不動産の現金化には時間がかかる!買取が難しいケースも

目次(クリックして表示)

不動産の現金化には時間がかかる!買取が難しいケースも

不動産はお金になるものと思われがちですが、地方と都心部では事情が異なります。地方では買い手がつかずにお金に変えられない土地や家が珍しくなく、売っても二束三文になってしまうケースもあります。

都心部であれば需要が高く、高値で売れるケースも出てきます。ただし、現金化までには時間がかかることが多いのがポイントになります。高く売ろうとすることで時間がかかることも珍しくないため、どの程度のスピードで売りたいかも考える必要があります。

地方だと値段がつかない不動産もあることに注意!

不動産は保有しているだけで各種税金がかかります。その分高く売れるとも限らないのがポイントで、中には買い手がつかずに売るに売れない不動産なども存在します。過疎化が進む地域が珍しくなく、土地や家を購入したいという人自体がいない場合があるのです。

土地を買いたいという人がいなければ、不動産業者に売ることも難しくなります。売却に出しても何年も売れないことは珍しくなく、それでも税金がかかる場合があるのです。遺産として土地を相続する場合は、実際に売れるものなのかどうかを見極め、売れない場合は相続放棄が視野に入る場合もあります。

不動産は売れなければ一生所有しなければならないものです。多少の出費を覚悟した上で家などをリフォームして売りに出したほうが良い場合などもあります。人口流出が続く地域では切実な問題になるため、不動産イコールお金になるというものではなくなっています。不動産業者や税理士と相談しつつ、早めに整理したほうが良いケースもあるのです。

都心部の不動産はどう運用するかが重要に

地方では価格がつかないこともある不動産ですが、都心部では事情が異なります。地方都市でも近隣都市からの人口流入が起こるなど、人口が増えている地域が存在します。不動産自体の価値が高い場合はどう運用するかが重要になってきます。

アパートやマンションの経営で家賃収入をえる人がいるのもポイントで、不労収入で生活を安定させる人もいます。年金の不足を補うために不動産経営や投資を学ぶ人もいるほどで、リスクとリターンを考えることも大切になります。

一軒屋であっても、貸家にしたり、民泊にするなどの選択肢があります。また、土地であれば駐車場にしたり、土地自体を貸すビジネスがあります。価値がある土地ほど運用の方法は多様になり、どのように使うかで収益性が大きく変わるのです。

ただし、マンションやアパートを建てることから始めると、現金収入をえるまでにかなりの時間がかかります。建設費用などもかかるため、資金の余裕なども考えながら運用していく必要があります。

不動産の売却には時間がかかるのが一般的

不動産の保有者が避けて通れないのが売却の問題です。日本の人口は減少傾向にあり、土地の価格の下落が激しい地域が増えています。また、相続税の控除枠の削減により、相続自体に税金がかかるケースが多くなっているのも問題です。相続税の負担が重過ぎて不動産を手放さなければならない場合もあるのです。

売れるうちに不動産を売ってしまうのは一つの方法ですが、売り方によって金額が大きく変わります。需要が高い不動産であれば、不動産会社が直接買取ってくれるケースもあります。不動産業者が買取れない場合は、不動産業者に仲介して売りに出すなど、様々な工夫をすることになります。

高く売ろうとした場合、買い手が見つかるまでに時間がかかることが多くなります。不動産には相場が存在し、客観的な評価額も存在します。逆に、安く売ろうとすれば買い手が見つかりやすくなり、現金化のスピードも早くなります。スピーディーな処分を目指すのであれば、買取をしてくれる不動産業者を見つけるまで粘るという選択肢も出てきます。

諸手続きに時間がかかることが多いため、急にお金が必要になった場合は不動産を担保にローンを組むという方法もあります。担保がある分、無担保ローンよりも金利が低くなるのがポイントになります。ただし、返済が滞った場合は土地や家を取り上げられてしまうこともあるため、リスクをしっかりと理解する必要があります。

不動産の運用は必ず儲かるものではないことにも注意

アパートやマンション、駐車場など、不動産運用の収入がある人も、売却を考えなければならないケースがあります。アパートやマンションは維持費がかかります。建物は月日が立つほど老朽化するため、維持して割が合うのか、入居者は減らないかを常に考える必要があるからです。

人口の変化だけでなく、新しいマンションやアパートができることで入居者が入らなくなってしまう場合もあります。入居率が低い場合は赤字になってしまう可能性もあるため、売却をするのか、宣伝などをして新しい人が入るまで耐えたほうがいいのかを考える必要が出てきます。

赤字が出た場合は、不動産を売ってしまうのも一つの方法です。儲けが出るまで粘ろうとしても、思うようにいかなければ負債が増え続けることになります。不動産の運用は必ず儲けられるという保証がないため、引き際も重要なのです。

不動産を売っても現金化できるどころか、手続き費用などを考えると赤字になることもあります。ただし、より大きなマイナスを防ぐために売るという選択肢があることを忘れないようにする必要があります。資産の運用の失敗から破産する人もいるため、積極的にリスクをコントロールすることが大切なのです。

クレカ現金化の時事トピックス

PageTop