ふるさと納税で換金&節税!現金化目当ての狙い目効果とは

目次(クリックして表示)

ふるさと納税で換金&節税!現金化目当ての狙い目効果とは

ふるさと納税は返礼品の豪華さで有名でしたが、趣旨が違うと言う意見があり、規制が生まれるようになりました。返礼品も納税額の3割程度までの水準に抑えられるようになっています。純粋な節税目的であれば返礼品を現金化し、節約する方法もあるのです。

ふるさと納税の魅力は二つで、個性豊かな返礼品と節税効果にあります。税金は収入金額に応じて区分が分かれていて、所得が多ければ税率が上がってしまう場合があります。翌年以降の保険料などにも響くため節約のためにふるさと納税を活用する人は多いのです。

ふるさと納税は便利さが増している

ふるさと納税は所得から控除されるため節税効果があるふるさと納税は金額に応じて税の控除が行われるのが特徴です。自分が応援したい自治体などに納税できるため、別途税金を支払った形になるのです。支払った分は所得から控除されるため節税効果を発揮します。

満額が控除されるわけではなく、上限額が設定されているのもポイントです。上限額は自分の収入によってかわってきます。給与所得者は事前に申請することで税申告の手続きを減らせるなど手続きも簡単になっていて、確定申告無しで控除が受けられるのも魅力になっています。

ふるさと納税の返礼品は3割程度までに自主規制

ふるさと納税は返礼品の豪華さを競った結果、大幅に住民税の収入が減る都市が誕生しました。本来の趣旨から外れた競争が過熱していたため、自粛するように関係省庁から要請があり、現在は納税額の3割程度に抑えるようになっています。それでも家電製品や食料品など、地域の特色を生かした返礼品が多いのが特徴になっています。

返礼品の還元率はほぼ統一されているため、好みで選ぶのが基本になります。また、自分が応援したい自治体に寄附する方法もあります。効率重視であえれば、家電製品など換金がしやすいもの選んで売却する方法もあります。未開封の家電は換金率が高く、高値がつくことが期待できるからです。

ふるさと納税で換金性の高い商品券は扱えないことに

るさと納税では換金性の高い商品券は扱えないふるさと納税の返礼品に換金性の高い商品券は使えないことになっています。ただし、飲食店の商品券などは獲得することが可能で、自分が良く行く店などが該当すれば気軽に使えるのがポイントです。売らなくても自分で使えればそれだけお金が浮きます。

特定自治体でのみ利用可能な商品券も人気が高くなっています。近隣自治体が含まれていればなおさらです。少し足を伸ばすだけでお得に買い物ができる可能性があるからです。種類は減っているものの、額面がわかりやすい分使いやすく、活用の幅が広いのも魅力になっています。

購入ルートなどで現金化を加速する

ふるさと納税は楽天などの大手グループも参加していて、楽天ふるさと納税を使えば楽天ポイントももらえます。家電製品は一部禁止されていますが、街の特産になっているケースは存在します。現金化を考えるなら狙い目です。節税効果と返礼品の換金を行えば、かなりの金額を取り返すことができます。

ポイントになるのが翌年以降の税負担などが軽くなることです。所得額によっては皇女によって区分自体がかわり、数字以上の節税が見込める場合があります。無理をして節税をする必要はないものの、ある程度知識があった方がプラスになるのです。

クレカ現金化の時事トピックス

PageTop

PageTop

Copyrights (c) 2014 ~〔最新2017.12月冬版〕マネフレ All rights reserved.