即入金してもらえる現金化の換金システムサービスとは

目次(クリックして表示)

即現金を短時間で入金してくれる現金化

今、すぐ現金が必要になってしまう事ってありませんか?

上手に現金化をするコツ

即銀行振り込みで安心させる

日常生活を送っていると、様々な場面で今現金が要るけれども手元になかったり、銀行にも無い状態があります。
ビジネスマンでもアルバイトや学生でも主婦でもお金は必要な時はありますよね?
そんな時に現金化させる事で、即入金してもらえるというサービスになります。

90%以上換金されるシステム

まずは現金化業者を使う事になります。
業者は様々ですが、インターネットを使って自分が好きな業者を選ぶのが主流になっています。
しかし、どうしても選べない場合はクレジットカード現金化ランキングなどをチェックして探す事ができるのです。
業者を見つける事ができればまずはサイトに載っている商品を買う事になるでしょう。
それを購入した後に約90%以上換金されるというシステムになっているのです。

現金がいる状況をクリアする

即現金は短時間で済ませる事ができる!という事がポイントです。
なので急いでいる場合でも即入金されるのでとても簡単に誰でもできます。
しかもクレジットカードを持っているという事で一度厳しい審査を通ったという事を認められるので審査はありません。
商品を購入後、すぐにあなたの銀行口座に現金が振り込まれているので、現金がいる状況をクリアできるのです。

クレジットカードを持っていると現金化する事ができます。

どうして現金化できるのでしょうか?


どうして現金化できるの?

誰にでも今すぐ現金が必要という事はあるのですが、消費者金融であったりすると厳しい審査があります。
けれどもその審査に落ちてしまう場合や、指定されている書類が集まらなかったりもするものです。
その場合にクレジットカードを持っているだけで、カード現金化させられるのです。
クレジットカードを作った時にカード会社から審査を受ける事になりますよね?
それを通過したから今、カードを持っているという事になるので、審査はもう通ったとみなされるのです。
なので、カードを持っているだけで現金化させる事ができます。

スムーズに現金化させるための普及について

審査は無い!と言っても現金化させる為に必要なものはあります。
まずは身分証明書ですが、ほとんどの人は運転免許証の提示で大丈夫です。
それとクレジットカードで申し込む事ができます。
そして現金が振り込まれる先の銀行口座も持って置く必要がありますが、これはクレジットカードを銀行振替にしている人が多いと思うので、皆さん持っています。
このように簡単ですのでスムーズに現金化させる事ができるのでとても普及しているのです。
業者からの商品購入、振り込み、商品配送、そしてカードからの支払いという流れになっています。


カード契約時の注意すべき点


延滞・遅延すると信用情報機関に記載される

クレジットカードは現金を持っていなくても買い物ができる非常に便利なカードですが、カードを契約して作る場合には注意すべき点が数多くあります。
まずクレジットカードと言うものは現金の代わりに支払いができますが、必ず支払いがひと月、もしくは二月遅れで発生する為、使用状況を自分でしっかりと確認しておかないと支払いができないという状況を生み出すことになります。
もし延滞や遅延をしてしまうとその情報は信用情報機関に記載されることとなり、複数カードを所有していた場合にはそれら全てが利用できなくなるといったことも考えられます。

総量規制の貸付などを認識しておこう

次にクレジットカードのキャッシング枠の扱いに関しても注意が必要で、カードのキャッシング枠は貸金業法総量規制と呼ばれる規制の対象となる部分です。
総量規制では年収の三分の一までの貸付という規制があるため、もしカードにキャッシング枠があり、複数キャッシング枠付きのクレジットカードを所有してる場合には、それだけで年収の三分の一を超えてしまう恐れがあり、キャッシング枠が使用できないという状況が生まれてしまいます。
クレジットカードのキャッシング枠に関しては一切使用していなくても、30万円のキャッシング枠が付帯していればそれは30万円借りていると見なされてしまいますので、それが3枚あれば90万円の借り入れがあると見なされることになります。
その為年間費が無料だからとカードをたくさん作ってしまうと他のカードローンが利用できないといった状況を生み出すことにもなります。

効率の良く無駄な支払いを省くようにする

それとクレジットカードを利用する場合には、翌月一括やボーナス払いを利用するほうが利息の支払いが発生しないため無駄な支払いを抑えることができます。
分割払いの場合は分割回数により利息の金額が異なりますが、ボーナス一括の場合は先払いがOKになりますし利息も発生しないため、毎月分割したつもりでお金を貯めておきボーナス一括払いの月に支払いを行うほうが、無駄を大幅に省くことができますので上手に利用すると良いでしょう。

即現金がほしいなら24時間対応の口座が便利!土日もお金が受け取れる!

即現金が欲しい場合に便利なのがクレジットカード現金化です。キャッシングの新規受付のように審査が存在せず、簡単な本人確認で利用できるのも魅力になっています。

店舗型の業者の場合はその場で現金が受け取れるケースも多く、即現金がほしいというニーズに応えてくれます。

ただし、オンラインで現金化を行う場合は入金のタイミングに注意が必要になります。これは15時以降に振込が反映されない金融機関が多く、時間を過ぎると翌営業日に振込みが反映されることが多いからです。

土日祝日を挟むとさらに振込みに時間がかかるためクレジットカード現金化で最も気をつけたいポイントになっています。

ただし、24時間振込みに対応できる金融機関も増えていて、クレジットカード現金化業者も24時間対応の金融機関を推奨するケースも増えています。振込手数料の安さが魅力になっている金融機関も多く、業者も積極的に利用しているのも特長です。

代表的な24時間振込対応の金融機関は、ゆうちょ銀行、各種インターネットバンク、一部のメガバンクになります。

24時間対応になるメガバンクも増えているため、チェックしてみるのもおすすめです。

業者によって振込対応できる金融機関に違いがあるのもポイント

オンラインのクレジットカード現金化は非常に便利です。24時間対応の口座を持っていない場合も、平日15時までに手続きを完了させれば当日中に振込まれるのが一般的になっています。

即現金がほしいという人も満足できることが多いのです。

ただし、クレジットカード現金化業者によって振込対応できる金融機関に違いがあるのもポイントになります。これは指定の金融機関以外に振込みを行おうとすると手数料が増えてしまい、収益に影響を与えることがあるためです。

まずクレジットカード現金化業者の対応金融機関を確認し、それから申込むのがおすすめになります。

ホームページなどで記載がない金融機関への振込みが可能であっても、振込手数料が発生する場合もあります。もともと振込手数料がかかるかわりにほとんどの金融機関に振込める業者も存在するため、気になった場合は問い合わせてみるのもおすすめです。

業者によって対応が違うことを認識しておくことが大切になります。

即現金がほしいならクレジットカードの残高もチェックしておくこと

即現金がほしいならクレジットカードの残高をチェックすることも大切になります。クレジットカード現金化はショッピング枠が必要です。現金化する枠自体が残っていなければ現金化ができなくなります。

また、クレジットカード現金化業者によって最低の現金額がかわってくるからです。

クレジットカード現金化は1万円からの対応になる業者が大半です。1万円ではなく数千円単位で対応してくれる業者も存在しますが、換金率が下がる原因になりやすいのです。また、こまめに換金しようとすると振込手数料や引き出しの手数料などが増えてしまう原因にもなります。

いざ現金化しようとした際に残高自体がないという自体を避ける必要があるのです。

現金化するのであれば、金額が大きいほどお得になりやすいのも覚えておきたいポイントになります。実際に金額に応じて換金率の割合がかわる業者は多く、比較して使うことが大切になるからです。

クレジットカードの残高はクレジットカード会社に問い合わせるほか、インターネット上で確認できることが多くなっています。こまめにチェックすることがプラスに働くことも多いのです。

即現金化サービスは便利でも予想がつきにくいので金額には注意が必要!

手元にあるものを即現金にかえる即現金化サービスが増えています。アプリなどを経由して処分したいものの画像を撮影して送るだけで、現金化することができるのです。リサイクルショップなどに持ち込まなくても身の回りの物を現金化することができるため、人気になっています。

現金化したアイテムは後日指定の場所に送ればよいため、自宅にいながら現金を作れるのです。

ただし、即現金化サービスは現金化できるものが限られます。洋服や本、ゲームなどに限定されるサービスも存在するため、自分の手元に該当するアイテムがあるかも大切になります。

また、金銭的な価値が少ないものに関しては査定額自体も低くなります。現金化はできても満足な金額にならない場合や、必要な金額に足りないケースもあるのです。

送料や振込手数料などが発生することもあります。便利な分手数料などの負担が大きく、自分でリサイクルショップなどに持ち込むか、時間をかけてオークションなどで売却した方がお金になる場合も多いのです。

振込みを依頼して銀行に反映されるまでに時間がかかるケースもあるため、即日受け取れない可能性がある点にも注意が必要です。

クレジットカード現金化と即現金化サービスの違いは

即現金化サービス以前からまとまった現金を作るのに利用されていたのがクレジットカード現金化です。クレジットカードのショッピングで購入したギフト券を業者に買い取ってもらうことなどで成立します。

即日の現金化も可能で、ショッピング枠さえ残っていればある程度まとまった金額を手に入れることも可能なのが魅力です。

即現金化サービスと違うのは、ギフト券の買取価格は非常に高く設定されていることです。90%を超える換金率になるケースもあり、クレジットカード現金化が人気になる理由にもなっています。

物を購入して即現金化サービスを経由するよりも効率が良いのです。ただし、ショッピング枠を使って買い物をするため、ショッピング枠を使った分の返済は必要になります。

即現金化サービスはブランド品しか買い取れないなどそれぞれのサービスで特徴があります。査定を依頼しないと金額がわからないことも多いため、より確実に現金化をしたい場合はクレジットカード現金化を利用した方法が便利なこともあります。 それぞれに違いがあるため、場面によって使い分けた方がいいことも多いのです。

他にもクレジットカード現金化が優れている部分は多い

即現金化サービスよりもクレジットカード現金化が優れている部分もあります。オンラインの現金化業者の場合買取もネット上で完結することが多く、物を送ったりする手間が要らないのです。

即現金化サービスは実際に物を送らなければならず、梱包などの手間がかかります。手続きさえ済んでしまえば他に追加でやることがないのがクレジットカード現金化のメリットになります。

店舗型の業者の場合も即日現金が受け取れます。

即現金化サービスの場合は15時以降の振込みや、土日の振込みに対応していないのが一般的です。しかし、クレジットカード現金化の場合は15時以降の対応や土日の振込みにも対応している場合が多くなります。

24時間の入金が受けられる金融機関も増えているため、対応する口座を持っていれば土日祝日でも現金化が可能です。

17時以降も営業しているクレジットカード現金化業者も珍しくないため、すぐにお金が欲しい場合は使いやすくなっています。即現金化アプリが使いにくい場合はクレジットカード現金化から優先するのも方法です。

即現金化アプリは画像を撮って送れば現金化が可能だがアプリごとの違いもある

即現金化アプリとは、品物の画像を撮って送り、査定してもらうことで身の回りのものを現金にかえられるアプリのことです。

『CASH』をきっかけに様々なアプリが開発され、バーコードを読み込むタイプなども誕生しています。

不用品を処分しながら現金にできるのが魅力で、一気に身近なものになりました。

即現金化アプリで現金化したものは、期日までに指定住所に送る必要があるのもポイントになります。梱包の手間がかかるほか、送料がかかるケースもあるため査定額をそのまま受け取れるわけではないことに注意が必要です。

また、撮影時の状態よりも送られたものの状態が悪い場合は返金を求められる場合や、利用者の評価が下がるケースなどもあります。

利用規約をしっかりと確認した上で利用する必要があり、あらゆるものを現金化できるわけではないことに注意が必要です。振込みに時間がかかることもあるため、アプリごとに振込みのタイミングをチェックし、確実に手続きをすることも大切です。

査定が終わってすぐに口座に振り込まれるとは限らないのです。

即現金化にフリマアプリは使える?金額を安くしないと厳しい点

フリマは不要なものやハンドメイドの品物を現金化することができます。手軽に使えるフリマアプリで、一気に身近な存在になります。

不用品を即現金化することも可能で非常に便利です。 ただし、フリマアプリで身の回りのものを処分する場合は、価格に気を配る必要があります。見た人が買いたいと思う価格でなければすぐに売れることがないからです。

時間をかけて売るのか、即処分したいのかでも値段のつけ方がかわってきます。

もともと商品の相場を知っていなければ即現金化は難しくなります。根付けの仕方がわからず安い価格で出してしまい、あとで損をした気分になるケースもあります。適正価格で即現金化することは難しいのです。

即現金化を目指す場合は値段を安くするなど工夫が必要です。また、値段のつけ方だけでなく、送料をどちらが負担するかという条件などをつけることも大切になります。

商品画像の見た目によっても売れ方がかわってくるため、キレイに撮影するなど工夫した方が良いことは多いのです。

システムを利用することでかかる手数料がかかるため、売れた金額=手元に入る金額ではないことにも注意が必要です。

メルカリは即現金化に使える?実はなかなか売れないことも実は多かった

フリマアプリとして普及しているメルカリは、身の回りのものを処分してお金に変えられるのが魅力です。不用品を即現金化できることがあるのもポイントで、便利に使っている人も多いのです。

ただし、メルカリの仕組みをしっかりと理解していないとイメージにズレが出てしまうこともあります。

まず、メルカリで売上げが反映されるのは、取引品の発送が完了し、お互いが評価をつけた時点になります。発送や評価が遅れれば売上げを受け取るのも遅れてしまうのです。そのため、即日のお金の受取は困難になっています。

売上げが反映されても、振込みの手続きをしなければ口座に振り込まれず、指定時間までに振込依頼をかけなければ翌日以降の振込みになるのもポイントです。

即現金化を目指すなら「メルカリNOW」と使い分けるのがおすすめです。

メルカリには利用規約があり、商品券などの取引が禁止されているのもポイントです。換金率の高いものの直接取引ができないため、すぐにまとまったお金がほしい場合は金券ショップなどを使った方が良いケースも出てきます。

すぐに売れる値付けなどに自信がない場合は、クレジットカード現金化など相場が安定しているサービスを優先するのも方法です。

ブラックリストに入っていてもカードは使える?現金化のポイント!

ブラックリストに入ると新規のクレジットカードを申込んでも審査に通らなくなります。3ヵ月連続で支払いが遅れた場合や、債務整理をするとブラックリストに入ります。金融事故とも呼ばれ、最低でも5年程度は新しくカードが作れなくなってしまうのです。

ただし、ブラックリストになったからといって、即座にカードが使えなくなるとは限らないのがポイントです。

支払いをしっかりとしているカードに関しては停止されないケースがあります。

クレジットカードが停止されない可能性があるのは、任意整理で該当するクレジットカード会社を除いて債務整理を行った場合などです。

ただし、厳格な審査を行うカード会社の場合はブラックリストに入った時点でカードが使えなくなるケースもあります。

クレジットカード会社によって差があるため、実際にブラックリストに入らないとわからないケースもあります。

自己破産や債務整理のために解約したカードを使おうとすると、債務整理自体が認められなくなるなど深刻な影響が発生することもあります。

ブラックリスト入りしていてもクレジットカードが使える場合は現金化が可能

ブラックリストに入っていても、カード会社によっては問題なく使えるクレジットカードも存在します。ただし、限度額が最低限になってしまうなど後々影響を受ける可能性もあるため注意が必要です。

クレジットカードが利用できる範囲であればショッピングに利用することもできます。

キャッシング枠に関してはストップされるケースが増えますが、ショッピングに使えれば支払いの幅が大きく広がります。

キャッシング枠が使えなくても、ショッピング枠を利用して現金化するという方法もあります。ギフト券等をクレジットカードで購入して業者に売却すれば、かなりの換金率になることもあるのです。

即日の振込みに対応している業者も存在するため、すぐにお金が必要な場合に便利です。

クレジットカードが使えても余裕を持って使うことが大切

ブラックリストに入っていてもクレジットカードが使えるケースもありますが、突然停止されるケースがあるのもポイントになってきます。

クレジットカード会社は一定期間ごとに契約のチェックをするケースが多く、問題があるとカードを停止される原因となることがあるからです。

停止に時間差が生じることがあるだけで、カード会社が認めているとは限らないのです。

また、クレジットカードが使える状態であってもリスクのある人間としてチェックされる可能性は高くなります。常に限度額まで使っている状態が続けば、破産の恐れがあると疑われやすいからです。

不正な利用を疑われてしまうケースも出てくるため、残ったクレジットカードを生かすためにも借りすぎには注意が必要になります。

PageTop