クレジットカードの組み合わせ次第では、最強な組み合わせのクレジットカードを保有できます。メインとなるステータスカードを選び、サブカードに年会費永年無料かつ海外旅行保険が付帯されているクレジットカードを選ぶと良いです。海外ではクレジットカードが身分証明書代わりとなるので、カード提示で扱いが変わることもあります。

クレジットカードで最強の組み合わせなら国際決済ブランドを分ける

更新日:

クレジットカードを持つ以上は、あらゆるシーンで使用可能でなければ意味がありません。

クレジットカードをポイント還元率だけで考えていると、残念ながらいざという時に頼りにならないことがあると知っておく必要があります。

なぜなら、クレジットカードは会員制の代金立て替え払いサービスであって、本来はポイント還元よりも付帯サービスやステータス性を重視して使うものだからです。

このため、ステータスカードをメインカードとして、サブカードとしてメインカードが使えない場合に備えて別の国際決済ブランドにて付帯サービスが充実しているタイプを選択すれば最強の組み合わせとなります。

クレジットカードを最強の組み合わせにするためのメインカード

クレジットカードを最強の組み合わせとするためには、あらゆるシーンで活躍できるメインのクレジットカードとしてAmericanExpressCardを選択しておくことが望ましいです。

無理にゴールドカードに拘る必要は無く、アメックスグリーンであっても十分に世界中でステータス性を示すことができます。

日本国内ではクレジットカードは単なる会員カードに過ぎませんが、海外ではクレジットカードが身分証明書代わりとなることから、誰もが知っているクレジットカードを持っていることが重要です。

日本国内から一歩も出るつもりが無いならば、JCBブランドのゴールドカード以上を保有していれば同じ役割を持ちますが、そもそもカード決済手数料が高いJCBブランドは使用できない店舗が多いことを知っておかなければなりません。

海外旅行を計画する可能性が僅かでもあるならば、世界中で通用するAmericanExpressCardが第一候補となるはずです。

更に余裕があるならばDinersClubCardという選択肢もありますが、メインカードは国際的に評価が高いステータスカードから選んでおけば間違いありません。

クレジットカードを最強にする組み合わせに相応しいサブカード

クレジットカードの組み合わせにより最強を目指すなら、エポスカードが外せません。

年会費永年無料でありながら世界最大の加盟店数を誇るVISAブランドが付帯していて、楽天EdyとSuicaに対応している点も高評価です。

一般カードでありながら海外旅行保険が付帯している点が珍しく高評価の対象となります。

ポイント還元率は0.5%とさほど高くは無いものの、ポイント還元のみに着目するなら身近なよく利用するスーパーマーケットの流通系クレジットカードでも事足ります。

クレジットカードが持つ本来の特典は、安全に買物ができるだけでなく万が一に備えて様々な付帯サービスが充実していることであって、ポイント還元率が高いほど肝心の付帯サービスが削減されている点を忘れてはなりません。

また、エポスカードならば提示するだけで特典割引を受けられる店舗として、ロイヤルホストならば5%割引・シダックスとビッグエコーのて30%割引という特典を得られます。

あくまでも提示するだけで受けられる特典だからこそ、クレジットカード決済が条件では無いという点を評価すべきです。

クレジットカードの組み合わせで最強を目指す時の注意点

クレジットカードの組み合わせを工夫することにより最強を目指すならば、ポイント還元率偏重主義を捨ててクレジットカード本来の姿に戻すことが望ましいです。

クレジットカードは会員制を採用している代金立て替え払いサービスであって、多額の現金を持ち歩かなくても常に現金払いと同じ金額にて買物できるメリットがあります。

このため、メインカードはコンシェルジュサービスやホテルのアップグレードサービスといった数多くの特典が付帯されているステータスカードが望ましいです。

年会費に見合うだけの特典が付帯サービスとして提供されていなければ、年会費を支払ってまで会員になろうとは考えません。

メインのクレジットカードが使えない場所で使うためにサブカードとしてメインカードとは異なる国際決済ブランドが付帯されたタイプを選ぶことが望ましいです。

サブカードとしては、VISAまたはMasterCardブランドのどちらかが採用さているクレジットカードを選択しつつ、年会費永年無料を狙うと維持費が掛かりません。

クレジットカードで最強の組み合わせに関するまとめ

クレジットカードを持つ際に最強の組み合わせを探しているならば、メインカードとしてステータスカードを選択することが望ましいです。

サブカードに国際決済ブランドとして加盟店が多いVISAまたはMasterCard決済ブランドを持てば、世界中でクレジットカード決済に困るタイミングがほとんど無くなります。

日本国内では大規模災害時に停電が発生することから、現金の信用度が高く治安の良さから現金普及率が高いです。

クレジットカードを使った組み合わせは、メインとサブカードの国際決済ブランドを必ず分けることが重要と考えられています。

海外で利用する際には、いざという時の備えを重視する必要があり、通信エラーに備えて別々の国際決済ブランドを用意することがマナーとなっているわけです。

クレジットカードの保有枚数を増やしすぎずに最強の組み合わせを探すなら、ステータスカードと海外旅行保険付帯尽きのクレジットカードを組み合わせると安心できます。

-入会方法

Copyright© 2014~〔最新2019.12月冬版〕マネフレ All Rights Reserved.