ショッピング枠現金化を買戻方式で行う際には、シンプルな取引内容だからこそどのような商品を購入したのか辻褄が合う説明を考えておかなければなりません。なぜなら、クレジットカード会社からの調査を受けた際に買戻方式では商品受取伝票と返品伝票が見当たらないことが多いからです。

現金化を買戻方式で行う際はスピードの早さが重要となる

更新日:

ショッピング枠現金化を行う際の買戻方式とはどのような特徴があるのか

買い戻し方式を使ったショッピング枠現金化は、現金化業者が販売業者と買取業者を両方共に兼ね備えているという特徴があります。

現金化業者が販売業者として利用者に販売する商品は、買い戻しまたは返品特約付きの商品に限定されていてクレジットカード決済により購入することで、手数料を控除した金額にて販売した商品を即座に買い戻す方法です。

商品買取方式の中でも販売者と買い戻し者が同一の場合のみ成立するので、買戻方式ならば実際に商品を発送して利用者宅へ届き次第返送するという手間が掛かりません。

手間が掛からずにすぐ現金化できる代わりに、架空の売買契約を結んだとも考えられるので第三者から指摘された時に大きなリスクを伴います。

ショッピング枠現金化を買戻方式で行うと換金が早く行える

ショッピング枠現金化を買戻方式で行うと、買い戻し予定または返品特約月の商品を発送しなくてもクレジットカード決済が完了した時点で現金振込を行えるので、利用者にとっては換金が早い取引方法として重宝されます。

ショッピング枠現金化を行う理由として、新たにカードローン申し込み審査を受けている時間的な余裕が無い場合が想定されるので、買戻方式によるショッピング枠現金化が最短数十分にて手続き完了できる点は魅力です。

ショッピング枠現金化方式の中でも商品買取方式は、現物商品を実際に送付受取して買取る買取方式と実際には発送しなくても取引できる買戻方式が存在します。

買戻方式ならば、発送と受取証明を個別に求めて手数料を払わない限りは販売者と買取者が同一となるので、商品売買契約があくまでも書類上の話となるわけでする。

このため、実際に商品発送を行う前の段階で換金手続きを完了させることができます。

買戻方式によるショッピング枠現金化はリスクが高い

買戻方式によるショッピング枠現金化は、実際に商品を発送して利用者が自宅で受取した後で返送する手間をかけなくても手続きを終えることができてしまう点が問題です。

販売業者が実際には在庫商品を潤沢に用意していなくても、クレジットカード決済さえ利用者に行わせることができれば買戻方式によるショッピング枠現金化が可能となります。

このため、どのような商品を利用者が注文して買い戻してもらったのか、正確に把握していないまま取引を行ってしまう人が出るわけです。

クレジットカード会社は換金目的での商品購入を利用規約により明確に禁止しているだけでなく、実際に監視システムにより独自に不審な取引を常にチェックしています。

買戻方式によるショッピング枠現金化は、同じ販売店が繰り返し同一金額の商品を販売し続けるという不審さが目立ちやすいです。

ブランド品販売店ならば特定の人気商品が立て続けに売れることは珍しくありませんが、キリが良い金額ばかりで繰り返しクレジットカード決済が行われたら不審に思って購入商品に関する問い合わせが行われます。

クレジットカード会社からの電話連絡により、購入した商品についての利用目的と品目を確認された時に現物商品を受け取っていなければ確認しようがありません。

ショッピング枠現金化は買戻方式を個人のみ行っていることが多い

ショッピング枠現金化業者は、買戻方式に関してはなるべく個人に対してのみ行うようにしています。

なぜなら、法人カードについては同一商品を大量に受発注することが珍しく無いものの、帳簿上不自然な点を残さないために現物商品の送付と受取伝票を保管しなければならないからです。

個人相手ならば受取伝票の保管義務が無いことから、後日クレジットカード会社からの追求が入ってもショッピング枠現金化業者はしらを切ることができます。

あくまでも発送側と受け取り側の伝票処理だけしっかり行い、開封後の返品のために買い戻し扱いとなったとクレジットカード会社からの問い合わせには回答すれば良いだけです。

購入商品の発送と返送受取が必須ではない個人相手だからこそ、買戻方式は小規模取引となる個人に限定して行うとリスクを抑えることができます。

このため、法人カードについてショッピング枠現金化を行う際には、買戻方式よりも買取方式が優先的に適用される可能性が高いわけです。

買戻方式の利点である販売者と買取者が同一事業者というメリットを活かせば、どうしてもお金がすぐに必要な時に最短数十分で現金化できるメリットがいかに大きいか分かります。

ショッピング枠現金化を買戻方式で行う点まとめ

ショッピング枠現金化を買戻方式で行うと、販売者と買取者が同一人物という点に注意しなければなりません。

買戻方式では、買い戻しまたは返品特約付き商品を購入することになるので、必ずしも発送しなくてもクレジットカード決済さえ有効に手続き完了したことが分かれば、速やかに現金化できます。

商品を買い戻す際に開封済という扱いとすれば、手数料を差し引いて買取額が少なくなっても不自然な点は少なくなるわけです。

しかし、クレジットカード会社からの調査を受けた際には、商品発送と受取履歴が確認できないためにショッピング枠現金化をクレジットカード会社に知られてしまう可能性があります。

クレジットカード会社からの強制解約を避けるためにも、買戻方式で行う現金化は何の商品を売買したのか忘れないようにしなければなりません。

-ショッピング

Copyright© 2014~〔最新2019.12月冬版〕マネフレ All Rights Reserved.