクレジットカードを紛失すると再発行に手間がかかるというデメリットがあります。

再発行までキャッシュカードが使えなくなるため、管理に注意が必要なのです。

それに、カードの引き落とし口座を別の銀行に移すことができないなど、口座管理に制限がある点も理解が必要です。

被害も最小限で抑える家族で共有するカードがあるのをご存知でしたか?

クレジットカードには審査が存在し、年齢の関係や専業主婦で収入がないなど、審査をクリアできないケースがあります。

クレジットカード発行の条件は定期的な収入がある事です。

しかし、例外は存在し、収入がある人の家族カードとしてクレジットカードを発行できるケースがあるのです。

契約者の信用を担保に家族に対してクレジットカードを発行するため、収入がない人もクレジットカードを持つことができます。

ただし、年会費のかかるカードの場合は二枚発行をすることで余計に年会費がかかってしまうことに注意が必要です。

クレジットカードの特典などをチェックした上で、年会費無料のカードから優先的に家族カードを作るなど工夫も大切になります。

またカード関連では子供が親のカードを無断で使い、多額の使用をしてしまうという事故も起こり得ます。

そんなことがないように、家族で使っているカードがどのくらい使用されているのかを一括で管理することが可能です。

引き出しすぎを防ぐためにキャッシング枠を小さく設定しておくことや、ショッピング枠のみにする事も可能です。

困った時はショッピング枠の現金化も可能ですが、使いすぎを防ぐために上限額自体を設定して作る方法もあります。

高いランクステータスで大人買いカードを使い続ける狭き門とは

アメリカン・エキスプレスなど知名度の高いカード会社から発行されているカードの場合、クレジットカードにランクが存在しています。

ノーマルカードゴールドカードプラチナカードブラックカードという順でカードのランクが上がっていきます。

高いランクステータスで大人買いカードを使い続ける狭き門とは

カードを使い続けてみよう

ポイント還元率や海外旅行時の付帯保険などメリットが多い一方で、取得が難しいだけでなく維持費がかかる事に注意が必要です。

カードにランクが存在していることを知っていたという人は多いかと思いますが、実際に上位のランクのカードを入手することは難しいことでもあります。

プラチナ以上のカードになると、カード会社の方から招待を受けることが必須になっており、それを受けられなければ申し込みをすることもできないのです。

招待を受けたい場合は年収の条件をクリアするだけでなく、年間のクレジットカード使用額が大きな影響を与えます。

ステータス性が高いカードの場合は、年間で数百万単位の買い物を続けなければ発行を受けられないケースもあると言われています。

ただ年収が高ければ良いわけではなく、カード会社に認められるほどの高い信頼性があるクレジットヒストリーを持っているかどうかがポイントになるのです。

また、年齢と年収の水準を満たさなければ発行を受けられないカードも存在します。

社会的な信用も積み重ねなければ発行を受けられないクレジットカードが存在する事もステータス性に影響を与えているのです。

持つこと自体が難しいからこそ、高いランクのカードはステータス性が高くなります。

高いランクのカードは年会費も高くなるケースが一般的で、維持をしていくのも大変になってきます。

維持費が払えなければカードの発行自体を受けられないため、ある意味当然とも言えます。

ゴールドカードを手にするために、ノーマルカードを使い続けてクレジットヒストリーを積み上げていくことも地道で確実な方法かもしれません。

年会費を上積みすればランクを上に上げられるわけではないのです。

また先ほどの家族カードを発行する際は、一つのカードの付帯保険やサービスを家族で共有することができるようになります。

家族の誰かがゴールドカードなど優待されるカードを持っている場合は、その家族カードを作ることのメリットは更に大きくなることでしょう。

自分に最適な生活範囲で選ぶクレジットカード現金化で普段の買い物をする

クレジットカードは多くのものがありますが、大事なのは自分の生活範囲、ライフスタイルに合わせて選ぶということです。
自分が普段から使うお店のカードを用意するだけでも、普段の買い物もお得にしていくことができます。

クレジットカード現金化はカードの使い道を広げるために利用が可能で、カードを増やさないためにも活用できるのです。

消費者金融から借入を受けようとすればキャッシュカードが増える結果になります。

クレジットカードにキャッシング機能を追加する場合も、審査が必要になるケースがあるため、スピーディーに現金を用意したい場合は現金化の方が便利なことがあります。

-為になる記事

Copyright© 2014~〔最新2018.11月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.