理想のセカンドライフを送るためにやってはいけない借金の種

目次(クリックして表示)

理想のセカンドライフを送るためにやってはいけない借金の種

悠々自適な退職後の生活を夢見る人は、身近に潜む借金の危険性に気を付けなければいけません。簡単に手を出してしまいがちな項目をまとめました。十分に注意して理想のセカンドライフを手に入れましょう。

理想的なセカンドライフにはお金が必要!しっかり貯金して謝金はしない!セカンドライフとは、言葉通り第2の人生。主には定年退職した後の生活を指します。

退職後にどんな生活を送りたいか。そう尋ねられれば、悠々自適に暮らしたいと答える人がほとんどでしょう。ですが、毎日を仕事に追われるサラリーマンは、そんなセカンドライフを思い描けない方も多いはず。退職後の生活が日々の積み重ねということを認識するのは、特に多忙な人には難しい話かもしれません。

やりたいことに没頭し、時間を気にしないでのんびりとした暮らしや理想的なセカンドライフを手に入れるためには、若いうちにお金をしっかり貯めておく必要があります。貯金が必要ということは、借金をしないということ。借金があると、悠々自適なセカンドライフも夢のまた夢になってしまいます。

日頃から過ごしている普段の生活の中で、あまりにものんびりして迂闊に過ごしていると、今後における人生の終盤で借金の元となりやすいものです。そのようなことがないように十分に注意して、退職後は理想のセカンドライフを手に入れましょう。

軽い気持ちが命取りとなる身近に潜む大きな落とし穴とは

家や車など、大きな買い物のときに組むローンとは違い、借金については軽い気持ちで申し込んでしまうというケースがあります。次の2つは、気軽に手をだしてしまう借金の代表的なものです。

  • ギャンブルや賭け事には一切関わらない日々

    パチンコやスロットなどギャンブルには深入りしない!パチンコにパチスロ、競馬に競輪、オートレースに麻雀など、グレーなものからブラックなものまでありますが、周りを見れば明らかにギャンブルが横行しています。成人以上の男性で全くギャンブルに関わったことのない人は少数でしょう。

    経験者ならば覚えがあると思いますが、その高揚感や手に汗握る心境は、他では中々味わえないかもしれません。しかしながら、ここに大きな落とし穴があることを忘れてはいけません!

    そもそもギャンブルというのは、原則として胴元が儲かる仕組みになっているので、総合的に勝てるプレーヤーというのはかなり稀です。大半の人は損をする仕組みになっているにも関わらず、競技人口が一定数いる理由は、面白いからに他なりません。麻薬のような中毒性を持つ賭け事は、勝利の快感を知ると辞められなくなってしまいます。

    関わりには節度を持って、もちろん合法の範囲で楽しむようにしましょう。
  • クレジットカード利用はくれぐれも計画的に

    キャッシングやショッピング枠など、急に現金が必要になった際に利用するカード現金化は人生の中で最後の手段となることでしょう。最近では審査の緩いものも登場し、カードの所有者はひと昔前と比べれば増えていると言えるでしょう。

    その所有者増加に伴い、日常的な支払いにカードを利用している人が多くなっています。お金を借りているという感覚が乏しく、際限なく支払いを繰り返してしまうクレジットカードには、借金の可能性が潜んでいるので注意しましょう。

    最も注意するべきは利息です。返しても返しても元金が思うように減らないということはよくある話。借り入れは計画的に、返済できる範囲での利用を心がけましょう。

PageTop

Copyrights (c) 2014 - 2017 マネフレ All rights reserved.