各種カードの特徴について(国内・国外)ブランド

(国内・国外)クレジットカードの信用や発行ポイントを把握して現金化

国際ブランドと国内クレジットカードを比較・検証する

クレジットカードとは、個人や法人の信用に基づき、カード会社から発行されるカードの事です。

クレジットカードを利用するにあたって

付加価値・カード発行やポイントなど

各カード会社は会員を獲得する為に様々な付加価値を付け、発行します。
利用金額に応じてポイントが加算されていく形はほぼどのカード会社も設けているのです。
そのポイントが貯まっていけばポイント数に応じて交換できる商品を選び、換える事ができます。
また海外旅行中の病気、怪我などの治療費が補償される障害保険などのサービスも充実しているのです。
たくさんの種類があるので、自分の生活スタイルにあったカード会社を選ぶ事が一番でしょう。

クレジットカード会社と個人の信用が大事

個人とカード会社の信用があってこそ発行することができます。
なので、作る際には審査が必要になってくるのです。
それは、支払い能力がきちんとあるのか?という事を確かめる事ですので、審査を通過した人だけがカードを持つことができます。
カード会社が会員に信用がある!という事でクレジットという言葉とカードを繋げて名前が付けられたと言われています。

クレジット金額の使いすぎには十分注意しましょう

カードで支払いができるからといって、お金を持っていないのに、支払えないのに購入してしまう人が中に居ます。
これではカード会社とせっかく作った信用も壊れてしまう事になるので、自分の持ち合わせている金額を把握して使うようにしましょう

クレジットカードはどのような時に役立てて使う事ができるのでしょうか?

ネットで楽しく買い物

カードでシンプルに通販で楽しくネットショッピング

カードの会員の手続きが全て終わればカードが自宅に送られてきます。
その時点からもうカードで買い物(ショッピング)ができるという事になるのです。
今では、ネットでもたくさんのショッピングサイトが国内でも国外でもあるので気軽で安全にお買い物が可能です。
ネット通販でしたら購入したい商品を選び、カートへ入れそのまま支払いへ進むめばカード番号を記入する画面が出てきます。
カード番号を入れる際には間違わない様に注意して入力してください。
そして名前、有効期限、セキュリティコードなどをしてカード会社との認証が済めばショッピングは完了という事です。
至ってシンプルですので誰でも簡単に買い物をする事ができます。

クレジットカードなら海外でも簡単にお買い物が可能!

日本でカード払いする方法と同じです。
現金だけでしか買い物ができない場所もありますが、カードが使えるショップでしたらレジなどにカードのブランドの名前が書いていたりします。
そして使える場所でしたらカードで支払いができ、日本での要領と同じなので難しい事はありません。
サインも海外だからといって英語で書く必要はないのでカードの裏に記入したサインを書きましょう。

 

時間のロスがなくスムーズに支払いを済ませるカードメリット

 

現在社会ではクレジットカードはごくありふれた存在で便利に使うツールという印象があります。
実際に私もクレジットカードを2枚ほど所持していますが、なくてはならないほどの存在になっています。

 

クレジットカードを作った当初は、買い物に使う程度でしか考えていなくてどちらかというと現金の立替払い的な存在として考えていました。

カード破産などの印象もあるので決して使いすぎないようにとかなり慎重に考えていました。

買い物のほかには海外旅行で利用するときに役立つという話もきいていて実際に利用すると何かと便利ということも実感しました。

具体的には両替をしなくてもいいというのが時間のロスもなく、支払いもサインや暗証番号だけで済むのでスムーズです。

海外旅行保険付帯カードのもいいと感じました。

その他インターネットの買い物やそのたサービスなどの決済や支払いにもクレジットカードがとても便利だと感じます。

現金払いだと何かと手数料なども発生したり、支払いにコンビニや銀行に足を運ぶ必要があったりしてカードで決済をすればそれですむということもメリットだと思いました。

今のところ私が個人的に利用するにはメリットばかりのことが多いのですが、やはりよく調べるとデメリットもあります。

年会費無料で使っていたカードが期限が2年だけと知らずに、その後自動継続されて年会費をしばらく払っていたというのも不誠実な対応だと感じました。

また、信用情報というのが登録されるらしくそれもデメリットで他での借り入れに影響するというのもデメリットだと思います。

そういうことはクレジットカード会社からは説明なく、しばらく使っていていろいろと個人的に調べて理解したことでした。

また情報の管理をしないとやはり悪用されることもあるというのもデメリットだと思います。

現金だとそれ以上の被害はないですが、カードは保証があるとはいえ、個人情報などの悪用も考えられて被害の範囲が予測しにくいというデメリットもあります。

クレジットカードにもメリットデメリット両方の側面があるので、メリット、デメリットを意識しながらこれまでと同様に慎重に使っていこうと考えています。

 

カードポイント貯蓄で利便性が引き立つ

クレジットカードを活用すれば現金払いと違いポイントが貯まりますし、分割払いも利用できるのでショッピングの選択肢も広がります。

 

クレジットカードを活用するメリットといえば、現金払いをする時と違い、ポイントを貯められる点が挙げられます。

現金でお金を払っても何も得られませんが、クレジットカードを利用すると使った金額の一部をポイントとして貯めておくことができますし、お店やサービスと提携した良い特典が受けられたりもします。

スーパーマーケットのクレジットカードならば、特定の日には少し値引きが行われたり、カードを持たない人と違ってポイントをたくさん貯めることができたり、スーパーの駐車場が無料で利用できるといった嬉しい特典やメリットがあったりもします。

クレジットカードを発行するなら、自分がよく利用するお店やサービスで良い特典を楽しめるカードを選ぶと安心です。

私はよく利用するガソリンスタンドやネットショッピングのサービスやよく通う商業施設でお得な特典を楽しめるカードを持っています。

また、クレジットカードを持つ最大の利点といえば、手持ちの現金が無い時であっても財布の中身を気にせず買い物を自由に満喫できるようになったり、分割払いやリボ払いといった支払い方法を上手く利用することにより、多額な買い物も無理なくマイペースに楽しめるようになる点だと思います。

一度に10万円など大きな買物をするのが難しくても、6度払いなど自分のペースに応じて少額ずつ無理なく支払えたりもするので、安月給な自分ですが、35万円のギターや高い電子ピアノなども諦めず購入を実現すうrことができました。

また、直接現金を持ち歩くことなくショッピングできるので、多額のお金を持ち運びする危険性もなく、大きな買い物もクレジットカードがあれば安全に手軽に行えるのです。

ネットショッピングにおいても、代金引換や銀行振込の場合と違い、直に現金を触らず支払えるので、手数料が発生する負担や不安も有りません。

最近は一度カードを登録しておけば、次回からはワンクリックでカード情報を打たずに手軽にショッピングを行えるサイトも増えてます。

クレジットカードを持ってから、ネットショッピングや通販を利用しても、代金引換の手数料や後払いの面倒さなどを気にすることも皆無になり、本当に助かってます。

レジでもお釣りを受け取ったり小銭を数えたりする手間も皆無ですし、買い物を便利にしたいならクレジットカードはおすすめです。

 

生活の節約術の一つとして利用するクレジットカード

 

私がクレジットカードを利用する最大の理由は節約の為です。

クレジットカードを利用すると利用した金額の一部がポイントとして還元されますので、その還元されたポイントが節約した成果となるのです。

その為に必要なことはなるべくポイント還元率が高いクレジットカードを利用することですが、条件によっては数枚のクレジットカードを使い分けることも必要です。

但し、あまりたくさんのクレジットカードを保有すると管理が煩雑になるので、多くとも3枚から4枚にしておくことです。

私はクレジットカードを全部で3枚利用していますが、メインで使っているクレジットカードのポイント還元率は1.5%になっています。

例えば1万円のクレジットカードの利用で150円分のポイントが還元されるので150円が節約できたのと同じ効果が得られます。

そして、ポイント還元率の高いメインのクレジットカードをなるべくたくさんの場面で利用することによって節約効果がどんどん上がっていきます。

クレジットカード現金化を選ぶのはあなた!

幸いなことにクレジットカードを利用できる店舗やサービスは年々増える一方と言っていいので、ますます節約しやすくなる環境が整いつつあります。

それに、クレジットカードを利用すれば他の支払い方法では節約できないものまで節約できます。

光熱費や税金の支払いがその代表的なものです。

もちろん光熱費や税金自体が安くなるというわけではありませんが、大抵はクレジットカードを利用して支払いをすることによってやはりポイント分の節約ができます。

それにクレジットカードを利用する節約ではコツは必要なく、あえて言うならばクレジットカードを利用できる場面ではたとえ少額である場合にも遠慮なく、恥ずかしがらずに利用することがコツといっていいでしょう。

クレジットカードを利用する節約術ではよくある節約疲れは一切感じないので継続しやすいというメリットもあるのです。
節約が続かないという人は一度クレジットカードでの節約術を実践してみればどうでしょうか。

ディスカバーカード

ディスカバーカード

DISCOVER(ディスカバー)カードはアメリカでメジャーなカードで、国際カードブランド…
中国銀聯(ユニオンペイ)

中国銀聯(ユニオンペイ)

中国銀聯(ユニオンペイ)カードは中国発のカードです。中国の決済システムの関係上発…
P-one Wiz(ピーワンウィズ)

P-one Wiz(ピーワンウィズ)

P-one Wiz(ピーワンウィズ)は、買い物の請求料金が自動で1%オフになるユニークなク…
VIASO(ビアソ)

VIASO(ビアソ)

VIASO(ビアソ)カードは三菱UFJニコスが発行するクレジットカードです。ポイントがた…
REX(レックス)

REX(レックス)

REX(レックス)カードは価格比較でおなじみの価格コムが発行するクレジットカードです…
7CARD(セブン)

7CARD(セブン)

7CARD(セブン)カードはイトーヨーカドー・ヨークマート・セブンイレブンで使えるから便…
EPOS(エポス)

EPOS(エポス)

EPOS(エポス)oioiマルイカード作成と相談で大学生から運転免許・ホテル優待・ファミレ…
AEON(イオン)

AEON(イオン)

AEON(イオン)またはマックスバリュ系列でWAONなどの電子マネーも両立してポイント貯…
SAISON(セゾン)

SAISON(セゾン)

西友で食料品や衣料品をお買い物をする女性におススメするSAISON(セゾン)のクレジッ…
Recruit(リクルート)

Recruit(リクルート)

海外旅行傷害保険などが充実しているRecruit(リクルート)カードのリクルートポイント…
Life(ライフ)

Life(ライフ)

ボーナスポイントが豊富にあるLife(ライフ)クレジットカードのお得な使い道などにつ…
YAHOO(ヤフー)

YAHOO(ヤフー)

YAHOO(ヤフー)のオークションに出品・落札する人にはお得なヤフーならではのクレジッ…
JACCS(ジャックス)

JACCS(ジャックス)

アマゾンユーザーに人気の高いJACCS(ジャックス)のクレジットカードの特徴についてご…
VIEW(ビュー)

VIEW(ビュー)

Suicaなどの定期券付きのVIEW(ビュー)のクレジットカード詳細ページです
NICOS(ニコス)

NICOS(ニコス)

年会費が無料でポイントが2倍もらえるお得なNICOS(ニコス)クレジットカードの詳細ペ…
DC(ディーシー)

DC(ディーシー)

若年層(学生やフリーターなど)に人気のクレジットカードで有名なDC(ディーシー)の詳…
MUFG(三菱UFJニコス)

MUFG(三菱UFJニコス)

遅延保険も兼ね備えているクレジットカードのMUFG(三菱UFJニコス)詳細ページです
CITY(シティ)

CITY(シティ)

ゴールド並みの充実したサービスのCITY(シティ)のクレジットカードのページです
AMERICAN EXPRESS(アメックス)

AMERICAN EXPRESS(アメックス)

海外旅行に関するサービスが充実しているAMERICAN EXPRESS(アメックス)クレジットカ…
JCB(ジェーシービー)

JCB(ジェーシービー)

国内でも会員数トップを誇る人気のクレジットカードで生活スタイルに合わせやすいJCB…
MASTER(マスター)

MASTER(マスター)

海外でも強いMASTERカードのクレジットや利便性などの特徴について案内しているペー…
VISA(ビザ)

VISA(ビザ)

国内クレジットカードでもスタンダードな三井住友VISAカードの特徴などについてのペ…
楽天カード

楽天(ラクテン)

楽天(ラクテン)ショッピングで通販などのお買い物が多い方にご利用して欲しいクレジ…
ドコモdカード

dカード(ドコモ)

dカードはドコモが発行する独自カードです。クレジットカード以外にもプリペイドカー…
au WALLET(ウォレット)

au WALLET(ウォレット)

au WALLET(ウォレット)カードはauが展開する独自カードです。事前にお金をチャージす…

Copyright© 2014~〔最新2020.9月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.