宝石やダイヤモンドの買取価格はばらつきやすい!比較するのが基本に

目次(クリックして表示)

宝石やダイヤモンドの買取価格はばらつきやすい!比較するのが基本に

宝石やダイヤモンドは価格が高く、売ったときにも高く買われるのではと思う人もいます。しかし、実際には購入時よりも大幅に安くなってしまうケースも珍しくなく、どこに買取を依頼するかで価格が大きく変わるのです。

理由の一つが、専門的な鑑定士の不足です。鑑定が難しい宝石は珍しくなく、適正価格をつけられない企業が多くなってしまうのです。買取った宝石を売る方法がなく、安値で同業者に売らなければならないケースもあります。宝石類を現金化したい場合はある程度腰をすえて複数の業者で比較し、査定額の高い業者に売ったほうが良いのです。

高価な宝石やダイヤモンドでも価格がつくとは限らない

宝石やダイヤモンドに憧れる人は多く、何らかの宝石がついたアクセサリーを持つ女性は珍しくなくなっています。フォーマルな場の身だしなみの一つとしてアクセサリーを盛っているケースも多いのです。注意したいのは、お金に困って現金化する場合です。

買った金額の半額以下になることが珍しくないどころか、ほとんど値がつかないケースもあるからです。指輪であれば、プラチナや金など、地金の部分の鑑定は簡単にだせます。グラム数から価値を算出することも簡単で、指輪の査定を依頼するとほぼ指輪の地金の買取価格が提示されることもあるのです。

宝石の鑑定は難しく、値段をつけるのはさらに難しくなります。鑑定書があればおおよその価格を判断できますが、どの程度で買取って売れるかはお店の売却ルートによって異なります。中には赤字になることを防ぐために宝石の値段をほとんどつけず、バイヤーに転売するケースもあるのです。

大手の古物買取グループでも適正な価格が出るとは限らないのがポイントです。宝石の鑑定に詳しい人材がいる業者などを探し、比較しながら売り先を考えたほうが良いのです。

宝石やダイヤモンドの鑑定に時間がかからない業者は注意

宝石やダイヤモンドの査定を依頼する場合は、鑑定にかかった時間をチェックするのも一つの方法です。短時間の鑑定で済む場合は、買取価格に含まれる宝石の金額の割合は減る傾向にあります。宝石の価値を知る業者の場合はじっくり時間をかける傾向があり、1時間以上鑑定に時間がかかる場合もあります。

鑑定書を持ち込むかどうかも重要な要素になります。鑑定書がついていれば、最低限の価格相場を把握することができます。バイヤーに鑑定書の情報を伝え、価格のチェックをすることもできるようになります。ただし、バイヤーによって買取能力が異なるため、満足いかない結果に終わることもあります。

高額な買取をする業者の場合は、バイヤーの販売ルートが広いことが多くなります。国際市場のどこにどんな宝石を持ち込むと高くなるかがわかっているため、買取価格も強気になることが多いのです。地域によって人気の宝石は変わるだけでなく、トレンドで売れやすいものなども存在するからです。

高い査定額を提示する業者がいた場合は、その業者に買取を依頼するだけでなく、同業者に交渉を持ち込んでより高い買取額が出ないか交渉する方法もあります。

宝石やダイヤモンドが購入時の数十分の一の価格になることも

業者によって宝石やダイヤモンドの買取価格は変わり、現金化のスピードも異なります。注意したい宝石やダイヤモンドを売る場合は、価格が数十分の一程度になることも珍しくないことです。数十万円の指輪が1万円以下の買取額になるようなケースもあります。

買取ショップによって金額が上がる可能性もありますが、高くても10分の1程度になることが多いのもポイントです。販売時は管理費やデザイン費など様々な費用が上乗せされているため、どうしても高くなってしまうのです。

また、中古市場に出回った宝石は、そのまま売るのではなく、パーツ別に分けて別々のアクセサリーに加工することも視野に入ります。デザインではなく、純粋に宝石の価値や地金の価値だけで買取をしなければならないケースがあるのです。

中古の宝石というイメージが嫌という人も存在します。この場合は様々な業者が宝石を仕入れて新たにデザインを考え、リメイクして売り出すこともあります。リメイクかどうかはほとんどの人がわからないケースが多く、さらに価値が上乗せされるケースもあるのです。

鑑定書がなくても価値がかわらないケースもありえる

宝石やダイヤの鑑定書があっても査定額が変化しないケースもあります。実は宝石の鑑定を独自規格で行い団体も存在するため、団体の基準によって品質が大きくかわるケースがあるのです。鑑定書の内容をあてにせず、より厳密な基準で鑑定する鑑定士も存在します。

鑑定基準の違いから、有料鑑定で鑑定書を作った費用が無駄になってしまうケースもあります。大手買取店の場合は、鑑定書がある場合は念のために確認するという場合がある程度です。むしろ専門的な知識なスタッフがいるかどうかを中心に買取ショップを厳選し、買取大手を外したほうが労力が少なく済む可能性もあります。

専門店に買取を依頼するのではなく、フリマアプリなどで直接売買したほうが現金化しやすいケースもあります。実際に似たブランドの商品がどの程度で売られているか確認した上で、売却先の候補にしてしまうのも方法です。現金化までの時間はかかるものの、時間をかけて調整をしたほうが宝石やダイヤモンドが高く売れる可能性は高まるのです。

クレカ現金化の時事トピックス

PageTop