クレジットカードで現金化をはじめて行う方にとって理解できないところがあるかと思います。そんな初心者の方で今すぐお金が欲しい人へ現金化のシステムにもあるキャッシュバック方式と買取方式についてまとめてみました。

はじめて現金化をする方へ(初心者ビギナーズ向け)

はじめて現金化を利用する人たちへのやり方など

現金化を今まで利用した事が無いという人も多いかもしれませんが、どういうものか知っておきたいですよね?

現金化キャッシュバックの方式

はじめてキャッシュバック方式の現金化をするなら

商品をネットから購入し、それから「キャッシュバック」としてお金が振り込まれるような方式です。

例えば10万円今すぐ欲しい時はどうしたらいいでしょうか?
業者が運営しているサイトで、15万円の商品を買います。
買う時は、自分のクレジットカードのショッピング枠を使いましょう。
この申し込みの際に、現金を振り込んで欲しい口座の情報などを入力します。
手続きが完了すれば、業者からキャッシュバックとして10万円が即座に振り込まれるのです。
クレジットカード会社から請求が来れば、購入した金額を支払います。

現金化買取屋の方式

同じく10万円今すぐ欲しいという場合はどうしたらいいでしょうか?
業者が販売している商品をクレジットカードを使って15万円の商品を買います。
購入した後にその商品を10万円で、同じ業者が買い取ってくれるようになっているのです。
そして、クレジットカード会社から請求が来た場合には、購入した金額を支払います。

クレジットカード現金化させるにあたって安心できるサイトを選びたいですよね?
>>クレジットカード現金化の優良サイト選びはコチラ

どちらの方式でもすぐに現金が欲しいという場合に使えるものです。
はじめてだから難しいかもしれない、私にはできないかもと思っている人は多いのですが、非常に簡単なシステムなのです。

【初心者向け講座】初めて現金化をするなら押さえておきたい!

初めてクレジットカード現金化を利用する人は、どうしても手続きに戸惑ってしまいがちです。現金化自体を不安に思う人も多いため、あるいていど手続きの手順などを覚えておくと不安が解消できます。

クレジットカード現金化は一般的に商品券などを購入して業者に買取してもらう形式になるため、トラブルを避けるためにも確認が必要です。

クレジットカード現金化を利用する場合はまず業者に連絡することから始まります。ネットの入力フォームに申し込みたい金額や名前、電話番号、折り返しの電話に出られる時間帯などを入力して送信します。

直接電話で申し込める業者も存在するのもポイントです。

折り返しの連絡が必要なのは、不正なカードの利用などを防ぐための本人確認があるためです。申し込むと早いと数分で折り返しの電話がかかってきます。24時間の受付ができるオンライン業者でも深夜や早朝の連絡は避けます。

指定できる場合は都合のいい時間帯を指定しておくのがおすすめです。

電話で本人確認が済んだ場合は業者から何を購入すればいいのか、どういった取引になるかの案内が行われます。受取に使う銀行口座の情報も必要になるため、手元にカードや通帳を用意しておくのがおすすめです。

案内通りに手続きが完了した後、お金が振込まれるのです。

クレジットカード現金化は身分証明証が必要になるのが一般的

クレジットカード現金化を利用する場合は、身分証明証の提示が必要になる場合があります。これはクレジットカードの不正利用を防ぐためです。

また、商品券の買取など古物の取り扱いを行うためには身分証の提示が必須になっているため、身分証の提示を求めない業者の方が怪しくなってしまうこともあるのです。

オンライン業者の場合は免許証や健康保険証などの身分証をスマホなどで撮影し、指定の場所に送る必要があります。セキュリティの向上のために身分証と顔が両方写った画像を求められるケースも増えています。

店舗型の業者を利用する場合も身分証を持っていく必要があります。

業者によってどれだけの情報が求められるかが変わってくるため、慌てないように用意しておく必要があります。

クレジットカード番号や暗証番号は聞かれないので安心できる

クレジットカード現金化は現金化をしたい人が自分で商品券などを購入し、業者に買取を依頼するのがポイントになります。クレジットカードは本人以外が利用した場合は不正利用になってしまい、カードの停止原因になります。

そのため、手続きの一部は必ずクレジットカードの利用者本人が行う必要があるのです。

手続きの関係上、クレジットカードの番号や暗証番号などは聞かれないのがポイントです。クレジットカード現金化と不正な利用を結びつけてしまう人もいますが、実際にはカード情報を渡す必要はないのです。

振込みのための銀行口座の情報提示する必要はありますが、暗証番号なども不要です。ただし、クレジットカード現金化業者によって振り込み対応できる金融機関がかわります。

指定の金融以外に入金ができない場合や、振込みのための手数料が加算されるケースもあります。

振り込み対応できる金融機関がサイトに書かれているクレジットカード現金化業者も多いため、チェックしておくのがおすすめです。

リピーターは省略できる手続きが多いのもポイントになってくる

初心者は戸惑いがちなクレジットカード現金化の手続きですが、本人確認書類の確認は二度目以降省略できるケースが出てきます。これは業者側で身分証などのデータを保管するため、再確認する必要がなくなるためです。

古物取引の関係上身分証名証の情報は一定期間保管する必要があるため、違法な手続きではないのがポイントになります。

クレジットカード現金化の手続きは手続き慣れしている人は5分程度で済むケースもあります。最初は身分証明書の画像送信などで手間取ることがあるため、余裕を持って対応できる時間に連絡を希望するのがおすすめです。

また、即日の振込みを目指す場合は、金融機関の営業時間内に手続きをする必要があります。24時間振り込み対応の金融機関も増えているため、土日祝日の現金化を目指す場合は対応する銀行の口座を持っておくと便利です。

更新日:

Copyright© 2014~〔最新2018.11月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.