マネープランクリニックで賢いマネープランをする重要性

目次(クリックして表示)

マネープランクリニックで賢いマネープランをする重要性

あなたは賢いマネープランを立てていますか?いつもお金がなくて悩んでいる、節約しているつもりがなぜか手元にお金が残らない..そんな悩みを解決する方法を見ていきます。きっと、あなたもしっかりとしたマネープランを立てることができるでしょう。
家計の悩みは、大人になるとどんな人にもつきものです。中々、収入や家計、借金や資産などの計算などで頭を働かせないでずっと生活する人はいないでしょう。主婦の方はもちろん事業をしている人はより複雑な経理管理をしているでしょう。

マネープランクリニックとして、マネープランは安心した生活、心にゆとりがある生活をするためにとても大切なこと。ゆとりある生活をするために、大きくて綺麗な家、自分の趣味などにお金を使うことなども言われますが、そうしたものを持っていても、借金だらけで収入も不安定であれば、心にゆとりを持つことはできないでしょう。

賢いマネープランはどうやって立てる

賢いマネープランでお金を稼ぐ・増やす・守る!それでは、賢いマネープランはどうすればいいのでしょうか?
まず、仕事の給料とそのほかの経費を引いて、手元にどれくらい残るか?そして、これからかかりうる経費を考えた時に、どれくらい必要か?ということです。

これは、当たり前のことですがなぜ家計がキツキツだったりいつもお金の悩みがある人がいるのかといえば、手元に残るお金がなく仕事も不安定だったり、ほかにお金を稼いだり増やしたりするプランが分からないからです。

手元にお金がなくても、稼ぐプランと増やすプラン、守るプランが分かっている人は、お金に対する焦りや不安は少ないでしょう。それより、好奇心を持って、これからこうしていこうというプランニングが立てられます。

まず、今の給料の中で生活していることもきついなら、方法としてはより収入の高い仕事をするか、もう1つ仕事や副業を増やす、もしくは出費を減らすことです。いつも手元にお金が残らない人は、気づかないうちに必要のないものにお金を使っていることがあります。

あなたは生き金と死に金どちらに使っていますか

お金は、生き金、死に金に分けることができます。名前の通り、生き金は投資にお金を使うことで、死に金は不要なもの、将来性がないものにお金を使うことなどです。

死に金として無駄にお金を使わず生き金にする努力をしましょうあなたは、普段生き金と死に金どちらにお金を使っていることが多いですか?死に金といっても、ギャンブルやタバコやお酒などが死に金というわけではありません。それによって、自分に活力が生まれて仕事が能動的になったりモチベーションが上がるのであれば、生き金になる可能性があります。
ただ、あくまで短い目で見れば生き金でも、長い目で見れば寿命を縮めることであれば、長生きしたいという目標を持っている人にとってはタバコやお酒の飲み過ぎなどは死に金になるかもしれません。

生き金としてお金を使うといいのは、仕事に繋がる資格や技術、ノウハウや在り方などを学び、活かせることです。人によっては、次々と資格をとり続ける人がいます。1つの資格を活かして仕事をしているわけではなく、たくさんとっておくと、これから仕事をするのに便利という人です。
確かに、それだけ資格を持っているならすごいね!という人はいても、体は1つしかないので、資格がたくさんあっても、1度に使える資格は1つや2つなどです。それなら、もっとお金が欲しいといいながら、仕事が1つなら効果的ではないかもしれません。
逆に、資格は持っていなくても体が1つしかなくても、複数の収入源を持ってたくさん稼いでいる人もいます。こうした収入源があると、今の収入からやりくりする以外の選択肢が出てくるでしょう。

普段から使っている経費を削るのがベスト

日頃の出費を見直して無駄を省こう!今の収入でなんとかしたい人は、料理や嗜好品など毎日かかる経費を工夫してみましょう。いつもの家計が300円うけば、1ヶ月で9,000円浮くことになります。例えば、タバコを1日2箱吸う人は、1箱に減らすだけでもそれくらい節約できます。
1日数百円と考えたら大したことなくても、1ヶ月にしたら意外と大きな金額が節約できることに驚くかもしれません。当たり前のようですが、お金がないと言いながら、どうでもいい死に金にお金を使っている人は非常に多いです。

そもそも、生き金死に金ということ自体知っている人は少ないです。例えば、見栄を張るためにお金を使うなんていうのも、死に金の特徴でしょう。見栄をはって大金を払ったところで、最悪な場合金づるとして付き合う人が増えるかもしれません。
お金は、自分の気持ちと密接に関わっています。なので、自分の気持ちを管理することができれば、お金を管理することができるようになるでしょう。「今日はこれくらいならいいだろう」「いつも頑張っている自分へのご褒美に」といったお金を減らしても、同じ質のものを自分に与えることもできるのではないでしょうか?

なので、安い食材で美味しい料理を学べば、それだけ節約しながらいつも以上に美味しい料理を食べることもできるでしょう。また、習い事に高いお金がかかっていたり、保険料やなんらかの月額固定費がかかっているのであれば、再度見直すといいでしょう。

今は節約する人が非常に増えているので、節約マーケットが盛んです。なので、昔入ったサービス以上に安いサービスはきっとあるので、それに切り替えるだけでも、月々かかっていた経費を抑えることができます。

PageTop

Copyrights (c) 2014 - 2017 マネフレ All rights reserved.