クレジットスコアの評価価値に影響を与えるもの3選

目次(クリックして表示)

クレジットスコアの評価価値に影響を与えるもの3選

日本での信用情報を表す「クレジットヒストリー」に対し、アメリカでは『クレジットスコア』が重要な指標として使われています。この『クレジットスコア』は、時に就職試験の面接や、入居や転居等による審査にも大きく影響を与えているのです。つまりは、金融関係の枠を超え、人としての価値をも左右しているのです。

日常の生活の中におけるクレジットスコアの評価

クレジットスコアの評価価値はすごい影響力がありますクレジットスコアってご存知ですか?クレジットスコアについて、認識のある人は一体どの程度いるでしょうか?正直日本ではそこまで馴染みのある言葉ではありません。何故ならクレジットスコアは、主にアメリカで浸透している言葉だからです。

クレジットスコアとは、日本語で表す意味としては「信用偏差値」と言い換える事が出来ます。こう表現するとおおよその見当がつく事でしょうが、要するに信用情報についての評価であるといえるでしょう。

日本ではクレジットカードを作る時、各種ローンを組む時、キャッシングを行う時等に審査を受ける必要があります。各金融機関が定めた信用情報機関に基づき、過去に不備等がないかどうか、仕事・年齢・家族構成等とともに一定の判断をします。しかし、アメリカではこのクレジットスコアによる評価が、時としてこのような金融機関によるもの以外に、日常の生活の中における部分にまで影響を及ぼしているのです。

①クレジットスコアをアップさせて信用度を上げる

日本では単純に金融面において滞りがないかどうかによって、信用情報に影響を与えます。お金がきちんと返済されているかどうか?、遅延を起こしていないか?等、不備がなければ基本的に信用情報は問題ないとだけ判断します。しかしアメリカでは、このように悪い面だけを見るのではなく、信用度が高ければクレジットスコアをアップさせるというように、優れている場合にも評価として表します。

ではどのようにするとクレジットスコアはアップするのでしょうか?
まずはクレジットカードの所有と、その優良な使い方が影響しているといわれています。アメリカ社会ではクレジットカードを持たない事自体、価値が低いと判断されます。日本では少し不思議に思えますが、アメリカでは現金だけでは信用面が低くなるのです。ですからクレジットカードを複数枚(2~3枚程度)使用し、尚且つ、きちんとした使い方(支払いも含め)が出来るかどうかが「スキルの高さ」として判断されスコアをアップさせるのです。

②日頃のマネー管理術が問われるクレジットスコア

複数のクレジットカードを上手に使いこなすことでクレジットスコアがあがりますクレジットカードの借入率に対する、実際に借りた金額が影響を与えます。要するに「沢山借りる事が出来て信用度が高い上に、実際には少ない借入額でうまく管理している」、というマネー管理術が問われるのです。

全く借りていない状態は、逆に管理能力が判断できないとされ、クレジットスコアのアップにはつながりません。

またこの理念からすると、複数のカードをバランスよく使用する事も必要とされています。1つのカードばかり多く借入れ、他のカードはあまり借入れていないとなると、多く借入れているカードに対するマネー管理術の評価が下がる為、クレジットスコアに評価としては上がらないのです。

③日本におけるクレジットスコアの行く末について

日本ではまだクレジットスコアほどの信用情報への影響は少ないですが、マイナンバー制度が導入されるようになり、これが徐々に浸透していく事で信用情報に大きな変化をもたらす事も考えられます。今後はアメリカのような、厳しい管理能力が問われるかもしれません。

クレカ現金化の時事トピックス

PageTop

PageTop

Copyrights (c) 2014 ~〔最新2017.12月冬版〕マネフレ All rights reserved.