ファクタリングで資金管理がスムーズに!ただしデメリットにも注意

目次(クリックして表示)

ファクタリングで資金管理がスムーズに!ただしデメリットにも注意

ファクタリングは売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらい、現金化する手法です。手数料の支払いが必要になるものの、支払日が来ていない請求書などを現金化することが可能になります。企業ではメジャーな取引の一つになっているのです。

企業間取引は一般的に請求書などを利用します。現金取引ではないため振込みまでに時間がかかるケースが多く、資金繰りが厳しい企業にとっては待つのが辛い状態になることもあります。そういった企業が利用するのがファクタリングで、売掛金を売却することで現金に変えることが可能になっているのです。

ファクタリングが使われるケースは多い

売掛金を買い取ってもらい現金化する「ファクタリング」 ファクタリングは売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらい、対価としてお金を受け取る取引です。

企業の売掛金は、数字が計上されていても実際にお金が振り込まれるのは後日と言うことが良くあります。

中小企業やスタートアップではその時間差が厳しく、資金管理行き詰る原因となりかねないのです。

ファクタリング会社はファクタリングを専門的に行っているケースが多く、売掛金を査定の上買い取ってくれます。

手数料が引かれるもののすぐに支払いが行われるため、現金や活動資金を確保したい企業にとってうれしい存在になっています。

経営が安定するまでは欠かせない存在なのです。

ファクタリングの利用には注意が必要な面も

ファクタリングの利用には注意が必要です。売掛金を売買するにも信用が重要になるため、審査や査定に時間がかかってしまうことがあるのです。

審査や査定の時間を省略するファクタリング会社もありますが、手数料が割高になります。

手間を省略する分ある程度回収出来ないお金が発生する可能性があるためです。

また、常に売掛金を買い取ってもらう状態となると、手数料がかかり続けます。

企業の収益を圧迫する可能性があるのです。

その場しのぎではなく状況を改善するための工夫が必要で、便利な分お金がかかっていることを理解する必要があります。

融資とファクタリングを比較することも重要になる

ポイントになるのが、融資との比較です。銀行などから融資を受ければファクタリングをしなくても済む可能性があります。

しかし、銀行からの融資は条件が厳しく、年利で考えると高くつく場合もあります。

経営にとって何が一番良いか考えるのが重要で、より条件が良いものを選ぶ必要があるのです。

融資が受けられなくなってからファクタリングを頼る企業もありますが、経営的に追い込まれると売掛金の評価自体が下がっていく可能性もあります。

その月を乗り切って終わりではなく、どの程度状況が続くかを考えた上で何を選ぶか考えるのが基本なのです。

現金化できるスピードはファクタリング会社で異なる

手続きを簡略化すると手数料がかさむファクタリングを行って現金化できるスピードは、ファクタリング会社によって異なります。これはファクタリング会社との取引だけでなく、売掛債権をもつ企業と調整を行うかどうかで必要な時間が変ってくるからです。手続きを簡略化すればそれだけ手数料がかさみやすくなります。

ポイントになるのが、受け取れるお金を増やしたい場合は早めに行動することです。

交渉などにかける時間が長ければ手数料も節約できるからです。

駆け込みで申し込めばそれだけリスクが高くなることも踏まえ、計画的に利用するのがおすすめです。

クレカ現金化の時事トピックス

PageTop