約束手形は期限まで待たないとお金にできない?早期に資金にしたい場合は

目次(クリックして表示)

約束手形は期限まで待たないとお金にできない?早期に資金にしたい場合は

約束手形の特徴は期日が来ないと換金できないことにあります。

発行側は支払いに余裕ができるためプラスになりますが、受け取る側は支払いを受け取るまでに時間がかかります。

早期に現金化したい場合は買取サービスを利用するなど工夫した方が良いのです。

約束手形は商取引で良く使われ、支払い期日を未来日に設定できるため多用されることが多くなっています。

一方で、不渡りを出してしまうと銀行と取引ができなくなるなどデメリットが多く、経営の危機につながります。

受け取る側もお金に変えるために時間がかかるため、扱いが難しい場合もあるのです。

約束手形は期日を過ぎてからお金に変えることができる

約束手形は条件・内容をしっかり確認した上で契約しよう! 発行してすぐにお金に変えられる小切手と違い、約束手形はお金に変えるまでに時間がかかります。

約束手形は未来日を指定し、期日以降にお金にかえられるようになっています。

期日が1年先になる場合もあり、お金に変えるまでに時間がかかってしまうことが多いのです。

受け取った側は資金の管理が大変になります。支払いが全て約束手形であれば、当座のお金がなくなってしまう場合もあります。

条件面を確認した上で契約を結ぶのはもちろんのこと、内容を精査した上で請求方法を考えた方が良い場合もあるのです。

約束手形の発行の時点で、取引先の台所事情が苦しくなっているケースもあります。

約束手形には不渡りのリスクが存在する

約束手形には不渡りのリスクが存在します。約束手形を発行した企業が倒産した場合や、実際の支払いができない場合が該当します。

半年以内に2回不渡りを出したら銀行との取引ができなくなるため、相手企業はほぼ確実に潰れてしまいます。

また、資金の回収自体もできなくなる可能性があるのです。

裁判などを起こせば一部は回収できる可能性がありますが、手間と費用が割に合うかは話が別です。

約束手形の不渡りで経営が傾くケースは珍しくなく、ある程度リスクとして織り込んでいく必要があります。

ギリギリの状態であれば約束手形を受け入れる余裕もない状態といえるのです。

銀行で約束手形の割引を受けることも可能

リスクがあるとはいえ、手元にある約束手形を早期に現金化しなければならないこともあります。

この場合は銀行に相談するのが早道です。銀行は約束手形を担保にお金を出してくれるため、利息や手数料を差し引いた分を現金化することができます。

注意したいのは不渡りが出た際です。問題がなければ約束手形はそのまま買取という形になるものの、不渡りが出た場合はお金の返還を請求されるからです。

これは実際に金融的に価値がないものを渡してお金を受け取った形になるためです。

最悪のケースを考えて対策を練っておいた方が良い場合もあるのです。

約束手形を買い取ってもらって現金化する方法もある

約束手形で現金化する方法もある! 銀行に手形割引で引き取ってもらう以外にも、約束手形自体を買い取ってもらう方法も存在します。

早期に現金化が可能なだけ出なく不渡りが出ても請求が来ないのがメリットです。

これは事前に調査を行い、リスクに応じた金額で約束手形の買取が行われるからです。

リスクが高い企業だと判断されれば約束手形の価値は大きく減ります。

しかし、全くゼロにはならないことが多くなります。完全に損をするよりもわずかでも現金化した方がプラスになることもあるのです。

信頼性が高い企業であれば高値買取も期待できるため、お金に困った場合は検討してみるのも方法です。

クレカ現金化の時事トピックス

PageTop