年収200万以下のワーキングプアでも電子マネーの現金化を利用すれば貯金できる

目次(クリックして表示)

年収200万以下のワーキングプアでも電子マネーの現金化を利用すれば貯金できる

ワーキングプアの増加が近年社会問題となっていますが、しかし給与が低いからと言って貯金ゼロでは、思わぬ事故や病気になってしまったとき、大変なことになります。そこで、生活に余裕がない人でもできる貯金方法をお伝えします。

最近、生活保護以下の収入で生活する人が増えています。そのような人をワーキングプアと呼び、社会的な問題になっています。この記事では、ワーキングプアが増える原因や、少ない給与の中からでも貯金できる方法などをまとめてお教えします。

近年問題となっているワーキングプアの原因とは

ワーキングプアとは、働く貧困層と呼ばれ、ちゃんと働いているにもかかわらず生活保護以下の収入しかない人のことを指します。その年収は、200万円以下と言われ、最近では100万円以下の人も増加しています。その上、ワーキングプアの予備軍も増えており、賃金構造基本統計調査の発表では、年収が200万円以下の人は現在約1069万人いるとされます。

男女比でみると、年収200万円以下の男性は約10%、女性は約40%と言われ、特に女性の貧困化が問題とされています。ワーキングプアが増加した原因は、企業が正規雇用の数を減らし、派遣社員・契約社員・委託社員・パート・アルバイトなどの非正規雇用の数を増やしたことです。

非正規雇用には、昇進がなくボーナスも支給されません。時給もほとんど上がることがないため、低賃金のままずっと働くことになります。そのため、再就職先を探す期間に必要な生活費を確保することもできないため、貧困な生活から抜け出せずにいます。このような悪循環があるため、ワーキングプアは増加し続けています。

徹底解説! 2018卒 就活スケジュール

ワーキングプアの年収は基本的に200万円以下

ワーキングプアの年収は、200万円以下とされ、1月の手取り額は約15万円です。最近では100万円以下の人も多く、その場合の手取り額は約9万円となります。月収9万円で生活するためには、旅行はもちろん、外食や衣料品などにもお金を使うことはできません。

そのため、このような人は生活するだけで精一杯で貯金がほとんどありません。しかし、生活に余裕がないからといって、貯金ゼロのままで暮らすのは危険です。生きていると、突発的な病気や事故、自然災害、勤め先の倒産やリストラなどのあらゆる不幸と遭遇します。そんな時、自分を守ってくれるのはお金です。

急に病気になっても、貯金があれば治療に専念することができ、失業しても納得のいく会社を見つけるまで就職活動を行うことができます。このように貯金は、自分を守るためには欠かせないものです。

職種別モデル年収平均ランキング2017(1~50位)

楽天市場で買い物して貯めたポイントを現金化して貯金しよう

貯金ができない人は、まず毎月少額でもお金を貯めることを意識しましょう。貯金への第1歩としておすすめの方法は、楽天ポイントの現金化です。楽天ポイントとは、ネットショッピングサイトの「楽天市場」で利用される電子マネーで、サイトで販売されている商品を購入すると付与されます。

ポイントと言ってもバカにできません。貯めたポイントを使って、ギフトカード・金券などを購入し、さらにそれを金券ショップでお金に換えるといった具合に、現金にして使うこともできます。衣料やコスメなども含め様々な日用品から食品まで、幅広い商品が楽天市場では販売されているので、今までスーパーで買っていたものを楽天市場で買うだけで、お金(ポイント)が手に入ります。そのお金を毎月コツコツ貯めていけば、大きな貯蓄となるのです。これを知ると、ポイントを貯めていないという事が、いかにもったいないか分かるはずです。

また、基本は購入金額の1%がポイントとして還元されますが、期間限定で10%還元のようなキャンペーンもあり、うまく利用するとさらにお得にポイントを貯める事ができるため、楽天ポイントは貯まりやすいと人気があります。

給与が安くても、将来のことを考えて貯金することが大切です。お金を貯める意志があれば、工夫次第で、節約したりお金を作ったりすることはできます。将来の不意の事態に備えて、日頃からコツコツお金を貯める努力をしましょう。

PageTop

Copyrights (c) 2014 ~〔2017.10月最新秋版〕マネフレ All rights reserved.