Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

中国銀聯(ユニオンペイ)カードは中国発のカードです。中国の決済システムの関係上発行枚数は世界一で、国際市場でも存在感を増しています。特に中国に旅行するときは利便性が高く、なければ困るカードになりつつあります。

中国銀聯(ユニオンペイ)

更新日:

中国銀聯(ユニオンペイ)カードの現金化情報

中国銀聯(ユニオンペイ)は中国旅行に適したカード

中国銀聯(ユニオンペイ)カードは中国発のクレジットカードです。銀聯(ぎんれん)カードとも呼ばれ、世界最多の発行枚数を誇ります。
中国では支払い方法が中国銀聯(ユニオンペイ)カード中心で回っているため、銀行でカードを発行してもユニオンペイカードになるケースが珍しくなく、生活に必須のカードになっているのです。

中国銀聯(ユニオンペイ)の特徴

中国発の国際ブランドカード

ユニオンペイカードは中国発の国際ブランドカードです。中国国内だけでなく、シンガポールなどの近隣地域で利用されることが多いのが特徴です。また、中国人観光客誘致のために中国銀聯(ユニオンペイ)カードへの対応を行う企業も珍しくなく、世界中で使えるお店が増えているのも特徴です。
影響力の高さから世界の5大クレジットカードブランドに次ぐ6番目のカードとして認識されていて、今後も使える場所が増える可能性が高いのです。

中国銀聯(ユニオンペイ)カードのほとんどはデビットカード

中国銀聯(ユニオンペイ)カードの発行枚数は世界一ですが、クレジットカードはごく一部になっています。中国では都市部と農村部などで収入の格差が激しく、クレジットカードを発行できないケースが多いからです。そのため、中国国内ではデビットカードが主役であり、クレジットカードをもてるのはごく一部の人となっています。
日本でも中国銀聯(ユニオンペイ)カードを作ることが可能ですが、この場合はクレジットカード化デビットカードを選ぶことが一般的

になります。

中国旅行やビジネスでは必須のカード

中国旅行に行く際や、ビジネスなどで出張する場合はほぼ必須のカードになっています。国際ブランドのカードは手数料などがかかるため嫌がられるケースも多く、都心部を外れるとそもそも使えないケースが出てきます。中国銀聯(ユニオンペイ)カードで優遇を受けられるケースもあるため、中国で活動するなら一枚は持っておいた方が良いのです。
ただし、日本国内で使ってもあまり恩恵が得られないため、メインのカードとしては使いづらくなっています。

-国内・国外ブランド

Copyright© 2014~〔最新2018.12月冬版〕マネフレ All Rights Reserved.