今ではネット上でクレジットカードを用いた現金化が申し込めるようになりましたが、ここで考えたいのがクレジットカード現金化の「安全」についてです。本当にクレジットカードを用いた現金化は安全なのかについて、今回は現金化を「個人で行う場合」と「業者に依頼して行う場合」の両面から安全について考えてみましょう。

安全性のあるクレジットカード現金化について今昔の方法を探してみる

更新日:

クレジットカードの現金化は本当に「安全」なのか?色んな角度から考察!

クレジットカード現金化の昔と今の方法から安全性を考える


クレジットカードの現金化という宣伝などを見た事がある方も多いかもしれませんが、これはクレジットカードを売ってお金にするというわけではありません。

まず、クレジットカードはショッピング枠とキャッシング枠があり、ネット通販などでクレジットカードを使う時はショッピング枠、お金を借りるときはキャッシング枠を使用します。

クレジットカード現金化ではこのショッピング枠を使用して、一昔前であれば新幹線の回数券や、換金性の高い貴金属や家電をカードで購入して金券ショップに持っていってお金に換える、と言う方法がありました。

そして、インターネット技術の発展により、クレジットカードでネット通販の買い物などがやり取りをできるようになりましたが、同時に現金化までできるようになってしまったのです。

最近ではインターネットからクレジットカード現金化業者に現金化を申し込めるようになり、表向きはその業者から商品を購入、そしてキックバックで還元率に応じたお金を受け取れる、という方法があります。

しかし、ここで考えたいのがクレジットカードを利用した現金化という行為における「安全性」についてです。

今も昔もやり方としては「クレジットカードのショッピング枠を使って現金化する」という方法ですが、本当に安全なのでしょうか?

クレジットカードの現金化における安全性はあるのか?「自分でやる場合」と「業者に頼む場合」から考える

クレジットカード現金化において、安心と安全はあるのか?についてですが、まずクレジットカード現金化に関しては「自分で現金化をする」と「業者を通じて現金化する」があります。

自分でクレジットカードの現金化をする場合

自分でクレジットカードの現金化をするというのは換金性の高い物をクレジットカードで購入して売ってお金を作ると言う方法です。

この方法は昔からありましたが、この方法の安全な所は「業者」が入らないという点であり、悪質なクレジットカードの現金化業者に騙されて損失を受けることがありません。

ただし、換金してお金を入手するまで自分で全てやる必要があり、人によっては交通費などで余計な出費も重なる可能性もあります。

クレジットカードの現金化業者を通じて現金化する場合

クレジットカードの現金化業者も最近増えており、ネットなどの広告でその存在を知った方も多いのではないでしょうか?

クレジットカードの現金化業者を利用してクレジットカードの現金化をする場合の安全な点として、クレジットカード会社に「現金化がバレにくい」という点がメリットとして挙がります。

さらに最近ではネットからの申し込みですぐに振り込まれるので、換金していることを周囲に知られずに素早くお金を手にする事できます。

ただし、業者によって現金化までの方法、対応が異なるので、事前の調査を行う必要が出てきます。

クレジットカードの現金化を「自分で行う」場合の安全性について考察

まず、自分でやる場合ですが、個人的にできる換金方法と言えば新幹線の回数券、換金性の高い物を売る、という方法ぐらいしかありません。

そして自分で全て行うのであれば、何を購入するのか?そして換金まで全てやる必要性があるのでかなり面倒ですが、誰かの手を借りないという意味では安全かもしれません。

しかし、クレジットカード会社によっては「この人急に換金性の高い物を買い始めたぞ?」とすぐにマークされてしまうリスクがあります。

特に普段からキャッシング枠一杯にお金を借りている場合、ショッピング枠を使ってよく換金性の高い物を買う人は、クレジットカード会社内で「現金化に手を出すかも?」と要注意人物になっている可能性も高いのです。

そのため、運が悪いとクレジットカード会社から電話がかかってくることがあり、ここからクレジットカードの現金化をしてたことがバレる事も非常に多いのです。

よって、安全性の面から見ると個人的にやるのはクレジットカード会社に目を付けられ、カード利用停止になってしまう恐れがあるのです。

個人よりも業者のほうが安全なのか?クレジットカード現金化業者を利用する安全性はあるのか?

最近はクレジットカード会社も現金化による不正利用を警戒しており、個人で現金化をしようとすれば眼を付けられ、現金化している疑いがすぐにかかってしまいます。

では、クレジットカードを現金化する業者を利用したほうがバレにくいのでしょうか?

確かにクレジットカード現金化業者を利用すれば、見た目上は「ネットでお買い物をしただけ」にしか見えず、銀行にお金がキックバックで入っていることはカード会社にはわかりません。

しかし、クレジットカード現金化業者も悪質な業者もいる場合がありますので、詐欺などによる被害を防ぐためには利用する前に念入りなリサーチが必要です。

また、クレジットカード現金化業者を調べるためには利用者などの口コミなどを確認したり、比較サイトなどでの評価を見るのが良いですが、少し時間がかかってしまいますので急ぎの人にとっては入念にできない可能性もあります。

なので、安全面から見るとカード会社にバレる可能性は低いかもしれませんが、利用する上で安全な業者を探すのが大変かもしれません。

以上から、クレジットカード現金化は個人でやる場合と業者を利用する方法で安全性は大きく異なりますので、よくよく検討して判断してください。

クレジットカード現金化を安全に利用したいなら詐欺サイトに注意

クレジットカード現金化を安全に利用したい場合は優良な業者を選ぶのが基本になります。

ポイントになるのが、違法なクレジットカード現金化業者はほとんど存在しないことです。

金融に関する法律や個人情報に関する法律が厳しくなり、違法なクレジットカード現金化は儲けを出すことが難しくなっています。

ただし、クレジットカード現金化業者を装う詐欺サイトなどは存在するため、安全に利用するためには実績がある業者を選んだ方が安全なのです。

実績がある業者かどうかは、口コミや企業の設立年月日などがわかるかどうかがをチェックすればわかります。

しっかりとした業者の場合は運営会社の住所情報などがチェックできるケースが多く、サイト上からアクセスできるかも大切になります。

念を入れたい場合は住所情報をインターネット検索で調べ、実在の住所か調べてみるのも方法です。

法律に基づいて運営している業者は古物取り扱いの免許を表示するなど、信頼を得るための工夫をしているのもポイントです。

詐欺サイトは電話番号が携帯電話番号である場合や、個人情報収集のための初期入力情報が多いなどの特徴があるのもポイントです。

複数のクレジットカード現金化業者を比較して、不要な情報がないかチェックするのも安全に利用するポイントになります。

クレジットカード情報を直接やりとりする場合や、見積もり自体に料金がかかる場合は間違いなく詐欺サイトになります。

ワンクリック詐欺のようなサイトもあるため、まずしっかりとしたクレジットカード現金化業者を探すのがおすすめです。

クレジットカード現金化が安全ではないというイメージはどこから?

クレジットカード現金化が安全ではないというイメージを持っている人もいます。

イメージが悪い理由の1つとなっていたのが換金率の低さや、現金化業者が逮捕されたという事例です。

利用して満足ができなかった人がクレジットカード現金化業者を問題視し、事件化するようなケースもあったのです。

実際に業者が逮捕された事例もありますが、利用者が逮捕された事例はないのがポイントになります。

クレジットカード現金化の手法にも種類があり、問題視された手法もあったのです。

ただし、クレジットカード現金化業者も規制や問題を避けるように改善を進めているため、優良な業者ほど安全性が保たれるようになっています。

また、amazonギフト券の買取に代表されるように、非常に換金率が高く、手軽にクレジットカードを現金化する手法も生まれています。

現金化を目的にクレジットカードを利用した場合はクレジットカード会社の利用規約に反する可能性がありますが、あくまでカード会社との契約の問題であり、違法とは言い切れないのもポイントです。

現金化を目的にした利用であることを証明すること自体が難しいだけでなく、現金化業者もトラブルを避けるための様々な手法を生み出しています。

換金率が高く、設立から年数がたっているクレジットカード現金化業者であれば安全に利用できることの方が多いのです。

安全に利用したいのであればネット業者の違いと店舗業者の違いにも注意を

安全にクレジットカード現金化業者を利用したい場合は、ネット業者と実店舗型の業者の違いにも理解が必要です。

実店舗型の業者は銀行への振込みではなく現金で直接受け取れる場合があるのが魅力です。

ただし、換金率が低いケースが多く、事前に確認しておかないと不満に繋がりやすいのです。

ネット業者のように換金率の比較が難しいケースもあるため、実際に問い合わせないとわからないなど不安に繋がりやすいのがポイントです。

事務所をたたむことを前提にすれば、詐欺にも利用できるのが特徴です。

クレジットカード現金化を副業的な詐欺に使い、実際は架空の業者などということもありえます。

しっかりと実体が確認できない店舗型の業者の場合は避けてしまうのも方法です。

店舗型で携帯電話が連絡先などである場合はなおさら警戒する必要があります。

店舗型の業者のクレジットカード現金化手法は業者によっても異なるため、実際問い合わせなければならないことが多いのもポイントになります。

そのため、主な手続きをネットでできることが確認できるネット業者の方が安全と考える人も増えているのです。

また、問い合わせても換金率の目安を教えてくれない業者は避けるのが基本になります。

例外的に出張でのクレジットカード現金化に対応してくれるなど、ネットに弱い人でも使いやすく安全性が高い店舗型業者も存在します。

それでも換金率や換金速度などは比較の対象になるため、自分にとってメリットがあるか比較した方が良いのです。

クレジットカードの利用規約が気になる場合でも安全に使える?

クレジットカードの利用規約がクレジットカード現金化の障害になるケースもあります。

クレジットカードのショッピング枠はショッピングのために利用するものであり、現金化のために使うものではないからです。

しかし、クレジットカード現金化業者は一度amazonギフト券等を顧客に買ってもらい、そのギフト券等を買い取ることで規約を回避するようにしています。

ギフト券は利便性が高いため現金化目的で購入していると判断するのが難しいのもポイントです。

ただし、クレジットカード会社も不正な利用を警戒しているため、常に借入額が満額で、amazonギフト券を継続的に、大量に購入している場合は不信な買い物と思われるケースがあります。
借入額が常に満額の場合は返済リスクに対しても敏感になってしまうため、トラブルにあう確率も増えてしまうのもポイントです。

多重債務に陥っている場合は借入額の限度額が下げられて突然使えなくなってしまうようなケースもあります。

クレジットカード現金化は非常に便利ですが、手数料が引かれます。

常に使うような状態になってしまうと返済がどんどん大変になってしまうこともありえます。

計画的な利用と返済をセットに考える必要があるのです。

クレジットカード現金化で返せそうな債務を返済し、月々の支払いの負担を減らしていくなど工夫する人もいます。

バランスをとりながら利用することが安全に安心して使うポイントにもなっています。

-為になる記事

Copyright© 2014~〔最新2018.11月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.