クレジットカードで商品券を買えばポイントも貰える!上手な活用法

目次(クリックして表示)

クレジットカードで商品券を買えばポイントも貰える!上手な活用法

商品券は換金性が高く、自分が使わないものを売却することで収益に変えることもできます。自分で購入する場合はクレジットカードで購入できるものを狙えば換金性が高まります。利用方法を考えれば現金化が簡単なのが商品券なのです。

商品券には様々な種類があり、非常にメジャーなものからマイナーなものまで流通しています。ポイントになるのが商品券は換金性が結構高いと言うことです。上手く売却できれば額面の90パーセント程度の収益を手に入れることができます。ただし、マイナーなものは買取額も低く、思ったほど収入にならないこともあるのが欠点です。

商品券は様々な企業が発行している

いろんな商品券があります商品券は様々な企業が発行していて、自社やグループ店、提携店などで使えるようになっています。百貨店などの使いやすいものからローカルに根ざしたマイナーなものまで種類も様々です。企業としては先払いでお金を貰う形であり、気持ちよく発行できるのがポイントになっています。

プレゼントなどにも良く利用されていて、現金よりもソフトに気持ちを伝えてくれる面もあります。現金だと生々しすぎると考える人もいるからです。カタログギフトと並んで人気のアイテムであり、何より貰って困ることがほとんどないのが魅力です。

割り増し商品券などを買う機会も存在する

商品券は金額そのままのものだけでなく、タイミングを選べば割り増し商品券を購入することが可能です。主に初売りの際に売り出されることがメインになるものの、必ず使うものであれば割り増し分だけお得に活用できます。使い道が限定されることもありますが、大きなプラスになることもあるのです。

一方で、割り増し商品券の発行はどこでも理解できるため、買い取り相場が安くなりがちな点に理解が必要です。商品券は換金性が高いものの、使いやすさやなどで買取金額が大きく変わります。出回りやすく、消費されにくいものは安くなりがちなのです。

現金以外で商品券を購入できるケースも

インターネット通販が発達したことで、現金以外で商品券が購入できるケースが増えています。クレジットカードの利用でポイントがたまるケースは珍しくなくなっていて、ポイントと商品券の両方が手に入るケースがあるのです。お得に生活をしたいのであれば、上手く活用するのがおすすめです。

注意したいのは使い勝手が良いものの、買いすぎて困ってしまうケースがあることです。お得なのはあくまでバランスが取れていることが前提です。無理に買っても使い道に困ってしまえばマイナスなので、後先は考える必要があります。

困った時は現金化してしまうのも方法

困った時は商品券を現金化!困った時は購入した商品券を現金化してしまう方法もあります。キャッシング機能がないカードでも、商品券の購入から売却につなげれば現金化が可能だからです。買取依頼時に目減りはするものの、キャッシングで利息を取られるよりもマシなケースもあります。

キャッシング枠を使い切っていても、クレジットカード枠で現金化が可能なのもポイントになります。買取価格が高いものを選べばそれほど目減りしないだけでなく、かなりのスピードで現金かできます。ネット上の商品券なども含めて考えれば選択肢も大きく広がるため、目減りが低いものや振込みが早いサイトなど、目的に合わせて選べば良いのです。

クレカ現金化の時事トピックス

PageTop