60代でもクレジットカード現金化は可能だがいくつか注意点もある

目次(クリックして表示)

クレジットカード会社によって契約上限年齢が異なる

クレジットカードは定期的な収入があり、返済能力があることが発行の条件になります。

60歳を超えると定年を迎える人が増え、働いて収入を得ることが難しくなります。

貸付をするクレジットカード業者からすれば、働いていない人に貸付をするのはリスクになり、避けたい要素になってくるのです。

クレジットカード業者の基準は異なり、60代半ばまで貸付を行ってくれるケースもあります。

クレジットカードを長く持ち続けたい場合は契約年齢の上限をチェックしつつ、乗換えなどを検討した方がプラスになる場合もあるのです。

収入の変化でカードの上限額が少なくなってしまうケースもある

注意点はまだあります。

定年退職などに伴う収入の変化です。

年収が多く、クレジットカードの限度額が高い人ほど年収の変化の影響を受けやすくなります。

上限額が一気に引き下げられることも珍しくないため、常に限度額近くまで使っている場合は注意が必要になります。

限度額が引き下げられ、借入枠を上回る借入が生じた場合、しばらくクレジットカードが返済専用になってしまう場合もありえるのです。

クレジットカードが使える状態であれば、年齢に関わりなく現金化は問題なく行えます。

急にお金が必要になった際や、キャッシング枠を使い切った場合でも利用できるのが魅力です。

だからこそ、余裕をもって使えるように普段の使い方や年齢や収入による変化を知って追い他方が良いのです。

高齢化が進んでいる現代では、就労年齢にあわせてクレジットカードの契約年齢の上限が引き上げられる可能性も残っています。

規約自体が変更されることもありえるため、新しい情報を取り入れつつ賢く使っていくのがオススメです。

PageTop