10代でもクレジットカード現金化は可能?重要なポイントは

目次(クリックして表示)

10代で作れるクレジットカード自体が少ないのがネックになる

まず、10代で作れるクレジットカード自体が少ないことに注意が必要です。

多くのクレジットカードは満年齢が20歳以上であることが契約の条件になるため、10代で持てるクレジットカード自体が少ないのです。

未成年で家族カードなどで自分名義のクレジットカードを保有していても、現金化には注意が必要です。

利用明細が親などに届いてしまうため、使い道をしっかりと説明できなければトラブルになってしまう可能性が高いからです。

自分でカードを作れないうちはリスクが大きくなってしまうため、無理に現金化を目指さず、アルバイトなどでお金を稼いだ方が確実です。

クレジットカードは年齢と収入の条件を満たして申し込むことが基本になります。

種類は少ないものの、18歳以上でアルバイトやパートなどの収入があれば作れるクレジットカードも存在します。

高卒で仕事を始めた人や、大学生や専門学校生でも作れるクレジットカードであれば、現金化も問題なく行えます。

現金化のメリットと覚えておきたいポイントは

現金化のメリットは、制限が厳しくなりがちなキャッシング枠を超えて借入が可能なことです。

パートやアルバイトでもクレジットカードは作れますが、収入の関係からどうしてもキャッシングの制限は厳しくなりがちです。

選択肢を増やす面でプラスになってくれることも多いのです。

ただし、あくまでクレジットカードのショッピング枠を現金化するため、返済は必要なことに注意が必要です。

どうやって返済するかもしっかり考えることがクレジットカードをうまく使うポイントになります。

10代は持てるカードが少ない分、トラブルを起こしてクレジットカードが使えなくなればそれだけ痛手になります。

無理のない返済計画を立てることも大切なのです。

PageTop