口座開設で資金が増える?上手な資産運用の方法とは

目次(クリックして表示)

口座開設で資金が増える?上手な資産運用の方法とは

資産運用を考える場合は、取引をする銀行口座や証券会社の口座開設が不可欠です。

大規模な取引や頻繁な売買を行う場合は手数料の違いも大きくなるからです。

口座開設でもらえるポイントを現金化も可能で、資金を増やしながら資産を運用することもできます。

資産運用というとお金持ちがするイメージを持つ人もいますが、実際は低額から始める人も増えています。

銀行金利が低くなり、ただ貯金しておくだけでは老後に差し支える可能性が高くなっているからです。

年1%の金利でも、長い年月運用すれば大きな違いになります。

少額でもコツコツ積み立てることが資産運用をする上で大切になっているのです。

少額からできる資産運用も増えている

資産運用は少額からできる 資産運用は少額からできるものも増えていて、ハードル自体は大きく下がっています。

一口1万円といったわかりやすい投資も増えていて、リスクに見合うリターンをもらえるケースが増えています。

注意したいのは金融商品が増えすぎて、自分に適したものを見つけるのが大変になっていることです。

ポイントになるのが投資額と利回りです。投資は低リスクでリターンが少ないもの、高リスクでリターンが大きいものに分類されます。

自分のマネースケールに合わせてどれくらいの利息がつくとうれしいかを考えながら選ぶとわかりやすくなるのです。

リスクが高いほど損が生じやすいことも含め、バランスをとることも大切になります。

資産運用をするなら口座は種類があった方が良い

資産運用を考えるなら、口座は複数あった方が便利になります。

証券会社や銀行によって扱う金融商品がかわるだけでなく、申告で一定額まで非課税にできるなど工夫の余地が大きいからです。

非課税にできる口座の数は限られるため、申し込むタイミングが重要になる場合もあります。

取引の手数料も重要なポイントです。

資産の買い入れや解約など、お金の出しいればあれば手数料が発生するからです。

取引回数や金額に応じて金額が変更されることも多くなっています。

特に株や投資信託の手数料は違いが出やすいため、どこに口座を作るかが大切なのです。

資産運用の金額で金利がかわることもある

少額でも資産運用をすれば儲けが出ることがありますが、大口で資産運用をすることでさらに儲けが出やすくなることがあります。

わかりやすいのが金利の大きさです。

投資用の口座に一定額以上を振り込むと金利の優遇がつくなど、様々な特典がつくことがあるのです。

預金や定期の積み立てによる利回りが増えるなど、金融機関によって差があります。

注意したいのは、金融機関が宣伝していても、自分が調べなければわからないことがあることです。

ネット上で情報がまとめてあっても、最新の金利に対応していないこともあります。

調べる場合は更新日時をチェックし、古い情報ははじくなど工夫していく必要があるのです。

ポイントサイト経由で契約すれば現金化も可能に

口座の開設などでポイントをためて現金化 資産運用をする際に活用したいのがポイント還元サイトです。

ポイント還元サイトで稼いだポイントは現金化が可能で、証券会社口座の開設は非常に高いポイントバックに期待できるのです。

定期預金などの優遇キャンペーンと合わせたタイアップも多く、情報収集にも役立ってくれます。

FX口座の開設など、資産運用の方法も幅広いのが特徴です。中には口座開設と規定の運用で1万円を超えるポイントがもらえる場合があります。

ポイントを現金化すれば運用する資産を増やすことも可能なため、積極的に利用するのがおすすめです。

クレカ現金化の時事トピックス

PageTop