九州・沖縄地方の特徴について

目次(クリックして表示)

温暖な気候で地域性の豊かな九州・沖縄地方は観光地として人気

九州エリアは日本の南西部にある島で、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県の7県とその周辺諸島から構成される地方の総称です。

九州新幹線 九州は元来、筑前、筑後、肥前、肥後、豊前、豊後、日向、大隈、薩摩の九つの国から形成されていました。

明治維新後の廃藩置県によって七つの県となり、対馬や壱岐、奄美群島を加えて九州地方と呼ばれるようになりました。

明太子と博多ラーメンセット 海に囲まれた九州エリアは特産品もバラエティー豊か。

ことに江戸時代に唯一外国との貿易が許されていた長崎県は九州の中でも独特の文化を形作っています。

福岡県の明太子や博多ラーメン、佐賀県の湯豆腐やみつせ鶏、長崎県のカステラやちゃんぽんに皿うどん、大分県のかぼすや柚子胡椒、熊本県の馬刺しにからし蓮根、宮崎県の地鶏や宮崎牛、マンゴー、鹿児島県の芋焼酎やサツマイモなどが有名です。

亜熱帯に属する地域もある沖縄エリアは独自の文化や風習が魅力

南国の沖縄にあるハイビスカス

九州地方に含まれることの多い沖縄エリア。沖縄は日本列島の南に位置し、琉球諸島を占めています。

エリアの大部分が亜熱帯気候に属しているため、冬でも平均気温が18度以上あるところも。

歴史的背景としては明治時代まで日本と清国の両国に属し、琉球王国として独自の文化を築き上げてきました。その名残は今でもエリアの人達の生活の中に息づいています。

人気の観光地で、特に美しい海を求めて全国から多くの人達が訪れます。

九州・沖縄地方でクレジットカード現金化を便利に利用するには

博多キャナルシティの街並み

数こそ多くはないものの、九州・沖縄地方にもクレジットカード現金化の店舗業者が存在します。

九州エリアでは主要都市の福岡県の福岡市や北九州市に集中しているのが特徴です。

業態はさまざまで、クレジットカード現金化に特化した業者もあれば金券や貴金属の買取業務と並行してクレジットカード現金化も扱っている業者もあります。

また沖縄エリアにも地元を拠点としたクレジットカード現金化業者が存在しますが、こちらは店舗型ではなくネット申込の無店舗型です。

沖縄県で本州を拠点とするクレジットカード現金化を利用した場合、商品の送料などが高くつくことが想定されるため、沖縄県内で完結する業者が利用されるケースが見られます。

九州沖縄地方のクレジットカード現金化とも店舗によって換金率や現金化にかかる時間がさまざまなため、事前に利用条件をチェックするのは必須です。

口コミなどの評判をリサーチをしたり来店前に予約を入れるなどしてから利用したほうがよいでしょう。

マネフレ全国エリア推奨サイト

  • プライムウォレット
  • 24キャッシュ

    24キャッシュは経費削減、利益度外視で利用者に還元!他業者とは一味違うサービスが人気です。現金化業者利用時にネックとなる手数料や経費をギリギリまで削減し、最高還元率98.8%をたたき出した24キャッシュ。新規利用の場合にはさらにお得なサービスが目白押しです。申込はインターネットか電話で完了、土日祝日でも深夜早朝でもいつでも受け付けています。

PageTop

九州・沖縄地方で現金化するならコチラ