商品券の買取はクレジットカード現金化の手段としてメジャーなものになりつつあります。特にamazonギフト券は人気が高く、どのような手段で現金化するかを知っておけばクレジットカード現金化業者利用の魅力もわかりやすくなるのです。

商品券(amazonギフト券)の現金化は効率的?買取のメリットとデメリット

更新日:

商品券の買取はクレジットカード現金化の手段としてメジャーなものになりつつあります。

特にamazonギフト券は人気が高く、どのような手段で現金化するかを知っておけばクレジットカード現金化業者利用の魅力もわかりやすくなるのです。

商品券(amazonギフト券)の現金化はどうして人気になったのか

急な出費でお金に困る人は珍しくなく、ついついお金を使いすぎて給料日前に金欠になった経験がある人も多いはず。

どうしてもお金が足りないときはカードローン等に頼りがちですが、審査の手間や書類の作成が面倒だという人もいます。

また、すでにカードを持っているため新しいカードを増やすのも気が引けるという人もいます。

そのため別の方法でお金を工面する必要があるわけですが、その際に利用されることが多くなってきているのがクレジットカード現金化です。

特に商品券(amazonギフト券)の現金化は人気で、クレジットカードで好きな額を購入し、売却するだけという手軽さが特徴です。

amazonギフト券はコードのやり取りで取引ができるため、ネット上で完結して高い還元率を確保できる事も人気に拍車がかかる要因になっています。

爆発的な人気を誇っている現金化による現金調達法

爆発的な人気を誇っている現金化による現金調達法
現金化による現金調達法でお金を掴み取れ!
クレジットカードの現金化の手法は増えていて、様々な手段で現金を得ることができるようになっています。

家電をリサイクルショップなどに売るという方法もありますが、商品券やギフト券が人気なのは換金率が非常に高くなっているためです。

商品券やamazonギフト券の買取価格は額面の90%を越えるケースが多く、高い場所では95%を超える換金率になるケースもあります。

様々な手数料を差し引いてもかなりの金額が手元に残る場合があるのです。

金券ショップでの買い取り価格も安定していて、目減りする事が少ないのもポイントになっています。

商品券などが人気になっている理由の一つが、インターネットショッピングが普及したことです。

インターネットのショッピングサイトを経由すると、本来現金でしか購入できない商品券やギフト券がクレジットカードで購入できる場合があるのです。

これは文字通りギフトとして使われるケースが多いためで、消費者の利便性を確保するためでもあります。

結果としてインターネット経由でギフト券の売買が加速し、それを買い取る業者や、個人で売買をする人が増えたのです。

amazonギフト券から生まれるキャッシュフロー

amazonギフト券から生まれるキャッシュフロー
amazonギフト券からキャッシュフロー
amazonギフト券の売買はクレジットカード現金化の手段としてメジャーなものになっています。

アマゾンの公式サイトで購入できるわかりやすさだけでなく、ショッピングの選択肢が多く使い道に困らない利便性も魅力になっています。

amazonギフト券を専門的に売買するサイトも数多く誕生していて、高額の買取も珍しいものではなくなっています。

日ごろの買い物のためにアマゾンにクレジットカード情報を登録している人も珍しくないため、購入のハードルが低いのも魅力になっています。

もちろん注意点もあります。

ギフト券を専門に取引するサイトは多くあるものの、別途手数料がかかるサイトもあることです。

表示される金額が高額に見えても、実際に取引が終わってみると思ったよりも安かったということがありえるのです。

売買が成立後は一旦売上げがプールされ、引き出しのための手続きをしてから始めて口座に振り込まれるケースもあります。

専門サイトを通さず個人で取引をする人もいますが、金銭トラブルに発展するケースもあります。

自分で売るよりも換金率が高い場合がある

自分でamazonギフト券等を現金化できるとなると、クレジットカード現金化業者を使う必要がないと考える人もいます。

しかし、実は業者を利用するメリットも存在し、自分で売買を行うよりも手軽なケースがあるのです。

一つは売買の時間を短縮できることです。商品やギフト券を換金するためには売買のための手続きが必要です。

金券ショップへの売買であれば持ち込むまでの移動時間が必要で、ネット取引の場合は取引相手を待つ時間が必要になります。

お金が振込みの場合はさらに時間がかかるケースがあります。

クレジットカード現金化業者の場合は、商品券などをすぐに買い取ってくれます。

申し込みから数分で手続きが完了するケースが多く、完了後すぐに振込みが行われる場合が多くなっています。

また、業者の方が自分で売るよりも換金率が高いケースもあります。

クレジットカード現金業者は独自のノウハウをもっていて、一般よりも高い換金率を実現している事が多いのです。

実際に自分で売る手間や振込みまでの時間差を考えると、業者を利用した方がお得なケースもあります。

誰にでも喜ばれるamazonギフト券とは?タイプ別と種類の違いを徹底解説!

amazonギフト券とはamazonが発行するギフト券で、世界で最もメジャーなギフト券として定着しつつあります。

様々なタイプがあり種類ごとに利用目的をかえられるのが魅力です。ギフトとして使われるだけでなく売買も活発で、専用の取引サイトなども存在するのです。

amazonギフト券とは一体何?タイプ別に違いがあるのもポイントになっている!

amazonギフト券とはコンビニなどで購入できるカードタイプだけでなく、電子的に発行できるコードなども含めた幅広い範囲を示しています。

様々なタイプがあるため、誕生日プレゼントやちょっとしたギフトとして使いやすいのがポイントです。

その便利さから世界でもトップクラスのシェアを誇るギフト券に成長しています。

特徴的なのが自分で金額が調整できるタイプのギフト券が存在することです。

また、クーポンコードを入力すればアカウントへのギフト券登録が可能なため、Eメールなどでコードのみを渡すこともできます。

ギフト券を直接渡さなくても良いというのは大きな魅力なのです。

amazon公式サイトからクレジットカードでギフト券を購入することも可能です。

ギフト券の取引自体も活発で、amazonギフト券を売買する専門のサイトも存在します。

数%のディスカウントで購入できることから気軽な現金化の手段や、節約の手段としても活用されているのです。

amazonギフト券の種類はどれだけあるの?

amazonギフト券はデジタルタイプと配送などに対応するタイプ、店頭で購入するタイプに分けることができます。

デジタルタイプはコードの入力で利用できるのがメリットで、配送タイプはコードが印字されたカードなどを送って登録する仕組みになっているのです。

コンビニなどの店頭で購入するタイプは、カードタイプと金額を入力して印字するタイプが存在します。

デジタルタイプはEメールで受け取れるほか、プリンターなどで印刷することができます。簡単に発効できることと人に渡すのが簡単なことが魅力です。

amazon公式サイトで購入できる配送タイプはギフトボックスや封筒、マルチパック、グリーティングカードから選ぶことができます。

デジタルタイプは15円から発効が可能で、配送タイプは1000円からの注文が可能です。写真をアップロードしてオリジナルのギフト券を作ることもできます。

店頭で購入できるカードは3000円から、印字して作れるシートタイプは2000円から選ぶことができます。

また、1500円から1円単位で指定できるバリアブルタイプも販売されているのもポイントです。

amazon公式サイトからならクレジットカードで購入できるのもポイント

amazonギフト券をコンビニなどのお店で購入する場合は現金で購入する必要があります。

一般的なギフト券も現金でしか購入できないため、使い勝手の面で難しい部分があるのです。

ただし、amazon公式サイトからであればクレジットカードを利用してギフト券を購入できるため、決済の便利さから選ばれることも多いのです。

クレジットカードで決済をした場合は、クレジットカード独自のポイントが貰えるのが魅力です。

還元率の高いクレジットカードを利用して、ポイントバック目当てにamazonギフト券を購入する人もいます。

人にプレゼントするだけでなく自分で使っている人も珍しくないのです。

コンビニで購入する場合はクレジットカードで電子マネーを購入してからamazonギフト券に返るといった手法も存在します。

しかし、手間がかかるので面倒と考える人も多く、amazonからそのまま購入する人が多い理由にもなっています。

amazonギフト券を使った取引も活発なのがポイント

amazonギフト券を使った取引も活発で、ギフト券の買取を行う専門的なサイトも存在します。

amazon券をクレジットカードで購入して専門サイトで売却し、現金化する人がいる程です。

割引価格でamazonギフト券を購入したいという人も多いため、双方にメリットがあるのがポイントになります。

注意したいのは金券ショップなどではamazonギフト券を処分することができないことです。amazonギフト券はコードを入力すると無価値になってしまいます。

コードが有効かどうかを確認するためにはアカウントへの登録が必要になりますが、登録してしまえば他の人に売却することもできなくなります。

危険ショップではギフト券が有効かどうかを確認する手段がないため、買取自体ができないのです。

amazonギフト券の売買をする場合はネットを経由するのが基本になります。うまく利用してクレジットカードのショッピング枠を現金化する人もいるのです。

Amazonギフト券を扱う専門的なクレジットカード現金化業者も存在します。

amazonギフト券買取で現金化!人気になっている理由まとめ!

amazonギフト券買取はクレジットカードの現金化手段としてメジャーになっています。

しかし、ギフト券には種類があり、買取できるものに制限があることに注意が必要です。

どのような買取方法を選ぶかも大切で、手数料や現金化のスピードに影響が出てきます。

amazonギフト券は買取して貰える?上手に現金化するためのポイント!

amazonギフト券は様々な場所で購入することができます。amazon公式サイト以外にもコンビニなどで販売されていて、自分で使うだけでなくプレゼントにも使いやすいのが魅力です。

また、実用性が高いことから買取も活発で、amazonギフト券を取引する専門サイトなども存在するのです。

注意したいのは売買できるamazonギフト券は種類が限定されることです。個人取引の場合はどのような種類でも売買ができます。

しかし、amazonギフト券はギフトコードが登録済みのものかどうか外から確認する手段がなく、一般的な金券ショップで買取をして貰うことができないのです。

現金化をするのであればリスクを背負って個人で売買をするか、ネットの専門サイトで売買することになるのです。

amazonギフト券は個人間取引仲介するサイトも多い

amazonギフト券を現金化しようと考えた場合は、専門業者に買取を依頼するか、個人間取引を仲介するサイトを利用するのが一般的です。

個人間取引仲介サイトの特徴は、自分で音付けができることです。

ギフト券を何%割引で売るかを自分で設定できるため、時間をかけて高い価格で売るか、短時間で売るために値引率をあげるか選択しやすいのです。

自分でギフト券を購入することも可能で、ディスカウント価格でamazonギフト券を手に入れることもできます。

ただし、システム上の問題で売却からの振込みには時間がかかる場合があることが多く、振込み手数料などの手数料が引かれる確立もあがります。

見た目の売却額が高くても、手数料などの影響で金額が下がってしまうケースもあるのです。

取引仲介サイトは自動化されているケースが多く、説明を読まずに使い始めるとイメージのギャップが生じやすいのもポイントです。

専門のクレジットカード現金化業者と比較した上で、より良い方を選ぶのがオススメです。

amazonギフト券専門のクレジットカード現金化業者も存在する

amazonギフト券の買取を目指すのであれば、クレジットカード現金化業者を利用するのも方法です。

仲介サイトのように個人間取引を行うのではなく、業者がギフト券を買取してくれるのが特徴です。

確実に業者が買取をしてくれるため取引がスピーディーですぐに現金がほしい人に人気になっています。

買取率は90%前後で、少額でも80%よりも高いことが一般的になっています。

Amazonギフト券の個人取引よりも若干低い換金率になりますが、手数料込みの数字で表示をしている業者が多いのです。

また、初めて利用する場合は手順の説明が行われるため、取引の方法がわかりやすいのも魅力になっています。

即日振込に対応する業者も多く、24時間振込対応の金融機関の口座があれば休日でもお金が受け取れる場合があります。

スピード重視の場合はクレジットカード現金化を検討してみるのも方法です。

amazon公式サイトからであればクレジットカードでamazonギフト券を購入できます。

個人取引の仲介サイトでトラブルが起きる場合もあるため、リスクを避けるために業者を利用する人もいます。

詐欺などがあればクレジットカード現金化業者が営業できなくなるため、安全面を重視するのもおすすめです。

-為になる記事

Copyright© 2014~〔最新2018.11月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.