Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

50代はクレジットカードの見直すべき時期になります。60代になるとクレジットカード契約の上限年齢に達して解約されるケースが増えてしまうためです。契約年齢や金利などをチェックして定年に供えるチャンスが50代なのです。

50代でクレジットカード現金化手段を覚えておく

更新日:

50代はクレジットカードの見直し時期!しっかりとチェックを!

定年するとクレジットカードが作れなくなるケースが多い

定年すると新しいクレジットカードを作れなくなるのもポイントになります。

パートやアルバイトなどで収入があれば少限度額のクレジットカードの申し込みはできますが、金利が安いカードなどの申し込みは厳しくなります。

年会費が必要なカードも多いため、しっかりと見直すことが大切です。

定年するとクレジットカードが作れなくなるケースが多い

カードの見直しを進めていくと、キャッシングの上限額の少なさなどが不満に思えるケースも出てきます。

ただし、定年後に返済しきれるかも考えることが重要なため、マネースケールを換えることも含めて慣れていった方がよいケースもあるのです。

キャッシング枠が小さくて不満な場合は、クレジットカード現金化を利用する方法もあります。

クレジットカード現金化はショッピング枠を現金化するため、ショッピング枠の上限まで利用することができます。

いざという現金が必要な場合は、キャッシングよりも便利な場合もあるのです。

クレジットカード現金化業者の違いも知っておくとプラスになる

クレジットカード現金化はネット経由で業者とやりとりするか、実店舗型の業者とやりとりするかで違いが出ます。

ネット業者は手数料が安いことが多く、24時間対応ができるケースもあるため人気になっています。

クレジットカード現金化業者の違いも知っておくとプラスになる

ただし、実店舗の業者も安心感に繋がりやすいなどメリットもあるのです。

ネット業者であれば、旅先でも利用できるというメリットもあります。

定年前の旅行などを楽しむ人も多いため、ネット業者経由で頼んで口座に振り込んでもらい、コンビニなどのATMで引き出すといったことも可能だからです。

クレジットカードが使えず、現金払いにしか対応していないお店もあるからこそ、いざという時に備えた手段を覚えておくとプラスになるのです。

>>これからの人生が思い通りにできる現金化はこちらをクリック!

-人物

Copyright© 2014~〔最新2018.12月冬版〕マネフレ All Rights Reserved.