今すぐ見直そう!間違った節約は命取りで大損する

目次(クリックして表示)

今すぐ見直そう!間違った節約は命取りで大損する

普段節約して生活している人は多くいますが、その節約は本当に正しいのか、節約になっているのかという事を今一度振り返ってみると、意外と間違ってる事が多くあります。楽しく無理のない節約に見直す事が大切です。

家計を守る主婦の皆さんは特に節約という事に敏感だと思います。毎日コツコツ節約している人も多いですが、その節約方法はもしかしたら、間違っているかもしれません。そもそも節約というのは、苦しみながらするものではなく、無理なくコツコツ楽しく行う事で、長く継続していけるものです。

1週間のまとめ買い

節約のつもりのまとめ買いが逆に無駄な出費になることもあります日々家事や育児などに忙しい主婦のみなさんは、食料品などの買い出しも頻繁に行ける余裕もない事もあります。1週間分の食材などをまとめ買いして、他の日は買い出しには行かないから、出費もないといった考え方の人もいると思います。しかし、まとめ買いは節約にはあまり繋がらないのが現状です。

1週間分の3食のメニューを全て細かく決めて、その分だけをまとめ買いするという事は難しく、いざ買い出しに行くと、安いからコレも買おうというかたちで買ってしまって、結局は必要のないものまで買ってしまっている事が多いんです。できれば、2日に1回のペースで、メニューに使うものだけと決めて買い出しにこまめに行く事の方が節約に繋がります。

スーパーのチラシを見てもわかるように、特売日は何日もあるので、それに合わせてメニューを考えてそれだけを買いに行く方が小銭だとしても、家計簿集計日には手元に残りやすくなります。

ストックは買わない

まだ自宅に予備があるものでも、いつもより安くなってるから、余分にあっても困るものではないから、ゆくゆくは使うものだからその時買わなくていい分お金が浮くなどと考えて、予備として買ってしまう人も多いですが、基本的にそういったストックを安い時に多く買い込むのは間違った節約かもしれません。結局はそれがサイクル的に繰り返しおこなわれて、余分に出費しているのと同じになります。

商品が安く販売される事は珍しい事ではなく、1ヶ月~3ヶ月の間にはだいたい同じ商品が安くなる時が出てきます。それまでに無くなりそうであれば仕方ありませんが、今すぐ必要ではないもの、まだ当分減らないものなどはストックとして買うのは避けるべき。安くなる機会はまたすぐ巡ってきますのでその分節約できます。

ライフラインの節約

電気やガスはつけたり消したりすると節約にならない夏場などエアコンをつけると電気代が高くなるなど、節約のためにつけたり消したりを繰り返す。これも代表的な間違った節約です。

電化製品というものは、一気に電気を消費する時に電気代が一気に上がるもの。ガスも同じです。

例えば、湯沸かしポット。これも、ずっとコンセントにさしたまま保温をしているので電気代が高くなると思われがち。確かに一定温度に保ち続けるのは電気代はかかりますが、沸かす時に1番電気を使います。ポットのお湯が少なくなったからと足し水すれば、一定温度まで上げるために電気を急激に使う。これが電気代が高くなる原因。

その都度沸かす電気ケトルの方が高くなる可能性もあるという事です。お湯を使う頻度が多い家庭であれば、その辺りは考えてみる必要があります。

万能調味料はアイデア次第

節約をしていても結果が伴っていないのであれば、それは間違った節約をしているからなので、色々見直して賢い節約に改善するべきです。

節約は決してケチケチしているものではありません。有意義な節約をすれば、心にもゆとりがあります。料理1つでもアイデア次第で、美味しくて健康にも良く節約できる料理もあります。

普段何気に使っているドレッシングでも、家にある調味料で作れてしまうものや、ソースなども自家製のものが作れてしまいます。○○炒めの素などといった味付け調味料は、手軽で良いですが意外と自分で作れるものが多いんです。特にめんつゆは万能調味料と言われていますが、そのめんつゆさえ自宅にあるもので作れるのですから、自分で作ればその分の費用が節約できます。

自分で簡単にできるものはやるという事が賢い節約方法の基本だと思います。

簡単安い!節約料理レシピ献立メニュー一週間

漠然と買うから計画的に買うへ

頑張って節約しているけど、貯金もなかなかできないし、1ヶ月に余るお金も少ない、全くないという人は、節約方法が間違っている可能性が高いので、今一度見直す必要があります。

計画的に楽しく節約しましょう。基本的には安いから買うという「漠然と買う」という事はやめて「計画的に買う」「必須なものだけ買う」という事を身につける事、1ヶ月の生活費は必ず1週間分ずつ振り分けておき、ゲームのような感覚でやりくりして、末日に残った小銭を報酬として貯金箱へ入れるという方法も楽しみながらでき、これが結構貯まるんです。

節約は楽しみながらやれるのが1番なので、ケチケチしたり無理するのではなく、ワクワクしながら目標を持っておこなうと、長く続き、うまく節約できて貯まっていきます。一気に高い金額を節約しようとするから無理が生じるもの。100円でも締め日に残っていれば、先月より100円節約できたと喜び、翌月へ繋げる前向きな気持ちも節約には大切な事です。

PageTop

Copyrights (c) 2014 ~〔最新2017.11月秋版〕マネフレ All rights reserved.