電子マネーの現金化からお米の炊き方までコツコツ節約してお金を貯める方法

目次(クリックして表示)

電子マネーの現金化からお米の炊き方までコツコツ節約してお金を貯める方法

お金を貯めるためには、日々の節約は欠かせません。生活する中で少し意識を変えると、お金を浮かせることができます。この記事では、日常生活の中で簡単にできる節約法をまとめました

塵も積もれば山となると言いますが、節約も同じで、毎日の積み重ねが大切です。この記事では、今日からすぐにできる節約法をお教えします。これを読めば、毎月貯金にまわせるお金が増えること間違いなしです。

節約は日々の生活の中で意識して行うことが大切

マイホームの購入や子どもの将来のためなど、色々な理由から多くの人がお金を貯めています。また、明確な理由はなくても、急な病気などでお金が必要になることもあります。そんなときのために、貯蓄しておくことは大切です。

お金を貯めるためには、日々の節約は欠かせません。1つ1つはとても少額であっても、「塵も積もれば山となる」のことわざどおり、毎日行っていれば大きな金額になります。

些細なことでも日常生活の中で意識すれば節約に繋がる

普段生活の中で、少し意識すれば節約に繋がる方法を3つお教えします。

  • 冷蔵庫にはすき間を作り、冷凍庫にはすき間を作らない

    冷蔵庫は中身を詰め過ぎると、余分な電力を必要とします。入れる量を半分にしてすき間を作ると、効率よく冷やすことができます。逆に冷凍庫はすき間を作らないようにすると、省エネになります。どうしてもすき間ができるときは、凍らせたペットボトルを一緒に入れておきましょう。
  • お米は炊飯器ではなく鍋で炊く

    炊飯器で炊いたごはんが残ると、炊飯以外に保温にも電気代がかかります。保温せずに都度炊くと保温分の電力をカットできます。
  • 電気の契約アンペア数を10A下げる

    契約アンペアを30Aから20Aに下げると、電力会社によりますが、基本料金が1カ月約280円浮かせるそうです。同時にたくさんの電気器具を使わないのであれば、アンペア数を下げても、特に不自由は感じないため電気料金を抑える有効な手段です。

買い物の方法や選び方を少し変えるだけで節約できる

買い物も少しやり方を変えるだけで、節約に繋がります。その方法を2つお教えします。

  • 楽天市場などのネットショッピングでポイントを貯める

    楽天市場などのネットショッピングで買い物をすると、ポイントが貯まります。次の買い物をするときそのポイントを使えます。また、ポイントでギフトカードを購入して、実店舗で使うことも、金券ショップなどを現金化することができます。
  • プライベートブランドを買う

    プライベートブランドとは、小売店や卸業者が独自のブランドとして、大手メーカーの商品より安く売っている商品のことです。プライベートブランドを中心に買い物することで2~3割ほど安く買い物できます。

携帯電話の支払いも契約方法を変えれば大幅な節約になる

現在、生活の一部としてなくてはならない携帯電話ですが、通信費を安くする方法があります。その方法を2つお教えします。

  • モバイルWi-Fiを活用する

    携帯のパケット定額プランをやめて、WiMAXやYahoo! Wi-FiなどのモバイルWi-Fiを利用することで、通信費を大幅にカットできます。この方法であれば、通信費だけで月5000円ほどの安くなります。
  • SIMフリーのスマホを使用する

    SIMフリーのスマホであれば、通信費の安い会社と契約できます。本体代と通信費を合わせても、月3000円ほどで使うことができます。

お金を貯めるには、毎日コツコツと努力することが大切です。この記事で紹介した、電気料金、買い物、携帯電話の契約など3つの方法をすべて実践すれば、大きな節約に繋がります。些細なことであっても面倒くさがらずに行うことが、お金を貯める秘訣です。

PageTop

Copyrights (c) 2014 ~〔2017.10月最新秋版〕マネフレ All rights reserved.