クレジットカードの仕組みを理解すれば、ショッピング枠とキャッシング枠で限度額の上限を決める基準が異なる理由が分かります。ショッピング一括払いは借入ではなくあくまでも法律上は立て替え払いという扱いとなるので、同じカード会社内での利用実績が重視されるわけです。一方、キャッシング枠については貸金業法に定められた総量規制の範囲内での貸付しか行なえません。

クレジットカードの限度額上限が上がる仕組みは法律の影響が大きい

更新日:

クレジットカードの仕組みとして限度額の上限とはどのように決まるのか

クレジットカードの仕組みを理解していれば、限度額の上限がどのように決まっているのかある程度把握することができます。

なぜなら、クレジットカードを初めて作成する際には、誰もが数百万円という上限額とはならず、多額の年収があっても最初は数十万円から始まるからです。

クレジットカードは、カード会社が会員の返済能力を実際の返済履歴により確認しつつ適切な範囲内で利用可能とすることでリスク管理を行っています。

このため、同じクレジットカードを繰り返し使用して毎月必ず約定返済通りに支払い続けるほど利用限度額の上限が上がりやすくなる仕組みが採用されているわけです。

では、具体的にクレジットカード会社はどのようにして限度額の上限を決めているのでしょうか。

クレジットカードの限度額が決まる仕組みは与信力で変わる

クレジットカードの限度額は、ショッピング枠についてのみ利用実績により利用限度額引き上げが可能となります。

クレジットカードは、一時的に代金を立て替え払いするという会員制の立て替え払い制度となっているので、毎回確実に支払いを行う返済実績の積み上げが信用力アップに繋がるわけです。

このため、メインで使用しているクレジットカードを買物時に常に使用し続けて、一括払いによる支払いを着実に行うとクレジットカード会社から与えられる与信力がアップします。

例えば、利用限度額20万円のクレジットカードを利用して毎月13万円程度の買物を行っていた場合、翌月は7万円程度しか使わないという状況が生まれやすいです。

なぜなら、1ヶ月で使用可能な金額は利用した日から支払いが反映される日までは、一度利用すると利用可能額はすぐには回復しないので、実質的に利用限度額の半分程度しか使えないことからなるからです。

クレジットカード会社としては、カード決済手数料で利益を挙げていることから利用限度額を引き上げて毎月13万円使ってもらえるように少なくとも30万円以上に限度額を引き上げます。

クレジットカードの限度額を上げる仕組みを理解しよう

クレジットカードの限度額は、カード会社側で引き上げても良いと考えても、利用者からの同意を得なければ明確に利用限度額を引き上げることができません。

なぜなら、クレジットカードの利用限度額は、一括払いだけでなく分割払いやキャッシング枠といった複数の利用限度額があるので、ショッピング一括払いのみ使える専用クレジットカード以外は貸金業法の影響を受けるからです。

一括払い専用クレジットカードならば、クレジットカード会社が利用限度額を特に定めない無制限とすることもできますが、割賦販売法と貸金業法に基づく分割払いや貸付を行う場合には総量規制により他社を含めた年収の1/3に貸付額が制限されます。

クレジットカードの限度額は、適用される法律の影響を受けるからこそ一括払い専用カード以外は利用者からの同意を得ないと、他のクレジットカードやカードローン申し込みに影響を与えてしまうわけです。

このため、分割払い設定が無いクレジットカードに限り、気が付かないうちに利用限度額が上がっていることが珍しくありません。

クレジットカードのショッピング一括払いは、あくまでも法律上は借入に該当しない仕組みと考えられているからです。

クレジットカードの仕組みとしてキャッシング枠の限度額は別枠計算される

クレジットカードの仕組みを理解するためには、キャッシング枠の限度額は別枠計算されることを知っておく必要があります。

貸金業法で定められた総量規制の範囲内のみでキャッシング枠設定ができるので、他社を含めた利用限度額の合計が年収の1/3以下となる範囲内でしか限度額設定ができません。

キャッシング枠は、クレジットカードであっても消費者金融のカードローンと同じ扱いとなるので、実際の借入額が年収の1/3以内であっても自主規制対象となります。

なぜなら、キャッシング枠はいつでも好きなタイミングで利用限度額の範囲内の借入を行えるので、利用限度額設定が行われているだけでいつ上限まで借入となっても不思議ではないからです。

貸金業法で定められた総量規制は、貸金業法に基づき営業している全ての金融業者に影響するので、クレジットカードのショッピング枠とは異なり法律に基づき限度額の上限が決まります。

クレジットカードの仕組みを理解して限度額の上限を引き上げるまとめ

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠がそれぞれ別に用意されていて、適用される法律が異なるからこそ限度額の上限を決める際のルールにも違いが生まれます。

立て替え払いを原則とするショッピング枠の一括払いについては、過去の返済実績に応じて利用可能額が不足して購買機会が失われないようにクレジットカード会社側で独自の判断を行うわけです。

分割払いについては割賦販売法、キャッシング枠については貸金業法に基づき総量規制の範囲内での融資しか行えないことになっているので、他社を含めた年収の1/3以内に収まる用工夫されています。

クレジットカードの利用限度額を上げるためには、利用者の同意が必要な仕組みが用意されている場合、法律上の理由に基づき勝手に引き上げできないと考えることが妥当です。

【キャッシング・ショッピング枠の2つの違い】クレジットカードの信頼が大きくなると利用枠も増えてくる

クレジットカードの限度枠を考えて買い物しよう

クレジットカード枠には、2つある事をご存じですか?

カード枠の2つの違いについて

クレジットカードのキャッシング枠とは

お金を借りるという事になるのですが、これはクレジットカードを持っていればATMからも引き出せます。
銀行のキャッシュカードを入れて現金が出てくるようなシステムになっているので非常に便利で簡単です。
なので、銀行からお金を引きだした感覚になってしまいがちですが、これは借金という事になります。
キャッシングをATMからした場合は、もちろん金利も高くついてしまう事でしょう。

クレジットカードのショッピング枠とは

ショッピング枠はクレジットカードを作る時に設定されるようになっています。
月に幾らカードで買い物ができるか、というもので人によって違う金額が指定されているのです。
カード会社からの信頼が大きくなるに比例してショッピング枠の金額も増えていきます。
ですので、増えていくと現金化する場合も多くのお金を即現金に変える事ができて、振り込まれるようになっているのです。
できるだけこのショッピング枠は大きい方が、たくさん買い物もできます。
カード会社からの信頼を得るようにしましょう。
ショッピング枠はカード会社によりますが、少なくても30万円、多くて100万を超える枠になります。

-入会方法

Copyright© 2014~〔最新2019.12月冬版〕マネフレ All Rights Reserved.