よくある質問

現金化で準備すものは?

現金化をするための準備

クレジットカード現金化の準備 2014年2月現在、クレジットカードの現金化合法です。
そのため罰せられることはありませんが、法律スレスレの行為であることは自覚しておきましょう。
尚クレジットカードの現金化には準備が必要です。
下記の要点を確認し、足りないものは準備し、不明点は解消しておきましょう。

  • クレジットカードのブランドは?

    カードの右下にMasterCard”や“VISAと記載されています。
    改めて把握しておきましょう
  • 利用可能額および限度額の設定は?

    利用可能額がわからない又は忘れてしまった場合には、請求明細書で確認を行えます。
    またサービスによっては、ウェブ上からの確認も可能です。
    限度額がわからないというケースはないと思いますが、その場合は契約書を確認して下さい。
    そちらに記載されています。
  • 身分証明書も必要ですか?

    公的なものであれば何でも構いませんが、カード会社によっては写真付きの証明書を求められることもあります。
    その場合は、免許証やパスポートをご用意ください。
  • 振込先の口座はあるのか?

    現金化には、それを受け取る口座が必要です。
    どの銀行口座でも構いませんが、確認に手間を取りたくないのであればインターネットバンキングを推奨します。

金利はどのようになっているのですか?

金利を見てみよう!

金利のメリット クレジットカードを現金化する理由は各々ですが、やはり“金利”に関するメリットを取る人は多いと思います。
闇金ほか、金利が馬鹿らしいサービスを利用すると、後処理が非常に面倒です。
では、クレジットカードを現金化した場合、金利はどうなるのでしょう。
下記は一例ですが、現金化を検討している方はご参考下さい。

  • 商品購入後、買い取ってもらう形の現金化

    業者が指定する商品を購入し、それを買い取ってもらうことで現金化を行います。
    金利の計算は非常に単純で、購入金額-売却金額の差分が金利として扱われます。
    詳細はケースごとに異なりますが、大体14~16%と考えておきましょう。
  • キャッシュバック付の商品を購入する形の現金化

    こちらの場合は、キャッシュバック(還元)率が算出に使われます。
    カード会社や現金化業者により詳細は異なりますが、大体80~90%と考えておきましょう。
    尚、95%以上という場合もあるため、事前にしっかりと確認を行って下さい。

クレジットカードの現金化は、2014年2月現在“合法”です。
社会的信用が傷つくこともなければ、高い利息に苦しめられることもありません。
安易にキャッシングするよりは、とても健全といえるでしょう。
もちろん、利用は自己責任です。
如何わしい現金化業者も存在するので、くれぐれもご注意ください。

還元率とは何ですか?

還元率で業者を選ぶ

クレジットカードを現金化する際に気になる事はやはり還元率です。
還元率って何?
と思われる人もいるかもしれませんが、還元率とは言葉通りどれだけ戻ってくるのかという意味です。

例えばクレジットカードの現金化では還元率100%という数字はありえませんが、還元率が100%なら100万円が100万円として戻ってくるわけです。

クレジットカードの現金化では通常90%前後が相場となっています。
信用出来るかどうか判断 これでもかなり高い還元率で、それでいて返済時の金利が低いので他でお金を借りて高い金利分も合わせて返済する事を考えれば、 クレジットカードを現金化するのが一番負担が少なくお金を借りる事が出来る方法だというわけです。

さてこの還元率ですが、当然ながら高ければ高いほど魅力的なわけですが、じゃあ、業者選びで一番高い還元率の業者を選べば失敗はないのか?
というと一概にそうとは言えません。
還元率が高いとアピールしているのは人を集めるためで、実際は口座にお金すら振り込んでくれない還元率0%の悪徳業者かもしれないのです。
悪徳業者に騙されないためには還元率の高さだけで業者を選ばすに会社概要などや口コミなどで信用出来るかどうか判断してから選ぶようにして下さいね。

PageTop

Copyrights (c) 2014 - 2016 マネフレ All rights reserved.
キャッシュライン