占いグッズは売るのも大変?事前に知っておきたいポイントとは

目次(クリックして表示)

占いグッズは売るのも大変?事前に知っておきたいポイントとは

占いにはまる女性は多く、男性でも愛好家がいます。電話占いなど自宅にいながら占いを受けられることも増えていて、より身近なものになっているのも魅力になります。テレビ出演するような有名な占い師に鑑定してもらうことも可能なのです。

ただし、占いにはまり過ぎてお金に困ってしまう人がいるのもポイントです。先払い性のシステムを採用している占いサイトを利用するなど、工夫する必要があります。また、高価な占いグッズなども存在しますが、売って現金化しようとした際に値段がつかないものも多く、注意が必要になっています。

電話占いサービスなどで占いはより身近なものに

占い師のイメージは人それぞれです。ファッションビルの一角などに占いコーナーがあるケースは多く、都心部になると辻占いなどを見るケースも増えます。気軽な気持ちで占ってもらったという人も意外と多いのです。

電話占いなど、自宅にいながら占いを受けられるサービスも存在します。電話ではなく、必要事項を記入してメールで占うメール占いや、姓名診断なども存在します。電話占い専門サイトだけでなく、様々なサービスの出品サイトで売らないサービスが販売されることが珍しくなくなっているのもポイントです。

電話占いなどのサービスの特徴は、自宅にいながら占いを受けられるだけでなく、クレジットカードなど支払いの自由が利くことが多い点です。現金を余り持たない主義の人も増えていて、ポイントがつくカードを優先して使う人も多いからです。

前払い制で支払ったお金の範囲で占いを受けられるサイトも多く、使いすぎを防げるのも魅力になっています。

電話占いと対面型の占いと違いはどんなところ?

電話占いと対面型の占いの大きな違いは、料金の違いです。電話占いは1分当たり100円単位で費用がかかることが多く、占い師のランクやサイトの水準で大きく変わります。30分で数千円であれば対面型の占いと費用が変わらない場合や、かえって安くつくことがあるのもポイントになります。

一方で、長電話になってしまうと電話占いが割高になってしまうケースもあります。電話で会話をしながら占ってもらうため、あらかじめ聞きたいことをまとめておくなど工夫をしないと、タダ愚痴を聞いてもらうだけで終わってしまう可能性もあるのです。前払い制の場合はお金が切れたと単に通話が切れてしまう場合もあります。

対面型の占いの場合は、占い師の知名度などによって料金が大きく変わります。非常に高い料金が請求されるケースもあるため、あらかじめ料金を確認するのは基本になります。様々なグッズを販売する占い師もいて、パワーストーンやお守りを購入できるケースもあります。

注意したいのは、対面型で高額なグッズを売りつける悪質な占い師の存在です。霊感商法で高額な商品などを勧めてくる場合は危険度が高まります。身の回りのものを現金化してグッズを買うよりも、言うことを聞かないほうが良いのです。

占いグッズは処分に困るものが多いのもポイントに

占いグッズを購入する場合は、相場を知っておくことも重要になります。たとえば、パワーストーン一つをとっても、天然石を利用するか、人工の石を使うかで値段が大きく変わります。占いグッズの代表的な存在に水晶球があげられますが、人工水晶もあるため値段の桁が数桁違うということも出てくるのです。

また、占い師から購入したグッズは、占い師が作ったという付加価値が重要になります。しかし、個人のために作ったものの場合は、処分をしようとしても付加価値の部分が理解されないことが多くなります。貴重なアイテムだからといって売ろうとしてもお金にならないことも多いのです。

対面型の占いをうける場合は、取り扱うグッズでインチキかどうかわかる場合もあります。人工の水晶を天然のクリスタルといったり、矛盾が見えることがあるためです。天然の水晶で作った水晶玉であれば市場価値も高いため、現金化しやすくなります。

人を疑うことが苦手という人は、電話占いでリスクを避けるという方法もあります。事前に占い師の評判を調べるなど、自衛の意識も重要です。

占いにはまりすぎてしまった場合は要注意

占いにはまり過ぎて生活に支障をきたす人も存在します。迷った時に占いを気にするくらいであれば問題はないものの、人生を占いで決めるレベルになってしまうと依存度が強すぎる状態になります。お金の感覚も狂ってしまいがちなため、趣味の範囲で楽しむのがおすすめです。

電話占いはクレジットカードが使えますが、金銭感覚が狂う原因となる場合もあります。人によっては対面型の占いで済ませたほうが安くなる場合もあるため、自分にあったものを選ぶのが大切です。

お金がなくなった場合は、宅配買取で身の回りを処分する、クレジットカードで商品券を購入して金券ショップで売るなど現金化の手段もあります。ただし、多用すればより生活が苦しくなるため、現金化が必要な状態になった場合は習慣自体を見直すのがおすすめです。

現金化する場合は一度だけに止め、出費を見直して生活を立て直したほうが良いのです。もちろん、その前に気付いて立ち止まれるのが一番で、使いすぎを防ぐための工夫で事前に予防するのが基本になります。電話占いは月いくらまで、対面占いは何回までと決めておけば管理が楽になります。

クレカ現金化の時事トピックス

PageTop