Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

PayPal(ペイパル)は電子マネー感覚で使える決済代行サービスです。銀行口座やデビットカード、クレジットカードを連携させることでカード情報を渡すことなく決済ができるのが特徴です。アカウントの作成とパスワードで決済の幅広がるため、広く普及しているのです。

PayPal(ペイパル)

投稿日:

PayPal(ペイパル)は電子マネーの一種?決済代行が特徴のサービス

PayPal(ペイパル)は電子マネーのように利用できる決済サービスで、多くの国と地域で導入されています。

PayPal(ペイパル)

クレジットカードは非常に便利な一方で紛失の危険や、悪質な店舗の利用の場合は不正利用などの恐れもあります。

 

セキュリティ上クレジットカードが使いにくい場所でも使いやすくするためのサービスがPayPalで、安全性の高い決済を求める人に利用されるサービスなのです。

クレジットカードを持てない人でも使いやすいだけでなく、クレジット加入が難しい個人事業主や店舗でも導入のハードルが低いというメリットもあります。

国際的に普及しているため海外のサービスを利用する場合の決済にも使いやすく、クレジットカード以外の代用決済としても良く利用されます。

銀行口座との連動も可能になり利便性が高まったのも魅力です。

PayPalはアメリカ発祥の決済代行サービス

PayPalはアメリカ発祥の決済代行サービスで、PayPal社が運営を行っています。

アカウントを取得して口座を作り、さまざまな決済に利用できるのが特徴です。

PayPalはアメリカ発祥の決済代行サービス

手数料は支払い側ではなく受け取り側が負担する仕組みになっていて、気軽な決済手段として普及しています。

最大のメリットになっているのがクレジットカードを利用せずに決済が可能なことです。

クレジットカードには重要な情報が含まれていて、セキュリティ上のリスクになることがあります。

決済する店やサービスによっては不正に利用の原因になりえるため、カードを渡したり、情報を提示すること自体に抵抗を覚える人もいるのです。

PayPalを使えばクレジットカードがなくてもPayPalが決済を代行してくれるため、安全な支払いが出きるのです。

クレジットカードが使いにくい人でも便利になっている

クレジットカード決済は便利な一方で、クレジットカードが利用できない人には支払いのハードルが上がります。

デビットカードなどで代用する人もいますが、やはり制限があるため使いづらい面もあります。

プリペイドカードなども独自に企業が発行するものが多く、全てのサービスで利用ができないのもポイントです。

クレジットカードを持っていても対応するブランドに加盟していなければ支払いはできません。

そのため、PayPalがクレジットカードを持っていない人の唯一の決済手段になることもあるのです。

特に国際企業は日本円での振込みなどを受付けしていないケースが多く、PayPalのアカウントがなければサービスの利用ができない場合があります。

PayPalは銀行口座との連動も可能になっているため、カードを持たずに電子決済をする手段としても使われています。

加入のハードルが低いのもペイパル普及が進んでいる理由

PayPalが普及している理由の一つが、加入のハードルが低いことです。

クレジットカードの支払いを受け付ける店や事業者は、クレジットカード加入のための厳しい基準を満たす必要があります。

加入のハードルが低いのもペイパル普及が進んでいる理由

クレジットカードの不正利用を防ぐための規約などがあり、契約自体が難しい場合もあるのです。

PayPalの場合は個人事業主を含む小規模な事業者でも加盟のハードルが低くなります。

インターネットを通じて取引をする人が珍しくなくなっているからこそ、PayPalを導入するだけでアプローチできる層が大幅に増える可能性があるのです。

手数料は受取側負担になるため決済費用がかかりますが、売上げが伸びれば補える可能性もでてきます。

国をまたいだ決済にも使いやすいため、実際に導入されるケースも多いのです。

PayPal経由でクレジットカード払いをした場合のポイントは?

PayPalは非常に便利なサービスですが、クレジットカード払いを選択した場合はどう処理されるか不安になる人もいるかもしれません。

特に気になりがちなのがPayPalを利用した際のポイント処理です。

PayPalで決済をしてもクレジットカードの利用ポイントはつく仕組みになっているため、安心して利用することができます。

カードの国際ブランドが対応していない場合や、カード情報を渡すのが不安な場合はPayPalを利用すればポイントを受け取りつつ支払いをすることができます。

利用の手数料もかからないため、状況に応じて支払い方法を変える人もいます。

普段はクレジットカードを優先してポイントを受け取り、大きな買い物をする場合などは銀行口座から支払うといった切り替えもできるのです。

-電子マネー

Copyright© 2014~〔最新2019.5月春版〕マネフレ All Rights Reserved.