海外移住の前に済ませておきたい体のチェックとお金の手続き

目次(クリックして表示)

海外移住の前に済ませておきたい体のチェックとお金の手続き

海外移住の前に必要な手続き何かと不安な海外移住も、お金と健康の心配が少なければ、充実した生活が期待できるでしょう。海を渡るその前に、日本で済ませておきたい事柄をご紹介します。

一昔前であれば富裕層にしか許されなかった海外移住も、国際交流が活発になった今日では、以前よりもぐっと親しみやすくなりました。転勤や定年など、移住の理由はさまざまですが、馴染みのない土地への長期滞在には、事前準備は欠かせません。

海外への転居は期待が大きい反面、不安なことも多いと思います。言葉や文化はもちろん、衣食住など日常生活を送る上で必要なことなど分からないことばかり。しかし、どこへ行っても生活の基本となるのは同じ!体の健康とお金の問題です。このふたつが充実していれば、知らない土地でも心に余裕を持って生活できるものです。
今回は、海外へ移住する前にやるべき健康面のケアとお金に関する手続きについて紹介します。

海外移住は万全の健康状態で臨もう

体は全ての資本です。右も左も分からない他国での生活の前に、現在進行形の治療はもちろんですが、長期滞在を見越した事前の検査も済ませておきましょう。

  • 病院での治療や検査は可能な限り済ませておこう

    渡航先の医療環境に不安を覚える人は多いでしょう。後進国は技術が心許ないし、先進国は目玉の飛び出るような請求が恐ろしい。もちろん国によりますが、そんなイメージが根付いていると思います。知らない土地の人に自分の体を任せることは、ある意味ギャンブルのようなものです。

    治療中の病気があったら日本にいる内に治しておく必要があります。さらに、より安心して渡航できるように、出発前に健康診断などを受けておくといいでしょう。通院中の方は、担当の先生に外国へ移り住むことを相談すると、良いアドバイスが貰えるかもしれません。処方薬の情報やカルテのコピーを持参するのもお勧めです。
  • 長期滞在に備えた虫歯治療とオーラルケア

    海外移住の前にしっかりオーラルケアをしましょう日本にいると、歯の治療は軽く考えてしまいがちです。定期的に検診をする人もいますが、痛くなってから歯医者に駆け込む人の方が多いでしょう。海外には、「歯は治すものではなく抜くものだ」という考えの国さえあります。虫歯の治療は移住前に済ませておいた方が賢明でしょう。

    数日の海外旅行でも、歯のトラブルに困ったという話はよく耳にします。移住という長期の滞在を考えれば、虫歯の治療をしておくだけでなく、あらかじめ歯石ケアやクリーニングもしておくと良いでしょう。移住後も、オーラルケアを怠らないようにし、歯医者にかかる機会を少なくすることが大切です。

移住前に行うべきお金に関する手続き

通常は、お金を借りるとなれば様々な審査があるものです。返済能力があるのか?を判断のため、給料明細や職場の在籍状況などを厳しくチェックするのが当たり前と思ってしまいますよね?
けれども、業者を使えばそのような厳しい審査はなく、クレジットカードを持って入れば申し込みが可能なのです。

  • クレジットカードを整理しておこう

    不要なカードは解約しておきましょう。使ってもいないのに、気がつけば年会費を支払っていたというもったいないケースもあります。海外へ住居を移してしまうと、手続きも何かと面倒になることが多いため、あらかじめ済ませておいた方がよいでしょう。

    逆に、日本にいる内にクレジットカードを発行しておくもお勧めです。現金がなくなってしまったときの備えになるし、お金を持っていなくても支払いの目処が立ちます。
    仮にトラブルに遭遇して無一文になってしまった際に、最悪の場合は現金化という手段もあります。保険としての意味もあるので、年会費無料のもので構わないので入会しておきましょう。
  • 定額の出費を0にしておこう

    電気、ガス、水道などのライフラインをはじめ、月額で支払っているものは解約しておきましょう。
    賃貸住宅の方は、住まいの解約も必要になります。こうした海外に出れば不要になる定期的な支払いは全て整理し、不在となる日本での出費を極力少なくしておくことが必要です。長期間の滞在や永久移住ともなれば、ローンなども返済しておきたいところです。
    高額ともなれば手痛い出費になりますが、少し頑張ってでもクリアにしておいた方がよいでしょう。

PageTop

Copyrights (c) 2014 - 2017 マネフレ All rights reserved.