ブランド品の買取ルートは多彩に!より高く売るためのコツとは

目次(クリックして表示)

ブランド品の買取ルートは多彩に!より高く売るためのコツとは

ブラン品が欲しいと思う人は常に絶えず、中古品の需要も常にある状態です。ブランド品は高く売れるケースが多く、使った以上の満足度が戻ってくる場合があるのです。お金にかえることが難しくなく、現金化しやすいアイテムの一つになっています。

注意したいのは、どんなブランド品から買い取り相場が大きく変わるということです。どこに売るかも重要で、手近なリサイクルショップなどでは安く買い叩かれてしまう場合もあります。現金化のスピードを重視するかどうかもチェックしつつ慎重に比較するのがおすすめです。

ブランド品の買取相場はお店のジャンルで異なる

ブランド品は高値買取が基本になりますが、高値の基準はお店によって異なります。これはブランド品を購入しても販売するルートがなければ、専門店に売りなおしたほうが高くなる場合があるためです。

大手リサイクルショップであれば買取の水準などが決められており、場合によっては想定以上の高額がつくこともあります。ただし、水準にバラツキが出やすいことと、品物を見る人間の見る場所によって価格が大きくかわることがあるのがポイントになります。

個人経営のリサイクルショップの場合は話はさらに複雑になります。ブランド品を買い取ってもお客が少なければ売れ残る可能性が高まるからです。そのため安定した価格がつきにくく、相場よりも安値になりがちなのです。

基本的にブランド物は、ブランド物専門の買取ショップに持ち込んだほうが高額になり、価格も安定しやすくなります。また宅配買取の専門店なども増えていて、自宅にいながらブランド品買取を依頼できるようになっているのもポイントになります。

フリマアプリを使ってブランド品を売る人が多くなっている

中古ショップで販売するよりも身近になりつつあるのが、フリマアプリやオークションを通じた売却です。お店に売る場合はお店の販売分や人件費の関係でどうしても価格が安くなってしまう可能性があります。しかし、フリマアプリやオークションの場合は手数料を除いた売却価格がそのまま手元に入ってくるのです。

フリマアプリを利用する場合の注意点は、手数料と送料の負担です。フリマアプリを利用した場合は販売額から手数料を差し引いた金額が入金されるケースが多く、手数料が高い場所で売ればそれだけ目減りしやすくなる原因になります。また、出金のタイミングもアプリによって異なり、時間がかかってしまうものもあります。

自分で値段をつけなければならないため、欲を出しすぎると売れるのに時間がかかるケースもあります。見栄えよく撮ることも重要で、出品画像の出来栄えで価格が高くても売れるようになるケースもあります。早く売るために安くするのか、多少粘っても高めで売るかを意識し、バランスをとる必要があるのです。

フリマアプリの場合は値引き交渉をしてくる人もいるため、手に取りやすい価格にするか、交渉前提で高めに設定するかという駆け引きも存在します。送料の負担をどちらにするかも考えておきたいポイントです。

オークションはリスクも大きいことに注意が必要

オークションを利用してブランド品を売ることも可能で、場合によっては非常に高い価格で取引が成立する可能性があります。フリマアプリと同じく商品の見た目や撮り方が重要になるだけでなく、入札する人が欲しいと思える情報をうまく織り込むことが大切になります。

プラスの情報だけでなくマイナスの情報をある程度入れてしまう方法もあります。未使用の美品であれば最高ですが、1回でも使ったことがあれば価値はそれだけ下がります。使用感がある場合は難点がある部分を正直に買いたほうがよく、クレームを避けるポイントにもなっています。

オークションで注意したいのは成立後のトラブルです。オークションのシステムによっては入金がされないなど、成立後のトラブルに発展することがあるからです。フリマアプリでも同様ですが、事前にクレームが入らないようにある程度注意書きを充実させるなど自衛の意識も大切になります。

また、想定よりも価格が安くなってしまう可能性があるのもオークションの弱点です。常に高く売れるとは限らないためギャンブル性があることに注意が必要です。

ブランド品の買取はリスクが高いほど高額になりやすい

ブランド品の買取価格は、取引時のリスクに大きく影響されます。ブランド買取ショップに依頼した場合は価格が安くなる可能性がありますが、取引時のトラブルに合う可能性がなくなります。買取が成立した時点で現金化できるため、スピーディーなのも魅力です。

一方でフリマアプリは売買契約が成立した後にキャンセルの申し入れがあったり、返品やクレームの請求があるなど取引時のトラブルに繋がるケースがあります。トラブルを防ぐだけでなく、実際にトラブルにあってしまった場合はどうするかを考える必要があるのです。

ネットオークションも同様で、価格が低くなるリスクや落札後のトラブルに発展するケースもあります。高く売れる可能性があるものの、ストレス元になる可能性もあるため、できるだけ避けるという人もいます。

ブランド品は人気がある分、少しでも安く買取りたいという人も出てきます。買取価格だけでなく労力の割に合うのか、リスクや交通費、送料の負担などの割に合うか考え、バランスで選んだほうが良いのです。

クレカ現金化の時事トピックス

PageTop