払いすぎた過払い金請求で現金が手に入る必要な現金化の振込条件は?

目次(クリックして表示)

払いすぎた過払い金請求で現金が手に入る必要な現金化の振込条件は?

過払い金は支払いすぎた借金のことで、過去にグレーゾーン金利でお金を借りた場合は発生してる可能性があります。過払い金は手続きをとることで戻ってくる可能性があり、借金額よりも大きい場合は現金化が可能なほど戻ってくる場合があるのです。

過払い金は過去にグレーゾーン金利でお金を借りていた人に発生している可能性があります。グレーゾーン金利とは法定金利以上で罰則がない範囲の金利のことで、20%を超えた金利であればグレーゾーン金利の可能性が高まります。現在では法改正が進んでいるため業者は存在しませんが、払いすぎた借金が見つかる可能性もあるのです。

過払い金は多くの業者で発生した

払い終わった借金でも取り戻すことができます過払い金は本来支払う必要のない借金を示しています。もともとは法定金利である20%と罰則がある金利に差があったために業者が設定を始めたもので、消費者金融などが増える理由の一つにもなっていました。しかし、裁判などを通して基準が是正され、現在では完全に違法行為になっているのです。

過払い金は多くの業者で発生しましたが、気づかずに払い続けている人や、すでに払い終えてしまった人もいます。過払い金は請求権が残っていれば払い終わった借金でも取り戻すことができます。ちょっとした手続きでお金が戻ってくるかもしれないのです。

過払い金の請求は行政書士か弁護士に依頼する

過払い金の請求は行政書士弁護士に依頼するのが基本です。手続きに慣れているため、ちょっとした手続きで戻ってくることもあるのです。ポイントになるのは事前の相談です。借金などの無料相談を受け付けてくれる事務所も多いため、まず過払い金があるのか、請求権があるのかをチェックします。

請求権が残っていた場合は金融機関と交渉し、過払い金を請求します。満額ではなく、8割から9割程度の金額が戻ってくるケースが多くなっています。金額で揉めた場合は裁判にあることもあるため、早めに妥協する人も多いからです。今も借金が残っていれば相殺処理を行い、借金が大幅に減る可能性があります。

過払い金の報酬は戻ってきたお金の一部になる

弁護士や行政書士が手続きをするとなると、費用が高くなるのではと思われがちです。過払い金の場合は取り戻したお金や減らした借金の一部が報酬になることが一般的で、費用倒れになることはほぼなくなっています。事前に支払額などの説明があるのも一般的で、過払い金がない場合は無料相談の範囲で終わる場合もあります。

金額に関しては妥協した方が手元に戻ってくるスピードが早くなるため、交渉の進み具合なども相談してくれるのが一般的です。長引いて泥沼になることも珍しくないため、現実として割りにあう範囲に落とし込んだ法が良いのです。

現金化には若干時間と交渉が長引けば遅れる

請求額を下げればそれだけスピード対応が期待できる過払い金が戻ってきても、現金化できるまでには時間がかかります。これは金融機関と同意にいたるまでに数ヶ月かかることが珍しくないからで、同意を得てから指定口座に振り込まれるからです。交渉が長引けば現金化も遅れます。

金額を譲歩するかわりに早めに振り込むよう交渉をすることもできます。一般的な割合よりも請求額を下げればそれだけスピード対応が期待できます。逆に金額を多くしようとすれば長引く傾向があるため、加減も必要になるのです。

クレカ現金化の時事トピックス

PageTop