Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

PiTaPa (ピタパ)は関西を中心に、西は岡山から東は名古屋や一部静岡の地域までカバーする広域交通ICカードサービスです。電車やバスの乗車券として利用できるだけでなく後払い式で利用料金は後日請求になります。提携交通機関を利用する場合はチャージが必要になるケースもあります。

PiTaPa (ピタパ)

投稿日:

PiTaPa(ピタパ)は後払いだからチャージなしでも利用が可能!

PiTaPa (ピタパ)は関西圏を中心にした交通ICカードサービスで、岡山から東海地方まで幅広い範囲の私鉄やバスで利用することができます。

PiTaPa (ピタパ)

JRのICカードサービスとの相互利用が可能なため、PiTaPa を使えば日本の主要エリアでの公共交通機関の利用には困らないことになります。

 

カバーエリアの広さから参加する鉄道会社やバス会社、提携会社が多く、カードの種類が豊富なのも特徴になっています。

デザインや機能の組み合わせが豊富なだけでなく、ショッピングなどで独自ポイントが貯まるクレジットカード機能つきのPiTaPaの種類も多くなっています。

ポストペイといわれる後払い式で料金が後日請求になるのも特徴です。

ただし、ポストペイの連携が行われていない地域に関しては電子マネーをチャージして利用する必要があります。

PiTaPa (ピタパ)は自分の利用目的に応じて使い分けられる

PiTaPaは関西を中心とした広域で利用できる交通系ICカードですが、利用目的に合わせた選択肢が豊富になっています。

これは参加する交通会社が多いだけでなく、提携している企業が非常に多いためです。

PiTaPa (ピタパ)は自分の利用目的に応じて使い分けられる

シンプルにICカードとして利用できるだけでなく、ポイントが貯まるカードもあるため自分の好みに合わせた選択ができます。

また、クレジットカード付帯のカードの種類も多く、それぞれに独自のポイントや特典が用意されています。

阪神タイガースのタイガースカードや関西地盤のカードなども発行されていて、自分の親しみのある企業のカードを作ることもできます。

家族カードを作りたい場合や、クレジットカードとPiTaPaを別に持ちたい場合などの各種ニーズにもこたえてくれるのです。

ポストペイ(後払い)なのでチャージをしなくても使える

PiTaPaの大きな特徴になっているのが、ポストペイ(後払い)で電車やバスを利用できることです。

利用料金は毎月1日から末日までの利用を合計し、翌月に請求される仕組みになっています。

PiTaPa契約時には銀行口座を登録する必要があり、銀行口座から利用料金が引きおとされることになります。

オンラインでも契約が可能で、必要事項を入力し、注意事項の確認が済むと後日カードが郵送されてきます。

郵送で手続きをすることも可能で、必要書類を揃えて送ることで契約できます。

電話で申し込めば指定の住所に書類を送ってもらえるため非常に便利です。

対応店舗の場合はショッピングにも利用できるためクレジットカード感覚で利用する人もいるのです。

全国の交通ICカードサービスと連携している

PiTaPaは全国の交通系ICカードサービスと連携していて、JRをはじめとしたさまざまな交通機関で利用できる。

注意したのはポストペイ機能が利用できる交通機関が限定されることです。

ポストペイが利用できるのはPiTaPa対応の交通機関とJR西日本の対応エリアのみになります。

対応エリア外に出た場合はポストペイが利用できないのです。

ポストペイ利用エリア外で利用したい場合は通常の交通系ICカードのようにチャージをした上で乗車券を購入する必要があります。

ポストペイエリアで入場しても降りる駅がポストペイエリア外の場合は後払いができなくなります。

ショッピングの利用にも注意が必要で、支払いに利用できるのはあくまでPiTaPa対応店舗のみとなります。

利用回数や金額に応じて割引を受けられるのがピタパの特徴

PiTaPaを利用するメリットの一つになっているのが、交通機関の利用や利用金額に応じて割引を受けられることです。

利用回数や金額に応じて割引を受けられるのがピタパの特徴

 

割引率は利用する交通機関によって割引率は変わりますが、金額が大きいほど割引も大きくなる傾向があります。

カードによっては利用でポイントが貯まる仕組みも導入されているため、割引とポイントの両方が使える場合もあります。

カードや交通機関の組み合わせで還元率などが変わるため、うまく組み合わせるのがおすすめです。

-電子マネー

Copyright© 2014~〔最新2019.3月春版〕マネフレ All Rights Reserved.