メルペイ後払い現金化は日本全国で使えるかんたんスマホ決済

メルペイ後払い現金化

メルペイとはどのようなサービスなのか

メルペイは株式会社メルペイが提供しているメルカリ関連の決済サービスです。

メルペイを利用すると加盟店でキャッシュレス決済をすることができます。

メルカリアプリをインストールしてアカウントを用意してあれば誰でも利用できるのが特徴で、メルペイを使うために新たにアプリをダウンロードする必要はありません。

メルペイの残高はメルカリでの支払いに使えることに加え、現金として銀行に振り込みを依頼することも可能です。

メルペイならメルカリを使って売却ができる

メルペイはメルカリを使って商品を売却した売り上げを残高として取り入れられる仕組みになっているのが特徴です。

現金を手に入れたいときにはメルカリに商品を出品して購入してもらい、支払いを受けて残高を増やすのが基本になります。

メルカリは全国的に利用されている有名なフリマアプリなので、利用者が多くて商品が売れやすいのが魅力です。

手元にいらないものがある場合にはメルカリに出品して売れば良いでしょう。

ただ、メルペイの残高に入っただけでは現金として使うことはできません。

メルカリでの商品購入やメルペイ加盟店での支払いには使用できますが、他の目的でお金が欲しい場合には銀行振込の申請をしなければなりません。

メルペイ残高としては201円以上が必要になるので、少額しかない場合にはもっとたくさんの不用品や高価な商品を売ってから申請をすることが必要です。

不用品がもともとたくさんある人にとっては簡単に売れるので魅力的な方法でしょう。

メルペイでの現金化にはメルペイスマート払い

メルペイで商品を調達してから売ることにより現金化をしようと考えている場合にはメルペイスマート払いの設定をする必要があります。

メルペイではメルカリの売上金や予めチャージした残高で即時支払いをすることができますが、スマート払いを設定しておけば翌月一括払いにすることも可能です。

現金がなくて困っているときには特に重要な設定で、商品を購入するときに現金の支払いが必要ありません。

まずはメルペイスマート払いで商品を手元に手に入れて、メルカリなどで売ってしまって現金化し、翌月に一括で清算をするという流れで運用できます。

この際に必ずしもメルカリで商品を売る必要はありませんが、余った売上金を翌月の支払いにそのまま使えるので便利でしょう。

ただし、メルカリで売るには時間がかかることもよくあります。

急いでいる場合にはメルペイスマート払いで買った商品をリサイクルショップなどで買い取ってもらうのが賢い方法です。

メルペイで現金を手に入れるときの注意事項

メルペイを使って現金を手に入れるときには注意点があります。

メルペイスマート払いは手数料無料で使えるので便利ですが、審査を受ける必要があって状況によって利用可能金額が異なります。

審査は早いので現金が欲しいと思ったときに比較的速やかにメルペイスマート払いを使えますが、上限額が最大で20万円なので注意しましょう。

大きな金額が必要になりそうな場合には早めにメルペイの利用を始めて実績を作り、上限額変更の申請をして枠を増やしておく必要があります。

また、メルカリを使って商品を売って現金化する場合には、振込申請にかかる手数料についても注意しましょう。

メルペイで出金をするためには一回の申請あたり200円の手数料がかかります。

急ぎの場合には振込スケジュールの確認もしておくことが大切です。

翌営業日から翌々営業日が原則ですが、ゆうちょ銀行を振り込み先として指定した場合にはさらに対応が遅くなります。

メルペイ現金化をうまくやるためのポイント

メルペイ現金化をする上で重要なのはいかにして早く高く売れるようにするかです。

メルペイに対応している店舗は多く、メルカリに出品されている商品も買えるのが魅力です。

家電量販店で特価セールをしているときや在庫処分品を出しているときに買ってすぐにメルカリに出品したり、メルカリに出品されている商品を購入して買取業者に売ったりすると比較的利益率が高くなります。

メルカリで買って、メルカリに同じ金額で出品すれば良いと思うかもしれませんが、不正行為とみなされるリスクがあるので注意しましょう。

メルカリの商品を使う場合には他のフリマアプリを使うか、店頭での買取を利用するのが安全策です。

メルペイスマート払いを使って翌月に支払いを延ばすのは目の前に迫ってきているお金の問題を解決するのに優れています。

売るものがないときにメルペイスマート払いで調達するのが賢い方法です。

メルペイを使って現金化をする方法のまとめ

メルペイで現金を手に入れるときにはメルペイスマート払いを利用して翌月払いで商品を調達するのが一般的な方法です。

不用品がある場合にはメルカリで販売して買ってもらい、利益をメルペイを経由して現金にするという方法も選べます。

ただ、出金に数日かかることに加え、200円の手数料が一律でかかるので注意が必要です。

口コミでも「売れたのは良かったけれど現金化が間に合わなかった」「メルペイでは銀行振込で土曜日の対応をしていないとは思わなかった」という話題が上がっています。

急ぎのときには商品の購入にメルペイスマート払いを利用し、現金化には無理にメルペイを利用せずにリサイクルショップなどの買取店を利用するのが無難でしょう。