Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ヤングゴールドカードは一定年齢にならないと作れないゴールドカードの基準を引き下げたカードです。収入水準が高いことが求められる一方でバリエーションは増えつつあり、比較的審査が簡単なものも増えているのが特徴です。

ヤングゴールド

更新日:

ヤングゴールドカードの使い方や利用方法とは

ヤングゴールドカードは社会的地位をステップアップさせる

ヤングゴールドカードはゴールドカードの審査水準を若者向けまで下げたものです。

一定年齢でなければ申し込めないゴールドカードが存在するからです。
一方で、若者でもステータス性が高いカードを求める人は多く、将来のゴールドカード所有者候補としてヤングゴールドカードが誕生したのです。

ヤングゴールドカードの特徴

ヤングゴールゴールドカードは年齢基準をゆるめたもの

ゴールドカードはステータス性が高いものであり、審査基準が厳しいものもあります。
中には社会的地位の目安にするため、年齢が重要になるケースもあるからです。

30歳以上にならないと申し込めないようなものがある一方で、それに不満を持つ人がいるのも現実です。

そのため、ゴールドカードにステップアップするためのヤングゴールドカードを作るカード会社が誕生し、年齢基準などがゆるいことから人気になったのです。

ヤングゴールドカードは減ってきている?

ヤングゴールドカードを取り巻く環境は大きく変わっています。
ヤングゴールドカードを発行している企業が減っているためです。
一つが、ゴールドカードは年会費が高くなるため、そのまま解約してしまう人も出ていたことです。

もう一つが様々な企業がブランドカードを発行するようになり、ステータス性にこだわらなければ簡単にゴールドカードを持てるようになったことです。

従来のヤングゴールドカードの名称をかえてより実用性が高いカードを作るケースが相次いでいるのです。

広義の意味でのヤングゴールドカードは増えている

従来の意味でのヤングゴールドカードは減っていますが、広義の意味では増えています。
様々なブランドが年会費を追加することでゴールド会員になれるようにしているからです。

ポイントになるのが、ゴールド会員の審査基準はブランドやカード会社によって全く異なる点です。

ゴールド会員になるためには年収の水準が厳しいものもあれば、ゆるいものもあります。

同じゴールドカードであっても、ブランドによってステータス性が大きく変わるのです。

-ライフスタイル

Copyright© 2014~〔最新2018.12月冬版〕マネフレ All Rights Reserved.