急なお祝いでご祝儀が厳しいときはクレジットカードの現金化がおすすめ!

目次(クリックして表示)

急なお祝いでご祝儀が厳しいときはクレジットカードの現金化がおすすめ!

お祝い事にお金を送る場合、マナーをしっかり守らないと逆効果になってしまいます。とくに包むお金が心もとない場合、クレジットカードの現金化などを利用して、常識的な金額を包むようにしましょう。

結婚式などのお祝い事には、祝儀袋にお金を入れて渡すのが一般的な礼儀です。しかし、マナーを守っていなかったり、包んだ金額が少なかったりすると、逆効果にもなりかねません。もし、お金に余裕がないのであれば、クレジットカードの現金化などを使って、恥ずかしくない金額を入れるようにしましょう。

相手を不快にさせないためにもご祝儀のマナーを守りましょう

お祝いのルールはしっかり守りましょうお祝いごとに際してお金を包むご祝儀には、いくつかのマナーがあります。たとえば、ご祝儀袋には水引と呼ばれる飾りがつけられていることが多いですが、お祝いの種類によって使える水引の結び方がかわります。

結婚式や病気の快気祝いなど、何度も起こらず1度だけでよいお祝いの場合は「結びきり」と呼ばれる解けない結び方がされたものを使います。逆に、出産祝いなど何度起きてもよい祝い事は、解けやすく何度でも結びなおせる「蝶結び」の水引がついたご祝儀袋を選びます。

ほかにも、熨斗袋に名目や名前を記入するときには、真っ黒な墨の毛筆か筆ペンで書くようにしましょう。また、4文字の言葉を避け、3文字か5文字に調整するのがマナーです。せっかくのお祝いなのですから、相手を不快にさせないようにマナーを守りましょう。

お祝い金はケチらず常識的な金額を包むと安心

お祝いのお金を贈るときには、縁起を担ぐのが普通です。そのため、「死」や「苦」を連想する4万円や9万円といった金額は避けましょう。結婚式のご祝儀の相場は、友人の場合3万円といわれていますが、最近はペアの意味をこめて2万円にする方も増えています。

ただし、お祝いのお金をケチると、後々よいことはありません。誰に何をいわれてもかまわないという人ならともかく、人間関係を壊したくないのであれば、常識的な額を包んでおくべきです。

もし急ぎでお祝い金が必要になったらクレジットカードの現金化もアリ

御祝儀にお金がかかるもし、お祝いごとが急に決まって手持ちが心もとない場合、緊急避難としてクレジットカードの現金化がおすすめです。これは、クレジットカードのショッピング枠で購入した品物を換金して、現金を作る方法です。

最近では、ネットで利用できる専門の現金化業者が増えています。簡単な本人確認だけで審査もなく、短時間でお金を振込んでくれるので、時間がない状況ではとても便利です。また、休日でも振込んでくれる業者が多いので、休日振込み可能な口座をもっているなら、そういった業者を利用しましょう。

お祝いにお金を包む際は、相手を不快にさせないために、マナーをしっかり守り、ケチらず常識的な金額を包むようにしましょう。もし急なことでお金に余裕がなければ、緊急避難として、平日休日を問わず短時間で振込みしてくれるクレジット現金化業者を利用すると便利です。

クレカ現金化の時事トピックス

PageTop

PageTop

Copyrights (c) 2014 ~〔最新2017.12月冬版〕マネフレ All rights reserved.