アクセスしやすい現金化店舗型ショップ一覧

目次(クリックして表示)

クレジットカード現金化業者「店舗型」と「無店舗型」の違い

クレジットカード現金化には「店舗型」業者と「無店舗型」業者が存在します。

現金化の店舗型業者は特定の場所に実店舗を構えており、利用者は直接そのお店に足を運ぶことで利用ができます。

クレジットカード現金化などの手続きは店舗スタッフとやり取りしながら進めていくという形をとります。

都道府県の各主要都市にお店を構えることが多く、駅や幹線道路からのアクセスが良い場所にあります。
一方無店舗型の業者は、実店舗を置かずに業者のサイトのみで営業しています。

利用者はサイトにアクセスしてWebや電話から利用申込を行います。

本人確認などもネットで行うことが多いため、ネット環境が整っていないと利用しづらいかもしれません。

店舗型クレジットカード現金化業者のメリットとデメリット

店舗型現金化業者の一番のメリットは、なんといっても利用者と業者がお互いの顔を見ながらやり取りできることです。

ネットのみのやり取りになると相手に対する情報があいまいで、しかも不明な点をその場でちょっと質問したい時にも不便です。

その点店舗型業者はスタッフがそばについていてくれますので、サービスの内容や手続きの流れなどを確認しながら行うことができます。

また、手続きが完了したらその場で現金を手渡ししてくれるのも安心。

一方店舗型業者のデメリットは、直接お店に足を運ばなければならないことです。

交通アクセスの良い場所にいるのであれば問題はないのですが、電車やバスなどの便が悪い場所だと店舗に出向くのが困難な場合もあります。

店舗型業者にも存在する!悪質業者には気を付けよう

対面式のやり取りが安心の店舗型クレジットカード現金化業者ですが、だからといって油断は禁物。

中には悪質な業者も存在します。

店舗型業者の利用を検討する場合には、無店舗型の業者の情報を調べるのと同様、店舗のサイトや評判を詳しくチェックしましょう。

還元率の流れ、本人確認の方法や個人情報の取り扱い、申込から現金を受け取るまでにかかる時間など、知りうる限りの情報を事前に調べておくと安心です。

店舗という閉じられた空間でやり取りをするため、威圧的な態度で臨む悪徳業者もある。

知らず知らずのうちにそのような業者を利用しないよう注意が必要です。

現金化店舗型業者リスト一覧

  • スマギフト
    スマギフト

    カンタンWEB申込~電話でも申し込みできギフトカードを売りたい人に適した『スマギフト』は金券の売却や買取販売も実施しております

  • ギフトバンク
    ギフトバンク

    急場の資金繰りで困り果てた時、頼れるみんなの味方としてお客様から愛され続ける『ギフトバンク』は仮想通貨やビットコイン買取も致します!出張や旅行の際に是非ともご利用ください。

  • 新橋ギフト
    新橋ギフト

    港区新橋駅近辺に店舗を構えるサラリーマンご用達の現金買取専門店『新橋ギフト』ではお客さまにサービス向上に努めたおかげでリピーターが80%を占めております!

  • 大宮ギフト
    大宮ギフト

    ※ホームページ更新作業中

  • eチケット
    eチケット

    急な出費などのご要望にお応えする現金化専門店『eチケット』は相場に応じた高額買取が可能!専門のアドバイザーからの最適なマネープランのご提案でお客様のサポートも充実しております

  • 親和チケット
    親和チケット

    迅速な接客対応で親切で丁寧をモットーとする安心店舗の『新和チケット』ならご不要になった貴金属買取は全国トップクラスの相場だから高価買取を実現します!

  • えびすやさん
    えびすやさん

    家電やゲーム機をその場でお買い取り!スピード最短30分の現金化を可能とする『えびすやさん』はあなたのお手元に現金をお渡しすることができます。【リピーター様限定】のレビュー投稿で換金率0.5%UPもやってます。

  • 町田チケット
    町田チケット

    お忙しいお客様に便利な現金化として浸透しつつある迅速丁寧なご案内できる『町田チケット』では店舗運営をしながら全国に振込の対応をしている数少ない専門店なんです!

  • 太陽ギフト
    太陽ギフト

    「必要資金」の調達にお役立ていただいている『太陽ギフト』では高価買取・急場資金調達の利用して頂いているお客様にとってかなり重宝されている専門店です。90%の換金実績で主要ターミナルに店舗を構えているサービスをご覧下さい。

  • ジャック
    ジャック

    即日現金化できるお店として大阪のお客様に満足されている『JACK』では安全で安心のトラブルのないサービスを提供してくれます

クレジットカード現金化業者は店舗よりも無店舗の方がメリットが多い

クレジットカード現金化業者には店舗型と無店舗型の二つがあります。

運営時間、入金までの時間、掛かる手間。

同じように見えて、店舗型と無店舗型は大きく違うんです。

そんな店舗型と無店舗型には、それぞれどんな特徴があるのでしょうか?

そして、高換金率で安全なのはどちらなのでしょうか。

クレジットカード現金化業者は、店舗型と無店舗型の二つが存在するのをご存知ですか?

店舗に直接売りに行く店舗型。

ネットを介して取引をする無店舗型。

このどちらが安全でオススメなのか、そしてどんな違いがあるのか気になりますよね。

クレジットカード現金化の店舗型と無店舗型、それぞれのメリット・デメリットとは?

どちらが換金率が高く、安全な現金化業者なんでしょうか。

店舗型は相手の顔を見てその場で取引できるのが魅力

まず、店舗型の魅力ですが、一番のメリットは相手の顔を見てその場で取引できる事。

全てネットで完結してしまう取引だと、相手の顔や雰囲気がわからなくて怖いですよね。

店舗型は取引する相手、そして店舗の雰囲気を自らの目で確認できるので、安心なんです。

そしてもう一つのメリットは、その場で取引が完了する事。

店舗に行って買い取りが決まったら、その場で現金を貰う事ができます。

入金が後日になる、商品は渡したのに入金されない、という事は店舗型ではありません。

逆にデメリットは、店舗に直接足を運ぶ必要がある事。

商品を買い取ってもらう際は、直接店舗に行って取引をしなくちゃいけません。

買取金額を比較する為に他の店舗にも行く場合は、かなり手間が掛かってしまうんですね。

また、取引時間が決まっているのもデメリット。

営業時間内に行かなければ、取引は翌日以降になってしまいます。

その為、早朝や深夜に急にお金が必要になった時、店舗型では対応できないんですね。

相手の顔が見えその場で現金が貰える安心感があるけど、手間が掛かる。

これが店舗型の特徴です。

いつでもクレジットカード現金化ができるのが無店舗型

次に無店舗型の特徴です。

そのメリットは、全てネットで完結できる事。

わざわざ店舗に商品を持っていく必要なく、商品の購入から入金まで全てネットだけで終わります。

その為、自宅からでも仕事先からでも、スマホ一台持ってればどこでもクレジットカード現金化ができるんですね。

また、いつでも取引できるのも無店舗型のメリット。

無店舗型は24時間営業してるところも多く、ネットバンクさえあれば早朝でも深夜でも土日休日でも即日入金してくれるんです。

今すぐお金が欲しい人には、いつでも取引・入金をしてくれる無店舗型は魅力的ですよね。

逆に無店舗型のデメリットは、相手の顔や姿を見て取引ができない事です。

全てネットで完結できる無店舗型は、その分、相手の素性がわかりにくいという欠点があります。

つまり、相手の姿が見える店舗型とは真逆という事ですね。

ただ、匿名で取引したいという人も大勢いると思うので、これは完全なデメリットとは言えないんじゃないでしょうか。

基本的にメリットばかりなのが無店舗型なんです。

店舗型じゃなく無店舗型の方が換金率は圧倒的に良い

それぞれの特徴がわかったところで、どちらの方が換金率が良いのか気になりますよね。

結論としては、換金率の高さは無店舗型が圧倒的に良いです。

店舗型は光熱費や家賃など、その店舗を維持する費用が掛かってしまいます。

その為、少しでも自社の利益を出そうと、換金率は低めになりがちなんですね。

そして、無店舗型の場合ですが、事情は店舗型とは真逆。

店舗の維持費が一切掛からない運営方法なので、それを換金率にちゃんと反映してくれます。

つまり、高換金率になりやすいという事ですね。

店舗型の場合、換金率は70%前後が相場ですが、無店舗型の場合は75~85%前後が相場。

5%以上も換金率が変わってくるんです。

また、無店舗型は取引金額によっては90%以上の換金率になる事も。

当然、店舗型で90%近くの換金率はまず無理です。

換金率という面では無店舗型が圧倒的に優れてるので、少しでも高換金率がいいなら無店舗型が選択肢の一番手になります。

安全性は店舗型と無店舗型のどちらも大きな差はない

グレーなイメージがあるクレジットカード現金化は、安全性も大事なポイントですよね。

その安全性ですが、店舗型と無店舗型に大きな差はありません。

無店舗型は悪徳業者も紛れてるから、店舗型の方が安全なんじゃ?

そう思う人もいるかもしれませんが、悪徳業者が紛れているのは無店舗型だけじゃありません。

店舗型にも悪徳業者は多く、個人情報を利用したり等の詐欺行為を働く店舗型の業者も多いんです。

店舗型と無店舗型、どちらも悪徳業者は紛れてるので、その点での安全性は変わりません。

逆に、店舗型にはカードの利用停止のリスクが付き纏います。

換金率が高い商品を購入しようとすると、カード会社にクレジットカード現金化がバレる可能性が高く、カードの利用停止になってしまう事も。

無店舗型の場合、購入するのは換金率が高い商品じゃなく普通のものなので、逆にカード会社バレのリスクは低いんですね。

悪徳業者のリスクは同じ、でもカードの利用停止のリスクは店舗型が上。

安全性という面ではほぼ変わりがないか、無店舗型の方が上なんですね。

特徴や換金率、安全性を比較した結果、オススメなのは無店舗型の現金化業者です。

店舗型のデメリットを全て克服してるので、クレジットカード現金化を考えてるなら無店舗型がいいと思います。

ただ、ネットが苦手な人にとっては、店舗型も選択肢に入るかもしれませんね。

クレジットカード現金化で後悔しない為に、店舗型と無店舗型、それぞれ自分に合った方を選びましょう!

PageTop