年会費が無料のクレジットカードであれば、長期に使用する上で大きなコスト軽減のメリットがあります。年会費が必要なクレジットカードの場合は充実したサービスがあっても、固定費がかかるデメリット部分は気になるものです。日常の買い物で頻繁に利用したい人にとっては、流通系のクレジットカードを利用すれば年会費無料のものが多く、しかも高還元率の恩恵を受けることも可能です。

年会費無料で高還元率のクレジットカード会社は家計にもオススメ!

更新日:

クレジットカードには、年会費が必要な種類と年会費無料の種類があります。

年会費が必要なクレジットカードには、付帯サービスが充実しているものも多いですが、やはり継続したコスト負担は気になるでしょう。

毎年の年会費は低い額でも、基本的にクレジットカードは一度作れば長年に渡って利用するのが一般的であり、年数が経てば総額でかなりの負担になっています。

その点、年会費無料のクレジットカードは、利用者にとって利用しやすいカードです。

年会費が必要なクレジットカードに比べてサービス面が劣るのではないかと考えられがちですが、実際には充実したサービスを提供しているクレジットカードも多いです。

流通系のクレジットカードは高還元率で審査基準も緩やか

年会費無料のクレジットカードの中にも、無料とは思えないような高還元率のカードがあります。

特に流通系のクレジットカードの中には、そのようなカードが多いです。

流通系のグループなどから発行されているカードであり、関連の店舗で利用すれば高いポイント還元が受けられます。

食料品や生活必需品は頻繁に購入するものであり、クレジットカードを利用すれば毎日ポイントが貯まり、しかも高い還元率が受けられるメリットがあります。

クレジットカードには、銀行系、信販系、航空系など様々な種類がありますが、流通系のクレジットカードは年会費無料のものが多い点が特徴です。

流通系では消費者に対してできるだけ消費を促す必要があるため、クレジットカード発行の審査基準も低めです。

クレジットカードによっては、一定の年収や様々な条件をクリアしていなければ申し込み審査に通らないカードがあります。

その基準が、流通系のクレジットカードの場合は緩やかです。

仕事を持っていない人、学生、アルバイト、専業主婦、学生、自営業者など、幅広い層の人に適したカードになっています。

年会費無料のクレジットカードを作成する際の注意点

年会費無料のクレジットカードを作成するにあたっては、「永年年会費無料」のものを選ぶことが適切です。

作成時は年会費無料であっても、その後クレジットカード会社の規約が変更になり、途中から年会費が必要になるケースもあります。
「永年年会費無料」であれば、絶対と言い切ることはできませんが、基本的には将来に渡って無料で使い続けることが可能と考えていいでしょう。

また、「実質年会費無料」という場合もあるため注意が必要です。

例えば、郵送で利用明細を送付する場合は年会費が必要なクレジットカードがあります。

Web明細にすれば無料になる場合がありますが、そのことを知らずに、郵送による明細受け取りで年会費を支払い続けているケースです。

あるいは、無料の条件として一定の利用額を定めているカードであれば、利用頻度が少なければ年会費が発生する場合があります。

年会費無料の表記があっても内容をよく調べ、条件が設定されていないかどうかを確認する必要があります。

条件があっても簡単にクリアできるものであれば、永年無料と変わらないメリットを受けることができるでしょう。

クレジットカードを複数枚持っている場合は、全く使用しなくなるカードができる可能性もあります。

そのカードにもし年会費が必要になれば、利用していないのにコスト負担だけかかるようなことになるため注意が必要です。

申し込み審査が不安な人は審査基準の緩やかな会社を選ぶ

永年年会費無料でポイント還元率も高いクレジットカードが、最も金銭面で得をするカードと言えます。

流通系のクレジットカードでは、それに関連する特定の店舗で商品を購入した場合には、通常のポイントに比べてさらに高還元率でポイントが付く場合もあります。

期間を決めたセールスで高還元率を提供している店舗もあるため、上手に利用すれば多くのポイントを得ることが可能です。

クレジットカード作成にあたっては、無収入や収入が不安定な人は、クレジットカード審査が通らない不安もあるでしょう。

また、過去にクレジットカードの支払いを長期滞納するなど、信用関連で事故を起こした経歴のある人も同様の不安を抱えるものです。

しかし、クレジットカードの種類によっては、無職や収入が不安定な人でもクレジットカード作成は可能です。

個人として収入がなくても、世帯全体で安定した収入があれば審査基準を満たす場合があります。

金融関連の事故履歴がある人でも、一定期間を過ぎればその記録は個人情報から抹消されます。

クレジットカード作成に不安を感じる人でも、審査に通りやすい会社を選ぶことで、クレジットカード所持の可能性を広げることができます。

収入が不安定な自営業者でもクレジットカード作成は可能

私は自営業を営んでいますが、クレジットカード作成の個人的体験があります。

新しいクレジットカードがどうしても必要になり、作成しようと考えました。

しかしその時は非常に収入が低く、また一人暮らしのため、家族全体としての世帯収入もありません。

収入面のことから審査に通らない可能性が高いと考え、半ば諦めていました。

流通系のクレジットカードは審査に通りやすいという話を聞き、思い切って申し込みを行いました。

するとあっけなく審査に通過した経験があります。

収入に関しては条件が悪くても、その他の面で問題がなければ、総合的判断で審査が通過するケースもあります。

クレジットカードの作成時は、キャンペーンとしてキャッシュバックを実施している会社も多いです。

作成時にキャッシュバックがあり、年会費も無料で、使用する中でポイント還元の恩恵があるクレジットカードは、上手に利用すれば大きな家計の助けにもなるでしょう。

年会費を無料にして無駄を省き利用価値やメリットを得られるクレジットカードを作る

クレジットカードカード審査は簡単で費用は一切かからない

クレジットカードを作る際、会社は様々あるのですが年会の費用がかかってくるという会社もありますが、かからないものもあるのです。

カード会社の選び方

クレジットカード会社の選び方とは

クレジットカードで支払って、ポイントを貯めたり、現金化させたりするというメリットのある使い方をしたいですよね?
なのでできるだけ年間にかかる会費は低価格にしたいと思いませんか?
そしてその費用が無料だともっとお得ですよね?
このように、できるだけメリットを多くする為にカードの会社を選ぶ事ができます。
年間の費用がかからない会社ももちろんあるので、そのカードを作りましょう。

クレジットカードを作るのは難しいですか?

年間の費用がかからないからといってカードを作る際に審査が厳しくなる!というような事はありません。
至ってカードを作る時はほぼ同じような審査しかないので、それが通る事ができれば年間の費用はかからないのです。

カードに費用がかからないからポイントは貰いにくいでしょうか?

せっかくカードで買い物をするのでしたらポイントを貯めたいですよね?
けれども年間の費用が無料だったらその貯められるポイント数は少ないのかな?なんて思ってしまいますが、そうではありません。

もちろん費用を払う事で、他のお得なメリットを得られるというケースもあるのですが、無料にして無駄を省いてコツコツとポイントを貯める事はできます。
そして現金化もできるので利用価値はあります。

-入会方法

Copyright© 2014~〔最新2019.12月冬版〕マネフレ All Rights Reserved.