クレジットカードを利用するなら最低限覚えておきたい支払い方法と引き落とし日についてそれぞれ解説していきます。クレジットカードの支払い方法はいったいどうなってるのか、引き落とし日の前にどんな準備をすればいいのか、それらのポイントについて説明します。クレジットカードの基本的な仕組みをわかりやすく解説します。

クレジットカードを利用する際は引き落とし日の前にお金を用意しよう!

更新日:

クレジットカードの支払い方法はいったいどうなってるのか?

引き落とし日の前にどんな準備をすればいいのか?

クレジットカードの支払い方法と引き落とし日について

買い物などの支払いでクレジットカードを利用した場合、後から引き落とし日に請求される仕組みになっているのが一般的ですよね。
その場では請求されず、後からまとめて請求されるようになっています。

クレジットカードの仕組みが具体的にどうなっているのか、もしもクレジットカードを利用するならきちんと知っておかなければいけません。

お金の流れをしっかり把握するためにも、クレジットカードの支払い方法と引き落とし日について解説します。

クレジットカードの支払い方法と引き落とし日がいつなのかを理解する

もしもクレジットカードを利用する場合は、クレジットカードの支払い方法と引き落とし日がいつなのかをよく理解しておく必要があります。

この2つはクレジットカードを利用する上でとても大切なことですから、何となくうろ覚えで利用していると後からトラブルになってしまいかねません。

クレジットカードは買い物などをした時にその場ですぐ決済されるわけではなく、引き落とし日に一括で請求される仕組みになっています。

ですので支払い方法と引き落とし日は、きちんと把握しておく必要があります。

まず支払い方法ですが、銀行をはじめとした金融機関の口座を登録しておいて引き落とし日に自動引き落としされる方法がポピュラーです。

クレジットカードを利用し始める段階で金融機関の口座情報を登録しておけばあとは引き落とし日に自動で引き落とされますから、とても便利で面倒がありません。

この方法なら口座に入金さえしておけば、問題なく利用できます。

また引き落とし日については、各クレジットカード会社によって異なります。

月末付近や月初め付近に引き落としを設定していたりなどそれぞれで違いますから、事前によく確認しておくことが大切です。

クレジットカードの支払い方法と引き落とし日に合わせてお金を準備

買い物などをした場合にその場ですぐさま請求をされるわけではないクレジットカードは、とても便利なサービスですよね。

その時現金を持っていなくてもいいのですから、気軽に使えるのがクレジットカードの大きな特徴です。

ですが後日の引き落とし日に合わせて請求が必ずきますので、その引き落とし日に合わせてお金を準備しておくことを忘れてはいけません。

もしも銀行などの金融機関にある口座から引き落とし日に自動引き落としされる支払い方法にしていたら、請求されるであろう金額をしっかり入金しておかなければいけません。

請求されたにも関わらず口座の残高不足で支払いができなければ、クレジットカード会社からの信用を失うことになります。

信用を失うと最悪の場合更新の際の審査をパスできないこともありますので、そうならないよう気をつけないといけないですよね。

いくら請求されるのかは、今だとウェブ画面等で簡単に確認することができます。

引き落とし日が近付いてきたら口座の残高が十分かどうかをしっかり確認しておき、もしも足らないようならなるべく早く入金しておくことが引き落とし前の準備です。

クレジットカードの支払い方法と引き落とし日で覚えておきたいこと

クレジットカードの支払い方法は、一括払いだけではありませんよね。

請求された代金をまとめて支払う一括払いの他、手数料がかかる場合もありますが分割払いやリボ払いで支払っていくことも可能です。

一括払いは文字通り一代金が括で請求されますが、分割払いやリボ払いはそうではありません。

一括で請求されるのではなく、代金を何回かに分けて支払っていく仕組みになっています。

たとえば大きな金額の買い物をした後は、何ヶ月かに渡って少しずつ支払っていったほうが支払いやすいですよね。

そうすることで支払いにおける毎月の負担を減らせますので、1度にすべてを請求されるよりも比較的楽に支払うことができます。

分割払いの場合は代金を何回かに分割して支払いますし、リボ払いの場合は1ヶ月に支払う額を予め設定しておく支払い方法です。

支払う額が最初から決まっていれば、引き落とし日に引き落とされる金額は一定になります。

これなら支払いやすいですよね。

それでも引き落とし日にはしっかり注意を払って支払いを済ませないといけないのですが、分割払いやリボ払いなどでクレジットカードを利用していくこともできます。

クレジットカードの支払い方法と引き落とし日に関するまとめ

クレジットカードは買い物などで実際に利用した日と引き落とし日が異なりますので、引き落とし日に金融機関の口座の残高が不足しないよう細心の注意を払わなければいけません。

特に買い物だけでなく公共料金の支払いなどもクレジットカードにしている人は、引き落とし日にいったいいくら引き落とされるのかを毎月こまめに確認しないといけないです。

利用から2ヶ月ぐらいしてやっと引き落とされたり、公共料金が2ヶ月分まとめて引き落とされたりなど、いろいろなパターンがあるということを肝に銘じておかなければなりません。

さらに分割払いやリボ払いなどに設定していたら、どうしても複雑になってしまいますよね。

ですからクレジットカードの支払い方法をどう設定しているのか、そして引き落とし日にいくら引き落とされるのかをきちんと把握してお金の準備をしっかりしておくことが、クレジットカードの支払いトラブルを回避するための基本的な考え方です。

口座から引き落とされるシステムやカード会社から信頼を失わないように残高確認をする

クレジットカードの締め日や支払い日はきちんと覚えておく

クレジットカードを使って買い物をした場合の支払いはどのようになっているのでしょうか?

クレジットカードを使って買い物

クレジットカードの月末締め日~翌月10日払いを忘れずに

カードの会社によって締め日、支払い日は違います。
クレジットカードを使うと締め日や支払い日という言葉をよく聞きますよね?
例えば、カードの締め日は月末で支払い日が翌月の10日などと設定されているもので、これはカードを作った時に知らされるものです。
そしてカードを使った金額の支払いはどのようにされるのでしょうか?

銀行口座からクレジットカード会社に引き落とされる

カードを作る場合に、支払いは口座からの振替を選びます。
そして自分や引き落としたい銀行口座の情報を記入していくのです。

その口座から支払い日になればカード会社から引き落とされるというシステムになっているのです。
わざわざカード会社に出向いてお金を払いに行くという行為はしなくてもいいのでとても便利は方法になります。

カード残高や口座引き落としなどの注意しておく点

口座からお金が引き落とされるという事ですので、残高をしっかりと把握しておく必要があるでしょう。
でないと、残高よりも引き落としの金額が多ければ引き落とされず、それが続いてしまった場合は、カードが使えなくなってしまうのです。
お金を管理するという自己能力が問われますし、カード会社との信頼も失いかねないので、残高の把握はしておきましょう。

-入会方法

Copyright© 2014~〔最新2019.12月冬版〕マネフレ All Rights Reserved.